達也 その②


 ビーッ!! ビーッ!! ビーッ!! という耳をつんざくような警告音が達也の思考を急速に現実へと引き戻した。それだけではない、目の前にモニターに研究所内部のカメラからの映像が届く。そこには内部へ侵入した原初の魔法少女の姿が映っていた。
 もうそろそろ時間らしい。
 達也は最後の最後までどうにも好きになれなかった酒の入ったコップをテーブルに置くと、一度席を立ち、隅っこにある机の上にあるポットを手に取った。そして流れるように動き、その隣にあるカップに中身を注いだ。
 コーヒーのいい香りが辺りに振りまかれる。
 なんだか久しぶりに飲むような気がするが、それは嘘だ。毎日のように飲んでいる。それなのに、どういう訳か今日はこの味わいが非常に懐かしく感じられた。なぜだろうか、たぶん緊張しているからかもしれない。
 こんな感覚は本当に久しぶりだった。

 別に死ぬことは怖くない。
 それ以上に怖いことがこの世にあるからだ。
 それは、

 もう一度席に座りなおし、じっと前を見る。
 そして、思い出す。
 アリスと初めて会った日のことを

 この研究所にやって来た一人の少女のことを
 そして
 彼女に話しかけたその瞬間を


 「懐かしいと思わないか? アリス」


 達也がそう呟く。
 それと同時に目の前の白い扉が轟音と共に弾け飛んだ。そのせいでいくつかの破片は達也の頬を掠め飛んで行き、背後にある窓に当たって、大きなひびが入る。他にもパソコンに命中したり、高価な機器を破壊していく。
 一瞬、もったいないなともったが、もうそれらは必要ない。
 自分にとって無用の長物だ。
 冷汗一つ垂らすことなく、達也は手にしていたカップを口元に運ぶともう一度こう言った。


 「久しぶりだな…………って俺のことが理解できていないんだっけな」
 『ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!! 誰ぇッ!? 何で人間がこんなところにいるの!? まぁいっか!!! 殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す!!!!!!! ハハハハハハハハハハハハ!!! ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!』


 今、アリスの目には達也の姿は映っていない。
 ただ、うすぼんやりと右腕の辺りに魔力の反応が確認できる程度である。あとは人間の形をする生命エネルギーの薄い影
 しかしながら一つの事だけは、はっきりと分かっていた。
 目の前にいるのは殺せる人間であるとだけは