達也 その①


 アリスは幾多の罠を乗り越え、見事魔力のシールドが張られている場所の目の前にまで来ることに成功した。その背後の森は大火事だった。樹齢何十年という長寿の樹木が炎上し、まだ若々しい葉が灰と化していく。
 破壊したドローンその他の破片がいくつも転がっていて、今でも誰かがそこで戦闘を行っているかのようだった。


 しかし、さっきまで激しい戦闘を繰り広げていた彼女は、今は一転、じっと目の前のシールドを見つめていた。
 最初の予定では、この近くにある木の影から裏側の世界に入ってこのシールドをすり抜けようかと思っていた。しかし、シールドの近くには一本も木が生えておらず、少し戦いに熱中しすぎたせいか、森は焼けていてまともな影などない。
 これでは裏の世界に入れない。
 ということは別の方法で突破するしかない。

 アリスは腕を上げると指と指を合わせてパチンッと鳴らそうとする。
 しかし、それと同時にドンッという軽い音がすると、空間を削除するために放射していた魔力が何かしらの干渉受けてはじけ飛んだ。一瞬何が起きたのか理解できなかった彼女だが、すぐに分かった。
 シールドが魔力を発して、空間削除用の魔力を相殺したのだ。


 『面倒面倒面倒面倒面倒面倒面倒』


 おそらく迂回すればまだ影はいくらでもあるのだろうが、そこまで行く気にはなれない。
 代わりにアリスはまた別の手段をとることにした。手にしていた武装を解除し、だらりと両腕を下げると手のひらに魔力を集中させる。すると、限りなく黒に近い紫色の光がぼんやりと放たれる。
 直後


 アリスはシールドに突っ込むと、両手を思いっきり押し付ける。
 するとバチバチバチッと激しい火花を飛ばし、魔力が大量に放たれる。お互いに魔力を相殺しようとしているのだ。正面からのぶつかり合い。そうなると、無限に魔力の生成できるアリスに軍配が上がるのは当然のことだった。
 ゆっくりとシールドに指がめり込んでいく。そのまま掌を突っ込み、まるで門を開くときのように両腕を広げていく。
 するとシールドに亀裂が入って、ゆっくりと小さな穴が開いていく。
 結局、シールドが突破されるまで五分とかからなかった。
 アリスは自分一人すり抜けられる程度の穴を開けると、高速でそこをすり抜けてシールドの内部へと滑り込んでいく。それを止める術はないのかあっさりと内側に入り込むことができた。


 するとまたまた地面からいくつものポットか飛び出してきて、一斉にレーダーを放ってくる。
 だが、シールドの外と比べてその数は非常に少なかった。それはそうである。シールドは突破されないことを前提に存在する。そのため、内部の兵装は極端に少ないのだ。それにさっきの攻撃で無人兵器もほとんど消費してしまった。
 この程度なら簡単に突破できる。
 アリスはサッと手を振ると、もう一度剣を顕現する。
 そして真っ直ぐ研究所の方へ向かって行きながら、再び戦火を広げに行った。