決戦直前



 柳葉町の一角へ向かう影が二つ
 マリアとユウキだ
 アリスの居場所を把握した後、二人はテレポート能力を利用して飛んだのだ。と言っても直接彼女の前に行ったのではなく、だいぶ離れた位置に降り立った。いきなり戦闘になるよりも、準備を整えられる方がいいと思ったのだ。
 その準備とは
 主にマリアの心構えだった。

 だが、なぜか理由は定かではないが、マリアの心は落ち着き払っていた。心の奥底に眠っていた黒く澱んだ何かは既にどこかへと消え去っていて、今まで重かった足取りは、普通の物と何ら変わりはないように思えた。
 それでも
 何となく疲労感は残っていて
 苦しかった。

 マリアはちらりとユウキの方を見る。
 彼は一体何を考えているんだろうか?
 そう思うが、残念なことにマリアにテレパシー能力はない。

 代わりと言っては何だが
 マリアはゆっくりと口を開くと、小さな声で話しかけた


 「ねぇ、ユウキ」
 「なんだよ」
 「私、思うんだ」
 「何を?」
 「この戦いが終わってさ、もし、普通の生活に戻れたとして」
 「として?」
 「その生活を楽しむことができるのかなぁ?」
 「…………」


 まただ。
 またこの疑問。
 だが、それもしょうがない。明確な答えが出ないままうやむやのまま終わらせたのはユウキだ。今のマリアには、それが一番の懸念なのだろう。


 「私はさ、なんだかんだ言っても、やっぱりただの人殺しでさ。それだけじゃなくって私がここまで来るのに何人もの人が犠牲になったんだよ。フレイヤさんに詩音さん、デルタに朱鷺さんもいなくなった。それって……私のせいなんだよね」
 「何とも言えねぇな」
 「それなのに、私だけがのうのうと生きていて……いいのかな?」


 両目からとめどなく涙を流しながら、それでも一瞬たりとも止まることは許されない。それこそ、今まで死んでいった人々に対する最大の裏切りにして最悪の侮辱だ。誰が何と言おうと、マリアは止まってはいけないのだ。
 隣に立つユウキは、目を閉じて少女の言葉をその身に刻み込む。
 ひたすら悲しみに暮れながら、マリアはさらに言葉を続ける。