「魔力の過剰摂取、か」



 達也は衛星から送られてくるマリアの戦闘風景を眺めながら、小さな声で呟いた。
 もっと早くに観測できるものだと思っていたのだが、思ったより遅かった。翼の少女の魔力は通常の魔法少女の物より圧倒的に少ない。そのため、何十人と吸収したところですぐに消費してしまう。
 だが、魔法少女は違う。
 ほとんど自分と同じ分の魔力を一気にコアに詰め込むのだ。
 多少消費が追い付かなくなるのも仕方のないことだ。


 「……やはり、アリスがあんな肉体になったわけはこれだったか」


 予想はできていたが確証は得られなかった。マリアの動向を監視していたおかげで無事確信を持つことができた。これでどうしてアリスの肉体が魔力の肉体を習得したのか分かった。
 それがどのような変化をもたらすのか非常に気になるところだったが、これ以上は分からない。
 デルタを通じてマリアのバイタルも監視していたのだが、残念ながら戦闘中につきその機能は切っているらしい。データは送られていなかった。


 「…………」


 まだまだ
 謎は多い