第四戦 その①




 「ユウキ!! そっちに敵が行った!!」
 「分かってる!!」
 「せっかく教えたのにその言いようは何!?」
 「戦ってる最中にうるせぇよ!!」 
 「それはそうだけど――ッ!!」


 マリアはそう言いながら、サッと手を振るうと近くにいる敵の魔力をまとめて吸収する。
 ユウキは自分の方に向かってきた敵に掌を向けると、サイコキネシスを放って吹き飛ばす。本当はテレキネシスで吹き飛ばしたかったのだが、残念ながらそんな余裕はなかった。飛ばされた少女は数m離れた地面に叩きつけられ、無様な姿を見せる。
 デルタは少し離れたところでレーザーを放ち、敵を倒していたが、二人が喧嘩している姿を見るや否や、すぐそばに飛んで来て呆れた声で話しかけてきた。


 「馬鹿してないノ」
 「「だってこいつが!!」」
 「声をぴったり合わせて何を言ってるんだカ」


 そんなことを言いあいながらも、三人は順調に敵を殲滅していく。
 余裕、という訳ではないが、もうすっかり慣れたものだった。てっきり集中力が切れると思っていたがそんなことはなかった。逆に余計なことを考えずに済む分、無言で戦うよりも楽な面はあった。
 三人は背中合わせになりながら、向かって来る翼の少女たちを追い払う。
 また、マリアは隣にいるクライシスが話しかけてくるので、余計に慌ただしい。


 「マリア!! 上から来てる!!」
 「――ッ!!」


 急いで顔を上げる。
 すると確かに一人の少女が突っ込んできている姿が目に飛び込んできた。
 マリアは彼女に向かって左手を向けると、光弾を顕現し、それを放つ。かわしようのないそれは見事命中し、大爆発を起こす。バチャンッという嫌な音と共に少女の体が吹き飛び、粒子の雨となって降り注ぐ。
 そんな中、次の敵の視線を移しつつも、マリアはクライシスの礼を言う。


 「ありがとね」
 「気にしなくていいさ、君が死ねば僕も死ぬからね」
 「そんな言いかた……好きじゃない!!」


 そう言いながら、また別の敵を切り裂く。
 二人は仲良くやることができていた。