初戦 その①


 研究所に達也の声が響き渡る。アナウンスだ。
 それはマリアとユウキがいる部屋にも届いた。


 『マリア、ユウキ、二人ともすぐ来い』
 「え?」
 「お、招集だ。行くぞ」


 二人はユウキの部屋でくつろいでいた。
 あれからまだ一時間も経っていない。気を利かしたデルタが持って来てくれたココアを飲みながら、談笑というにはあまりにも暗い話をしていた。魔法少女についてだったり、戦況についてだったり
 戦うための予備知識を蓄えていた。
 拒否した分はいいがこの流れではまず戦うことは避けられない。マリアは冷静にそう判断したのだ。
 といっても、そこまで大した話はできていない。
 せいぜい敵の勢力がどんなものかについてぐらいだった。
 一旦話を切ると、ユウキは右手をマリアに向かって差し伸べる。一瞬、それがどういう意味か分からず惚けた顔をしてしまう。それを見て小さくため息を吐いた後、ユウキは呆れた声で馬鹿にするように言った。


 「ほれ、達也のところに行くぞ」
 「え、えーと」
 「テレポート」
 「あ、そうか。分かった」


 そう言ってキュと手を握る。
 それと同時にユウキは能力を発動し、達也のいる部屋まで飛んで行く。これで二度目だが、なかなか不思議な感触だった。瞬きする間もなく、あっという間に目的地にまで行くことができるのだ。
 まだこの感覚になれないマリアに対して、ユウキと達也はもう当たり前のような物らしく
 いきなり目の前に現れた二人に対しても何のリアクションもなく普通に話を始めた。


 「さてマリア、初陣だ」
 「へ?」
 「君にはこの戦闘で自分の能力に関して知ってもらおうと思う。ユウキ」
 「うッス」
 「君は子守りだ」
 「嘘だろ…………めんどくせえ」


 そう呟いてマリアの方をじろりと見るユウキ
 それで分かった。


 「私、子供じゃありません!!」
 「まだ〇歳だ」
 「あ…………」
 「ハハハハハ!! ガキじゃねぇかっ!!」
 「――ッ!?」


 顔を真っ赤にして怒るマリアと、大声で笑い続けるユウキ
 このままじゃ喧嘩になると思った達也はすかさず言い放つ。


 「ユウキ、お前も似たようなものだ」
 「ハハハハハ!! え?」
 「三歳だろ」
 「…………」
 「…………プッ」
 「笑うなてめぇ!!!」
 「あんたも笑ったじゃん!!!」
 「うるせぇバカ!!」
 「馬鹿じゃないし!!」
 「…………」


 火に油を注いだだけだったらしい。
 別に放置してもいいのだが、それはそれで話が進まない。しょうがないので達也はこぶしを振り上げると全力で机に叩きつける。するとガツンという大きい音が響き渡る。それに驚いた二人はビクッと肩を震わせると動きを止める。
 そして、同時に達也の方を見ると気まずそうにする。二人とも怒られると思ったのだ。