襲撃前



 かれこれ十五分は飛んだだろうか
 マリア達三人はトンネルの終わりにたどり着いた。途中から緩やかに上る坂になっていたトンネルは、山の中の小さな駅にたどり着いた。そこはもうすでに使われていない古びた場所で、達也が買い取ったのだ。
 そこで降り、ボロボロになった改札を通ると、そのまま緑溢れる森へと向かって行く。
 と言っても、全て雑草や茂る葉に包まれているわけではない。
 ほんの少しだけ舗装されている地面がチラリと見えた。


 その上を進んで行くと、やがてミステリーサークルのようにぽっかりと何もない場所にたどり着く。
 その中心にはマンホールの蓋のようにも見える物があった。どうやらこれが出入り口らしい。
 朱鷺はそこの前で腰を下ろし、あらかじめ持ち運んで来ていたカードキーを取り出す。そして、それを通すと空中にキーボード状の映像がポンッと浮かんでくる。それを見て、ピタリと固まってしまう。


 どうすればいいのか分からない。
 パスワードは把握しているが、どうやって押せばいいか分からない。
 無言で、無表情で困る朱鷺
 ユウキは朱鷺が機械に弱いことを知っているので、「代わりにやりますよ」というとキーボードの前に跪く。
 後ろに下がった朱鷺を見て、マリアは小さく呟く。


 「何やってんすか」
 「うるさい、これだから機械は嫌いだ」


 何もしてないじゃないか、とはあ言えないマリアだった。
 パスワードを入力し、音声認識と網膜認証で機械の扉を開くと、蓋のような物がゆっくりとせり上がっていく。数分後も経つころには人一人分するりと入れるようになる。それは祠か何かによく似ていた。
 その中へ、ユウキ、朱鷺、マリアの順に飛び込んでいく。
 と言っても、中に梯子やエレベーターと言った気の利いたものがあるわけではない。ただの縦穴なので、すぐに飛び込んでは奥の方で詰まってしまい、玉突き事故が起きることとなる。なので、一人一人順番に。

 マリアが縦穴の奥に到着し、すぐ目に飛び込んできたのは非常に狭い真っ直ぐの通路だった。
 どことなく研究所の廊下を彷彿とさせるその光景は、何となくマリアのささくれだった心を落ち着かせた。
 その奥へ、奥へと進んで行くとやがて自動扉にぶち当たる。
 それは戦闘の時が近づくと開き、自分たちを招き入れる。