研究所 その①



 勝利の余韻に浸るデルタ、その姿はまるで機械仕掛けの天使のよう。


 「終わったヨ」
 「相変わらず仕事が早いな」
 「そもそも私は一対多数の戦闘が得意だからネ」
 「そうだな、じゃあ帰るか」
 「そうだネ。歩いていク?」
 「いいや、こいつがある」


 そう言ってユウキは敵の落としたコアを拾い上げる。
 するとそれは淡い光を放ち、やがて消えていく。


 「これで良し」
 「何がいいの?」
 「うん? エネルギーが回復したのさ。これで全力出せる」
 「何を言ってるの?」
 「……めんどくさいから、詳しい説明はあとでいいか?」
 「べ、別にいいけど」
 「じゃあ、帰るか」


 そう言ってユウキは右手を差し伸べる、それをどうすればいいのか分からず小首をかしげる。数秒間、二人とも何もせずに時間が過ぎていく。デルタはこの空気を放っておいてどこかに行く気になれず立ち尽くす。
 ユウキはようやくマリアが困っていることに気が付くといった。


 「手を取れ」
 「あ、そういう意味」
 「早くしろや、このトンマ」
 「トンマじゃない!!」
 「じゃあ早くつかめ」
 「――ッ!! うざー」
 「何でもいいから早く!!」
 「……ふんっ」


 不満げにそう言いつつも、手と手を握る。
 男らしい硬い感触が伝わってくる。お互い限界まで力を込めると、潰す気で握り合う。額に青筋を浮かべながら、嫌な笑顔を浮かべにらみ合う。完全に相手のことを敵と認識している。
 あからさまに仲が悪そうだった。
 デルタは表情を一切変えず、呆れ声を出す。


 「二人とモ、急がないと敵がまた来るヨ」
 「ちょっと待って、こいつの手を潰してから」
 「ハハハハハ、やれるものならやってみなさいよ」
 「……バカ」
 「「誰が馬鹿だって!?」」
 「二人とモ」
 「「…………」」


 反論できなかった。
 同時にパッと手を放すと、数歩後ろに下がって距離を取る。
 いろいろと終わったことを察したデルタは「じゃア、先に行ってるネ」と言っておもむろに走り出した。数十m行ったところで地面を蹴って飛び上がり、そのまま建物の影へと消えていく。
 その背中を見送った後、ユウキは言った。


 「じゃあ、飛ぶぞ」
 「え?」
 「ご待望のテレポーテ―ションだ」
 「ちょっ……ま」
 「待たん!!」


 無情な宣言が下された。
 その瞬間、二人の姿はその場から消えた。