原初の魔法少女


 「…………」
 爆心地
 その言葉がこれほどしっくりくる言葉は、今ここ以外に存在しないだろう。研究所を中心として、半径数kmが爆発に巻き込まれ、何もかもなくなった。シールドを生成していた基地も消えしまった。
 正確に言うと、魔力を局地的に集中させ、分子レベルで崩壊させたので、自爆というには語弊があるがそれ以外に何といえばいいのか分からない。
 やけにつまらない光景だった、
 その中心
 そこに一人の少女が立っていた。
 彼女はボーッと何も無くなった地面をジッと見つめていた。


 黒いローブのような麗装を身にまとい、黒い髪を風になびかせていた。その周囲には人一人っ子おらず、それがより一層彼女の姿を惨めに見せていた。さっきまで強力な魔力が渦巻いていた場所とは思えないほど、寂しかった。
 彼女はふと顔を上げると、空を見る。
 その姿はそこにいる誰かを悼むかのようだった
 だが、その真意は誰にもわからない。
 風が吹く
 それを止める物はどこにもない。
 ただ、少女の体だけがそれを一身に受けていた。


 こうして佇むこと数分
 そこに一人の少女がやって来た。
 彼女はやけに露出の多い麗装を身にまとい、そして耳にはピアスを開け、髪の毛は美しい金髪に染め上げられていた。しかし、頭の頂点はほんの少し黒ずんでおり、いい加減染め直さなくてはいけない時期が迫っていることを示していた。
 また、その手には黒く長い無骨な槍のような武器がしっかりと握られていた。
 彼女は原初側の魔法少女の一人、御雷だった。
 あらかじめ、一定時間連絡のない時は彼女が研究所まで来てアリスの様子を確認するよう言われていたのだ。まだ予定の時間は来ていないが、研究所の自爆を見て心配になり、いでやって来たのだ。
 すると案の定、爆心地に何やら怪しい人物がいた。
 御雷はその少女の背後に降り立つと、手にしている槍の切っ先を向けてこう叫んだ。


 「お前!! 何者だっ!!」
 「…………」
 「答えろ!!」
 「……………私?」
 「そうだ!! 早くしろ!! さもなくば殺す!!」
 「…………私は………」


 黒いローブを纏った少女は、そう言いながらゆっくりと首を回し、やってきた少女の方を
 振り返る。

 すると
 そこには

 涙を流し、何も感じていないような目でこちらを見るひとりの少女の姿が目に飛び込んできた。手にしっかりと剣を握っているが、それを振るう気はないよう。その姿はまるで、世界中の業をその小さな背中に背負わされているかのようだった。
 彼女は御雷の顔をまるで路傍の石でも見るかのような目で見る。
 何となく
 御雷はその身から発せられる膨大な魔力と、悪鬼のごとき迫力に気圧された。
 黒い麗装をまとった少女は、そのまま暗い瞳で御雷のことを見ながら、ゆっくりと、ゆっくりと呟いた。