帰還 その①


 三人は一度集まってから、ユウキのテレポートの能力で研究所へと帰っていった。揃ってマリアと達也の部屋に降り立ったのだ。本当は自分の能力で行きたかったが、座標を間違えると「石の中にいる」状態になるのでやめた方がいいと言われたのだ。
 ちなみに、デルタは脱ぎ捨てた服を取りに行ってからのテレポーテーションだった。
 いちいちユウキの手を取るのは何だか頼りっぱなしのような気がして嫌だったのだ。
 といっても歩いて帰る道が分からない。
 渋々手を取って一緒に飛んで行った。


 「うし。到着」
 「……疲れた」
 「あ、達也」
 「「え?」」


 二人の声がピッタリと合う。
 デルタの言う通りに達也がいた。ユウキの部屋の椅子に座り、手にはコーヒーカップを握っていた。いつからそこに待っていたのだろうかと疑問に思うが、湯気が立っているのを見る限りそこまでではないようだった。
 マリアは渋い顔をさらにムッとすると、ジト目で睨み付ける。
 その視線からは非難の声が混じっていたのだが、完全にそれをスルーしてコーヒーを一口啜る。そしてカップを机の上に置き、隣にあった自分のタブレットを操作する。そこの数値を見る限り、クライシスは正常に機能しているようだった。
 マリアが自分の能力のうち一つを覚醒させたことで、さらに調子がよくなっているようだった。


 「さてと、能力を初めて顕現できたようだな」
 「……そうだけど…………」
 「まぁ、そのことはあまり関係ない。デルタ、頼みがある」
 「何? 達也の頼みならいくらでも聞くヨ」
 「フレイヤたちが柳葉町の外れにある国連軍の駐屯基地にいて、急遽呼び出したいんだ。ところがどっこい、通信が通じないと来ている。迎えに行ってくれないか?」
 「いいけド……遠くなイ?」
 「そうだろうと思ってビークルの修理を特急で終わらせた。これでいけるはずだ」
 「本当!?」
 「本当」
 「ありがとウ」
 「よし、じゃあ行け」
 「うン」


 元気そうに頷いてからデルタは出ていった。
 ビークルと一体何なのか少し疑問に思ったが、聞く前に達也が話を始めた。


 「さてと、マリアにはまだ話していないことがあったな」
 「……何?」
 「こちらの目的だ。能力が顕現したので、問題ないだろう」
 「とりあえず……話だけ聞く」
 「じゃ、座れ」
 「俺は?」


 ユウキがそう尋ねると、達也は冷たい目線を向けて言った。


 「今君に話しかけていないのだが」
 「達也のおっさん、そんな事聞いてない」
 「好きにしろ」
 「じゃ、一緒させてもらうわ」