詩音とアリヤ その②



 アリヤが少し動揺している。
 そうでなければあんな簡単に回し蹴りを食らうはずがない。
 額の傷とその痛みがあっという間に消える。傷を癒している間にも詩音は一歩前に出て、もう一度攻撃を仕掛ける。額を汗が流れていく、仮面の下で表情一つ変えていなかったアリヤも少し苦しそうにしていた。


 「うらぁ!!」
 「――ッ!!」


 アリヤは再び衝撃波を発生させ、詩音のことを吹き飛ばす。何とか距離を取り、一度休みを入れたかったのだ。
 しかし、そう簡単にいくわけがない。
 詩音は背中から重力干渉波を発生させ、あまり吹き飛ばされないように耐えた。と言っても衝撃波の方が強い、踏ん張った両足が地面に跡を残し、ズズズズズズと音をたてて二mほど後ろまで下がってしまう。
 衝撃波が終わったことを察した詩音は右腕の氷柱をいったん落とすと、その手にハンマーを顕現した。
 そして隙を与えぬように一瞬の間に距離を詰めると、腕を振るってハンマーをアリヤの右腕に叩きつける。
 すると、ゴキンッという嫌な音がして骨が折れた。
 アリヤは顔を歪めるも、その程度で怯むことはなかった。


 「……――ッ!!」
 「クッ!!」


 割と無計画に放った攻撃だったためか、あっさりその隙を突かれる。
 アリヤは左腕の刀を振るうと詩音の脇腹に突き刺した。ズブリという嫌な感覚と共に、鋭い痛みが全身をつらぬく。
 さすがの詩音もそれには堪えきることができず、顔を歪ませると後ろに飛び、刀を抜き去り距離を取った。


 「痛ぇな……」
 「…………」


 傷が癒えていく。
 先に傷が癒えたのはアリヤの方だった。
 すぐさま攻勢に転じることにすると積極的に距離を詰めてきた。
 詩音は両腕をだらりと下げ、右わき腹から大量の血液を垂れ流したまま暗い声でこう呟いた。


 「私が悪い、だけどよぉ……アリヤ!!」
 「…………!!」


 まるでアリヤが来るのを待っていたかのように、詩音が動いた。
 ハンマーを投げ捨て、身軽になると姿勢を低くして走りこみ、懐へともぐりこんだ。
 目の前に激怒の顔をした詩音の姿が飛び込んでくる。それに目を奪われ、反応が遅れるアリヤ
 詩音は右手をギュッと握りしめると拳を固めると、叫んだ。


 「せめて仮面ぐらい外して、ちゃんと私のことを見ろぉ!!!!」
 「…………アグッ!!!」