帰還 その②



 「達也さん!!」
 「なんだ?」
 「一つ聞いていい?」
 「……なんだ?」
 「私は今日、初めて殺しをやった」
 「そのようだな」
 「でも、罪悪感を抱かなかった。……これも、あなたのせい?」
 「あぁ」
 「――ッ!?」


 臆面もなくそう答える達也
 マリアは激昂すると、拳を振るい達也に向かってそれを叩きつけようとする。ユウキはサイコキネシスで止めようかな、と思ったが何となく気が乗らないので止めた。一発ぐらい殴る権利はあるとも思っていた。
 達也はそれを見ても大して驚くことなく、右手の義手を上げる。
 すると、装甲が一部展開し、淡い光を放つと同時にシールドを展開する。
 マリアのこぶしはそれにぶつかるとガンッという音をたてる。
 シールド越しに達也のすまし顔を睨み付けるマリア


 「クソッ!!」
 「残念だが、最低限自分の身を守る術ぐらい用意してある。諦めろ」
 「…………」


 やる気が失せた
 マリアは腕を下げて一歩後ろに下がる。
 達也は去り際にこう言い放った。

 「いいか、君は兵器だ。罪悪感など抱く余裕はない。分かったな」
 「…………」
 「明日からはまた働いてもらう。せいぜいつかの間の休息を楽しむんだ」
 「……分かった」
 「じゃあな」


 そう言い残して達也は出ていった。
 一人残されたマリアはうつむいて地面を見つめ続けていた。何も言わず、なにもしようとしない。何かを考えこんでいるように見えくもなかったが、ユウキはすぐに異変に気が付いた。
 小さな声が聞こえてくる。


 「う………うぅ………」
 「……おまえ……まさか……」
 「うぅぅ………泣いてない」
 「泣いてるじゃん」
 「…………うぅぅぅぅ……」


 限界だった。
 腰を下ろし床に座り込むと両手で顔を覆って声を忍ばせながら泣き始めた。はじめは、どうしていいか分からずあたふたしていたユウキだが、何とか落ち着かせようと思い背中をポンポンと叩いてやった。
 それが功をなしたのか、落ち着いて泣き止んだマリアは、そのままユウキに寄りかかる形で眠り始めた。スースーと寝息を立て完全に無防備だった。はじめは叩き起こそうかと思っていたが、なんだが可哀そうなので止めることにした。
 代わりに体を抱きかかえると、二段ベッドの上に寝かせてあげた。
 これが自分のできる精いっぱいの優しさだった。