戦場 その②



 マリアは焦った声を出すとユウキに尋ねる。


 「ねぇ……大丈夫なの?」
 「あー厳しい」
 「世界最強じゃないの!?」
 「いや……ここまで来るとは思っていなかったし、エネルギーも切れかけだから……やばいな」
 「逃げよう!!」
 「……時間がないな……」
 「なんで?」
 「テレポートは時間がかかるんだよ、座標設定とか」
 「何よ!! 使えない!!」
 「あー!? 喧嘩売ってんのかてめぇ!!」
 「そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!! 敵がそこにいるんだよ!!」
 「お、そうだったな」


 ユウキは改めて前を見ると押し寄せる敵と相対する。
 どうやらマリアは役に立たないようだ、となると一人で戦わないといけないのだがそれは本当に厳しい。少し考え込んだ後、ユウキは援軍を呼ぶことにする。
 そう言えば味方がこの近くにいるはずだった。
 テレパシー能力を利用すると、ユウキは仲間と交信を取ることにした。




 ここから少し離れたところ
 そこに一人の少女が佇んでいた。
 彼女は光を反射する美しい銀髪に、真っ赤な目をしていた。ライダーが着るような銀色の戦闘服を身に着けていた。両袖は肩まで捲り上げており、病的に白い肌が覗いていた。だが、服越しに見える体の線はどちらかと言えば太く見えた。
 ジッと前を見続ける。端正な顔つきこそしていたが、表情筋をピクリとも動かさず無機質的な顔をしていた。まるで機械のようにじっと前を見続ける。
 だがテレパシーを感知すると、彼女は耳元に手を当てて全く感情の感じない棒読みで答えた。


 『おいデルタ、そっちはどうだ?』
 「こっちは終わったヨ。何か用かナ?」
 『援軍に来てくれないか? ちょっと面倒なことになったんだ』
 「構わないヨ、ちょっと待っててくれル?」
 『いいが、なるべく早く来てくれよ』
 「了解、任せナ」
 『じゃ、頼んだぜ』


 ここで交信が途切れる。
 だがデルタはそのまま耳に手を当てたままユウキの位置を探る。それ終わるまで一分もかからなかった。ここから数百m離れたところにいるらしい。もしかするとさっきが逃がしてしまった敵がそっちに行ってしまったのだろうか?
 ならば自分の責任でもある。


 「…………」


 デルタはユウキのいる方向を見ると地面を蹴りまっすぐ進んでいく。しかし、目の前には民家が邪魔をしている。だがそんなことを気にせずに走り出す。
 ダンッ!! ダンッ!! という音がしてアスファルトに足跡がいくつも刻まれていく。一歩前に進むごとに速度がどんどん上がっていく、やがて人間では出せないような速度に達すると、デルタは飛び上がった。
 すると驚異的な跳躍力を見せると、民家の屋根に飛び乗った。
 さらにそこから飛び上がると、隣の家の屋根に飛ぶ。


 「…………」


 この調子だと五分も経たずに到着できそうだった。