研究所 その②


 マリアは達也に向かって少し震えた声で話しかけた。


 「ねぇ、話してくれるんでしょ?」
 「話すとも、では始めよう。君が生まれたわけを」


 ごくりと息をのみ、達也の言葉を待つ。
 しかし、最初に吐き出された言葉は予想外のものだった。 


 「まず君には謝罪をしなければならない」
 「何を?」
 「君を生み出す際に名前等の情報を詰め込んでおくつもりだったのだが、ミスをしてしまったようだった。そのため、君を混乱させてしまった。すまない」
 「え、それって?」
 「結論から先に言う。君は我々が生み出した対魔法少女戦用魔法少女なのさ」
 「え?」

 どういう意味なのだろう
 対魔法少女戦とはいったい何なのだろうか?
 混乱している姿を見て、改めて一から説明することにした。


 「まず、今の世界情勢について詳しく説明しよう」
 「え、えーと……お願い」
 「分かりやすく説明すると、世界は戦争をしている」
 「え、戦争?」
 「そうだ。敵は原初の魔法少女率いる魔法少女軍団だ」
 「なに、それ」
 「全てを語るには、まず十年前に起きた事件が発端だ」


 そう言って達也は長い長い物語を語り始めた。
 一人の少女がクライシスと呼ばれる完全なる生命体と契約し魔法少女となり、世界を救うために戦いを始めたことから始まった。彼女は多大な犠牲を払いつつも勝利を重ねていき、最後には自殺をした。
 彼女が死んで困るクライシスは自身のコアを利用して彼女をよみがえらせたのだ。
 その結果、何が起きたのか


 その少女は永遠の命を手に入れた。
 また、人間を殺すことによって魂という名のコアを変質させ、不幸な少女は魔法少女へ、幸福な人間は絶望少女へと変化させることが可能となった。
 少女は原初の魔法少女と呼ばれる存在となった。
 当初、その目的はただ本能に従って人を殺しているのを楽しんでいると思われていた。
 しかし、真の目的は違った。