偶然 その②



 「さぁマリア、出番だよ!!」
 「そうね、クライシス。やりましょうか」


 一方のマリアはユウキの後につき、剣を構える。
 その周囲を数えきれないほどの数の翼の少女が囲う。すぐには攻撃を仕掛けて来ず、少し離れたところから遠巻きに見ている。どうやらチャンスを伺っているらしいが、今日のマリアは一味違った。
 自分を取り巻く少女達にちらりと視線を向けた後、おもむろに目を閉じる。
 すると、瞼の裏にフレイヤの姿が映る。
 彼女は、自分を救うために死んだ。
 その事実が背中に重くのしかかっていた。自分のためにも、彼女のためにも、そして世界のためにも
 自分は世界を救わなければならないのだろう。
 戦わなければならないのだろう


 「フレイヤさん、もう私は迷いませんよ」


 小さくそう呟き、カッと目を見開く。
 雰囲気が一転した。
 それを敏感に感じ取り、翼の少女たちは動いた。
 マリアはそれを感じ取り、能力を発動した。


 「止まれ」


 その一言が唇からこぼれた瞬間
 時間が止まった。


 おかしな格好をしたまま、翼の少女達の動きが止まる。
 まるで世界が無人になったかのように、静かになる。マリアは少女たちの間をすり抜けながら、剣を振り切り裂いたり、魔力の腕を伸ばして次から次へと魔力を吸収して、次々と殺していく。
 時間が止まっているせいで、攻撃を食らった少女たちは腹の傷から内臓を噴出したままだったり、魔力を吸収された奴は特に異変はない。だが、すでにその命は失われてしまっている。
 マリアはまだ、せいぜい十五秒程度しか止めることができない。

 しかし、それだけの時間があれば相当の数の敵を倒すことができる。高速で移動し、次から次へと少女達の命を屠っていく。
 偶然にも一人の少女の吹き出した血液が、マリアの顔にパシャッとかかる。
 するとひきつっていた彼女の顔がより一層悲惨なことになる。
 その姿はこの間まで死に関して苦悩していた少女の姿とは違う。
 しかし、ただの人殺しではなく。決心をした顔だった。


 「ああああああああああああ!!!!」


 マリアは最初こそ無言だったが、途中から絶叫していた。
 と言っても十五秒は短い。
 何十人もの少女を殺し、マリアは少女達の一群を抜けたところに出る。そして血まみれになった剣を軽く一振りする。


 「動け」


 その一言と同時に時間が再び刻み始める。
 すると、マリアの背後に固まっていた魔法少女たちが一気に粒子化し、消えていく。はたから見ると、一瞬の間に大量の数の少女がいきなり死を迎えたように見える。だがそうではない。
 自分の手にしっかりとした感触が残っている。
 殺したという事実が背中にのしかかる。