一騎当千 その③



 一瞬だけ躊躇した後、球体の一部に穴をあけ、そこから出ようとする。顔を上げてみてみると、ルナが狙いすましたかのようにそこで銃口を向けている姿が飛び込んできた。


 「おっ!?」
 「ざまぁ!!」


 勝ち誇った笑みを浮かべて引き金を引くルナ
 詩音は穴から半分身を乗り出した状態でいるので簡単には回避することはできない、
 これは予想通りのことだった。


 ルナにとっても、詩音にとっても
 銃弾を放った直後、ルナは違和感に包まれた。その正体がわからず眉をひそめるも、すぐに気が付いた。詩音の姿がどうにもおかしい、体を起こしてからピクリとも動こうとしないのだ。
 このままではただ撃ち殺されるだけなのに
 ところが、その理由まで分からない。答えが見つかる前に銃弾は詩音に命中する。能力を発動しなかったため、銃弾は普通に詩音の顔面に吸い込まれていく。そこまでは何の問題もないように思われた。


 しかし、着弾した瞬間にあからさまにおかしい音が鳴り響く。
 肉に当たるグチャという肉が潰れる音が響くはずなのだが、そうではなくバキンッという硬いものが砕ける音がした。
 それと同時に詩音の姿がばらばらになると、そのまま砕け散った。


 「なっ!! 氷!?」
 「せいかーい」
 「後ろッ!!」


 待ち伏せされていることを察していた詩音は、身代わりを作り、こっそりと後ろに作った穴から抜け出たのだ。そして、隙をついてルナの後ろに回り込んだのだ。完全に予想の範囲外だった。
 急いで振り返ろうとするも、間に合わない。
 詩音はハンマーを振りかぶると、それでルナの顔面を殴り飛ばそうとする。


 「死ねっ!!」
 「―――ッ!!!」
 『ルナっ!!』


 サンの叫び声が響く
 それと同時にルナの背中から、いきなり人間の上半身が生えてきた。顔が青く、幽霊のような白い麗装。手には楯のようなものを握っていて、それをしっかりと構えていた。詩音はそれに向かってハンマーを叩きつける。
 ガギンッという鈍い音が響き、ハンマーを弾き飛ばすことに成功したが、同時にサンの体も大きくのけぞってしまう。
 鈍い衝撃に両腕が悲鳴を上げる。
 だがそれでも必死に声を上げるとルナに呼びかける。


 「今の隙に急いで!!」
 「ありがとよ!!!」
 「チッ!! そう来たか!!」