間隙


 マリアは部屋でうつむいていた。
 ユウキはまたかよ、と言いたいのを堪えて様子を見る。どうやらかなり深刻なダメージを受けているらしい。一応テレパシーでマリアがどんなことをして、どんな会話をしていたかは把握している。
 たぶん、サンとルナを殺したことよりも時に言われた一言が堪えているらしい。
 さすがにユウキも酷いことを言ったものだなと思う。自分も同じことを言われたらこうなるだろう
 どんな言葉をかければいいのだろうか
 少し
 というかだいぶ悩むユウキ
 どうすればいいのか
 どんな言葉を投げかければマリアは元気を取り戻すのだろうか
 難しい問題だった。


 マリアはベッドの上でふさぎ込んでいる。


 「あー、マリア?」
 「……ユウキ、何?」
 「元気?」
 「元気に見えるの? 馬鹿?」
 「うざ」
 「うるさい」


 いつもなら激しい口論になるところなのだが、マリアの元気がないせいでそこまで発展しなかった。暗い顔をして、ボーッと自分の掌を眺め続けている。なんだか見ていられなかった。
 いつも通りになってくれないとこっちの調子が狂う。
 頭を掻きかき考える。
 結果
 直感で答えることにした。


 「あのさ、結構きついこと言われたのは分かるぜ」
 「……」
 「でもさ、うん、そこまで気を病むことはないと思うぞ」
 「…………なんでさ」
 「朱鷺さんはさ、あんな性格だから、ちょっときついこと言ってるけどさ、俺はお前は頑張ってると思うぞ」
 「……ありがとう」
 「元気出してくれよな、お前がそんなんだとこっちもどうすればいいのか分かんないんだよ」
 「え?」
 「だからさ、ほら、な」
 「…………フフフ」
 「へ?」


 マリアの笑い声が聞こえてくる。
 達也は目を点にすると、ベッドの上を覗き込む。
 すると、ほんの少しだけ元気になったマリアがクスクスと笑っている姿が目に飛び込んできた。どうやらユウキの言葉が面白おかしかったらしい。さっきまでの様子が嘘のように笑っているのを見てユウキは何となく満足感を覚える。
 何となくもやもやした気持ちは収まっていないものの、少し元気が出た。
 マリアはベッドから降りると、ユウキの前に立つと笑った顔でこう答えた。


 「ありがと、励ましてくれて」
 「ん、まぁ、気にすんな」
 「へへへ」