詩音とアリヤ その①



 「見つけたぞ」
 「…………」


 詩音はそう呟くと同時に変身する。
 透き通る空の色をした魔力がドッと噴き出すと、詩音の体を球状に包み込んでいく。その内部で魔力が織りなして、麗装を形作っていく。身に着けていたものはすべて消えていき、その手に固有武装のハンマーが握りこまれる。
 一秒も経たずに変身が終わると魔力が吹き飛ぶ。
 アリヤは彼女の姿を見ても、何も変化はなかった。もともと顔のほとんどは仮面に隠れているので表情など一切分からないのだが。
 詩音は未練を吹き払うように腕をフッと振るうと、調子を確かめる。
 絶好調だ。
 一方のアリヤは悩んでいた。自分が死ぬと大変なことが起きるのでなるべく引きこもっているようにと言い含められている。そのため、戦うつもりはこれっぽちも無かったのだが、今は状況が悪すぎる。
 周囲に味方がいないのだ。
 ここで翼の少女たちと集合するはずだったのだが、彼女たちはつい先日マリア達の手によって殲滅された。一応その情報は入って来ていたのだが、他に何も言われなかったのでとりあえずここまで来たのだ。
 一人でここまで来た理由は、監視が厳しくなっているので群れて目立つのを避けたかったのだ。
 それは判断ミスだったらしい。
 こうなっては仕方がない。
 詩音が相手では簡単に逃げきれない。一度見つかった限りは、世界の果てまで追いかけてくるだろう。
 となると、ここで何とかするしかない。


 「…………」


 両手に一本ずつ刀を顕現する。
 二人はお互い武器を持ち、睨みあう。
 だが、詩音はすぐに表情を崩すと、唇を思いっきり歪ませ笑った。


 「ククククク、やる気満々だな」
 「…………」
 「容赦はしないからな」
 「…………」
 「行くぜッ!!」


 そう叫んで詩音は飛び出す。
 二人の間の距離は一〇〇mもない。
 地面を蹴って思いっきり前に進み、ハンマーを握っている右腕を思いっきり振るうと、狙いをつけて思いっきり投げつける。寸分の狂いもなくそれは宙を切って飛んで行く。この攻撃はアリヤの予想外だった。
 てっきりそのまま突っ込んで来ると思っていたので、咄嗟に動くと両腕の刀をクロスさせるとそれを受ける。
 ガインッと鈍い音がして衝撃が腕に伝わってくる。



 ハンマーの質量はそこそこあるので、アリヤはそれに押されてバランスを崩してしまう。
 一方の詩音はその隙に地面を蹴って飛び上がると両手から氷の剣を生やし、アリヤに向かって行く。姿勢を崩してはいるものの、あの程度ではすぐに立ち直ってしまうだろう。今のうちにできる限り距離を稼いでおかなければならない。


 「……クッ!!」