第四戦 その②


 これではいけない。
 ルナの能力は物体に命中して、人間に命中してこそ初めて真価が発揮される。そうでなければ話にならない。それ以上に、ルナにはまだマリアの能力の全貌が明らかになっていなかった。
 突然銃弾が消失する。
 こんなの久しぶりだった。


 「――ッ!! コイツまさか!! あの絶望少女と同じか!?」
 『ルナ!! 大丈夫!?』
 「サン!! あいつの能力、見当がつかないか?」
 『ごめん……わかんない』
 「しょうがない!! 一気に決めるぞ!!」
 『分かった!!』
 「行くぜ!!」


 ルナはそういうと、一気に加速すると高度を落として地面に下りる。それを見てマリアも後を追うかどうか一瞬悩むが、結局空中に留まることにした。どんな攻撃を仕掛けられるか分からない。
 だったら自由自在に移動できる空中の方が有利だと判断したのだ。
 ルナは自分を見下すマリアの姿を見て、チッと舌打ちをする。てっきり追って来ると思っていたのだが、当てが外れた。


 「来ないなら来ないで、やりようはある!!」


 そう言って銃口を地面に向ける。
 そして、連続で指を動かすと銃弾を大量に吐き出す。その全ては地面にめり込んでいき、そのまま姿を消していく。マリアはルナの能力を知らないので、その行為が無駄にしか思えない。
 だが、クライシスは見ていた。


 「マリア」
 「何?」
 「あの銃弾たち、地面に消えて行っているけど」
 「………そんなこと……」
 「あり得るさ」
 「じゃあ、やばくない?」


 マリアは理解した。
 これでは銃弾がどこから来るか分からない。
 さすがに眼下に広がる広い地面、その全てを警戒することは難しい。マリアはどうするべきか悩む、だが、時間はあまり長くない。すぐにでも決断しなくてはならない。クライシスがアドバイスしようとしたその時
 マリアは決心した。
 頭を地面に向けると急降下していった。


 「なっ!!」
 「下手に止まっているより、先に仕掛ける!!」


 ルナはその姿を見て少し感心する。
 確かに間違った判断ではない。
 だが、少し遅い。


 「死ねぇ!!」


 ボッという軽い音と共に大量の銃弾が地面から飛び上がって来た。まるでマリアを囲むように、数十発もの銃弾が襲い掛かる。さすがに魔力の腕を限界まで伸ばしてもすべてを消し去ることはできない。
 マリアはチラッと地面を見る。
 いきなりでうまくできるか分からないが、やってみる価値はありそうだった。
 脳内で急いで座標を設定する。
 そして銃弾がギリギリのところまで来たとき、瞬間移動の能力を発動した。
 パッとマリアの姿が消え、さっきまでいた場所で銃弾同士がぶつかり合い、はじけ飛ぶ。