一騎当千 その②



 フレイヤに向かって今度は親指を下に向けると言った。


 「あなたがどれだけ強かろうと、この五〇〇人の軍勢に勝てると思っているの? サッサと諦めたら?」
 「あら、じゃあ私は一分で殲滅してあげるわ」
 「ハッ!! 強がりを」
 「これを見てもそう言えるかしら?」


 そう言って腕を上げる。
 すると空中に大量の重火器が生み出された。空を埋め尽くすほどのそれは、全て同じタイプのアサルトライフルだった。数多の銃口が翼の少女たちに向けられる。日光が遮られ、辺りが深夜のように真っ暗になる。
 椎名は顔を上げると「え?」と小さく呟いた。
 サンはフレイヤが動くと同時に地面を蹴って飛び出すと、どこかへと消えて言った。それを見た詩音は「待てこの弱虫が!!」と言ってその背中を追いかけていった。二人はあっという間に視界から消える。


 「クスクス、終わりね」
 「――ッ!!」


 間一髪、椎名は正気に戻るとこの場から離れる。
 フレイヤは追うこともできたが、あえてしない。
 その代わりに朱鷺が椎名のことを追って行った。
 翼の少女たちは身の危険を察したのだが、明らかに反応が遅かった。彼女たちは司令官――今は椎名――の命令でしか動かないので、自発的に逃げることができない。それなのに椎名は何もせず逃げてしまった。


 今の翼の少女たちはただの的だった。
 フレイヤはサッと腕を振る。すると、冷たく重い引き金があっさりと引かれると、雨あられのように鉄の嵐が襲い来る。翼の少女たちは無機質なそれに全身をずたずたに引き裂かれ、次から次へと死んでいく。
 ガガガガガガガガガガガガガガガガガガという耳をつんざくような轟音が響き渡る。
 風に乗り、視界を奪いつくすほどの粒子が舞い散る。一年前までなら銃弾が周囲の物を傷つける前に銃弾を消し去るのだが、もう気にすることはない。ただのゴーストタウンだった周囲の風景が完全に激戦区のそれになる。


 一分と宣言したが、実際はそこまでかからなかった。
 圧倒的な暴力が一瞬の間にこの場を支配し、蹂躙すると消えていく。
 フレイヤはサッと手を振るとすべての銃を無に帰す。空が晴れ渡り、再び明るい日光が周囲を満たす。するとさっきまで翼の少女がいた場所が、はっきりと見えるようになる。さっきまで何の変哲もない道路だったが、すっかり荒れ果ててしまった。


 「十秒もかからなかったわね」


 楽勝だった。
 勝利の余韻に浸りながらどうするべき考える。
 詩音や朱鷺の手伝いに行こうかと思うが、すぐにその考えは吹き払う。彼女たちはベテランで、一人で十分に戦える。おそらく下手に手を出すと邪魔になるだけだろう。とりあえずは敵の援軍が来るかもしれないのでそれに備えることにした。
 顔を上げて空を見上げてみる。
 失った人がそこにいることを期待して。
 だが、今日も今日とて代り映えしなかった。


 「…………」