一騎当千 その①


 「ここがお前の部屋だ」
 「あ、そう」
 「案内してやったんだから、ちょっとぐらい愛想よくしろよ」
 「うっさい、ユウキ」
 「悪かったな。マリア」


 軽口を言い合う二人だが、どうもマリアの元気がない。顔をうつむかせて上の空で返事を返している。その反応に何となくつまらないものを感じるユウキだが、その気持ちがよく分かるので何も突っ込まない。
 自分もそうだった。
 実験体二号として三年前に生まれたユウキは、生まれてすぐに自分の能力を使いこなすことに成功していた。
 その分聞き分けもよかったのだが、不満は常に感じていた。
 戦うことは楽しい、楽しいが、それで終わりだ。
 それに、戦うことは自分の義務なのだ。生きるためには戦わなくてはいけない。
 それゆえか、どれだけ殺しても心があまり満たされない。


 マリアは今、色々なことが立て続けに起きて混乱しているうえ、人間であることを否定されて落ち込んでいる。励ましたいところだが、そんな気の利いた言葉は思い浮かばない。デルタがいれば任せるのだが、彼女は達也の助手も兼ねているのでここにいない。
 無言のまま達也は機器を操作して扉を開くと部屋の中にマリアを案内する。
 部屋は無機質なものだった。
 白い壁に二段ベッドが中央に一つあり、それを挟んで対照的に机と椅子、本棚が置かれていた。窓はなく、まるで刑務所の一室のようだった。部屋の広さも必要最低限しかなく、見ているだけで息が詰まるのが分かった。
 ユウキは先に部屋に入ると、左側にある椅子に座った。それを見て、マリアは困ってしまう。本当にここは自分の部屋なのか、ならどうしてユウキは何の躊躇もなく入っていったのか
 そんなことを考えていると、ユウキが顔を向けると言った。。


 「おい、入れよ」
 「え? ここ、私の部屋?」
 「おう。相部屋」
 「え、ヤダ」
 「わお、即答」


 何が悲しくてこんな奴と同じ部屋で暮らしていかなければならないのだろうか
 ただでさえ気分が落ち込んでいるというのに、これ以上嫌な思いはしたくない。だが、仮に部屋を変えるとしたら達也に会いに行って頼まなくてはいけないのだろう。そう考えると吐き気がしてきた。
 だったらまだ勇気と同じ部屋の方がマシだった。
 渋々ながら部屋に入ると布団の上に突っ伏す。下のベッドは布団がグシャグシャになっていたのを見る限り、ユウキが使っているのだろう。必然的にマリアは上の段に上がることとなった。


 「うー……もうヤダ」
 「生まれた日にこんな目にあうなんて災難だとは思うよ。うん」
 「同情なんていらない」
 「まぁ、その気持ちはわかるよ」
 「じゃあ最初っからしないでよ、馬鹿」
 「うっせー」


 無意味に軽口をたたきあうが、すぐに会話がぴたりと止まる。
 しばらくの間、静かに時間が過ぎていく。
 マリアはジッと考え込んでいたが、あることを思い出すとユウキに尋ねてみる。


 「ね、一つ聞いていい?」
 「どうぞ」
 「ここにいる魔法少女って、どんな人たちなの?」
 「あー、あの三人ね。すごく強い人たちさ」
 「そうなんだ。会ってみたいな」
 「今頃戦っているところだな」
 「敵は何人?」
 「五〇〇人ぐらい」
 「多くない!?」


 驚いたマリアは跳ね起きると顔をのぞかせる。
 椅子に座っていたユウキも顔を上げると上から見てくるマリアと視線を合わせる。そんなおかしな格好で会話を始める二人


 「え、え? 多いでしょ、それ」
 「大丈夫。あの人たちは一騎当千だから」
 「へー、余計興味が湧いて来た」
 「ま、帰ってきたら会えるさ」
 「少し、楽しみだな」