初戦 その②


 一方のユウキとマリアはちょうどジャミング施設の正門の前に立っていた。
 白くてでかいその門は高い壁の中にあって、まるでそこに四角い穴がぽっかりと空いているようだった。しかし、その穴から内部に入ることは叶わなそうだった。周囲には何人もの銃を持った兵士が警戒していた。
 周りは森で囲まれていて、施設自体もそこまで大きなものではなかった。
 マリアは彼らが少し気になるが、ユウキにとってはいつもの光景だった。
 

 「よし、行くぞ。マリア」
 「え、えーと……あの人たちは?」
 「国連軍だ。と言ってもここは日本だから陸自の人かな?」
 「魔法少女と戦うために来てるの?」
 「その通りだぞ。じゃ、行くぜ」」
 「敵は…………どこなの?」
 「うーん、どこだろ……」


 そう呟きながら首を回すユウキ、マリアもつられて見渡してみる。だが、ぱっと見える範囲にデルタはいない。テレパシーを使って位置を探ることに決めると、額に指をあてて能力を発動する。
 その瞬間
 ドゴォォンという爆発音が遠くで響く。
 二人はほとんど同時に音がする方を向く。すると、黒い爆煙が黙々と立ち込めているのが見えた。


 「あそこだな」
 「だね」


 どうやら戦闘を行っている最中らしい。
 マリアはそちらに向かって行こうとするが、それをユウキが止めた。


 「ちょっと待て」
 「何よ、急がなくっちゃ」
 「大丈夫だ。デルタは強い、簡単には負けない。それよりお前に話さなければいけないことがある」
 「何?」
 「簡単な戦い方だ。あそこに向かいつつ話をするぞ」
 「そうだね、まだ何も分からないし……お願い」
 「といっても、脳内に戦い方はインプットされているはずだから俺はそれを引き出す手伝いをするだけだ、行くぞ」
 「うん」
 「じゃあ、変身しろ」
 「え……変身?」
 「そうだ。麗装を顕現して、魔法少女になるんだ」
 「うーん、難しいけどやってみる」
 「よし、念じるんだ。分かったな」
 「うん」