災厄



 ある日の事
 災厄が天から降って来た。


 『原初の魔法少女捕獲及び抹殺計画』が終わってから一か月も経たない間にそれは起こった。始まりは何の変哲もないある日の午後だった、何一つとしておかしいことのないオフィス街に彼女たちは舞い降りた。
 始めそれに気が付いたのは母親と買い物に来ていた一人の少年だった。
 何の気もなしに顔を上げた少年は、いつも明るい太陽に何か影のようなものが入っていることに気が付いた。その影はゆっくりと大きく、数を増やしていっているように見えた。まるではっきりと目に見える黒い黒点がいくつも現れているようだった。
 だがそんな難しいことは年端も行かない少年には分からない。
 ただ、それらが段々としっかりとした姿を現していくのに興味を惹かれ、ジッとそれを眺め続けていた。
 母親に手を引かれて歩いていたのだが、足を止めて見つめ続ける。それに気が付いた母親も足を止めると、まずは少年に向かってこう囁いた。


 「こー君、何が見えるの」
 「てんしさーん」
 「え?」


 惚けた声で母親もそう呟き、一緒に顔を上げてみる。
 すると確かに天使だった。

 少し派手な制服のような服を着て、背中からは純白の翼を生やしていた。その手には日本刀にもよく似た刀を握っており、顔には陶磁器で作ったような真っ白な仮面を被っていた。それは顔全体を覆い隠すようなデザインをしていた。そのため、彼女たちはまるで顔が削げ落ちたかのように見えた。
 また、彼女たちは全く同じ姿かたちをしており、まるでクローンのようだった。
 彼女たちは翼をはためかせ、白い羽を撒き散らしながらゆっくりと地面に向かってくる。


 しかも、一人や二人ではない。
 何十人、何百人、いやそれ以上かもしれない
 それだけの数の異様な姿をする天使が天から湧いて出たのだ。
 それは非現実的でどことなく幻想的な光景だった。
 やがてその異変に気が付く人間が何人も出てきた。
 確かに上空での出来事だったが、一度気が付くとそれは目を引く光景で、足を止めてでも一瞥する価値はあった。一人が顔を上げると周りの人たちも顔を上げる、こうして連座は続いていき、一人一人と増えていった。


 十分もする頃には見渡す限り、ありとあらゆる人たちが天を見上げていた。
 大衆の視線が突き刺さる中、天使の一人がゆっくりと地面に降り立つ。そこにも人々はいたが、まるで海が引くようにその場から離れていき、小さな円形の隙間が空く。
 一番最初にやって来た天使は優雅にその場に降り立つとピタリと動きを止める。
 ピクリとも体を動かすことなく、じっと前を見る。仮面には穴が空いていないので、どう考えても景色が見えているとは思えなかったが、まるで目の前にいる誰かを凝視するかのようだった。
 やがて、五分もしないうちに半分ほどの天使が地面に降り立つ
 彼女たちは一人たりともピクリと動かない。その姿はまるで彫像のようだ。



 「何あれ」
 「イベント!?」
 「あれ……写真に写ってない?」
 「アハハハハ!! ほんと人間みたい、ウケる―」