朱鷺 その③




 そんなことをしている間に、周りの魔法少女たちは苦戦を強いられていた。
 宮崎を除く四人の魔法少女は、それぞれ自らの武器を振るって式神と戦っていた。
 まるでスケバンのような麗装を身にまとい、長い金髪を長く伸ばしたままにしている魔法少女は、長い一本の鎖を持ち、それを振るっていた。彼女はシノブという名前で、副リーダー的な立ち位置だった。


 「喰らえ!!」


 彼女は、鞭を扱うかのようにその鎖を七節棍を構える式神に向かって飛ばす。
 それは見事に命中し、頭部を吹き飛ばす。

 普通の人間だったらこれで死んでいる。
 だが、式神の紙人形は違った。
 頭を形作っていた式神が周囲に吹き飛ぶだけで、動きを止めることなくシノブに向かって来る。それだけならよかったが、さらに絶望的な事実が彼女に降りかかる。それは何かというと、紙人形が再生するのだ。


 「クソッ!! クソッ!!」


 何度も何度も腕を振り、鎖を叩きつける。
 その度その度に紙人形の体を吹き飛ばすことはできるのだが、数秒後には元通りになっている。
 なぜ? と一瞬疑問に思うが答えは単純だ。
 紙人形は式神が使用不能になるほどの傷を与えない限り、動きを止めることはない。それなのに、朱鷺は常に式神を放って紙人形に供給し続けているのだ。
 不死身の怪物
 シノブの目の前にいるのはそう表現しても過言ではないような奴だった。


 「くそ野郎がぁっ!!」


 悔し気にそう叫び、シノブは攻め手を変えることにした。
 三mは有ろうかという鎖の半分ほどを掌に巻き付ける。そして次に、腕を全力で振るう。すると長く伸びたそれは真っ直になり、そのまま不自然に固まる自身の能力で磁力を操作し、鎖を固めのだ。
 短剣のようになったそれを構え、向かって来る紙人形にその切っ先を向ける。
 遠くからの攻撃が通用しないなら、接近して叩きのめすまで
 そう判断したのだ。