出撃 その①



 次の日
 マリアは起きてすぐ達也に呼び出された。少し寝過ごしたようで、時間は朝の十時、ユウキはとっく起きていたらしくすでに朝食も終えていた。マリアも何か食べたかったが、先に達也のところに行くことにした。
 てっきりユウキもついて来てくれるかと思っていたのだがそうではないらしい。
 地下の魔力生成装置の様子を見に行かなくてはいけないと言っていた。


 なのでマリアは一人で道を進んでいた。所長室までの道は教えてもらった、もし迷ったりすると大変なことになる。なぜなら誰にも聞くことができないからである。
 昨日は裸足だったが今日は違う、部屋に会ったスリッパをはいておりパタパタという足音が響く。
 そういえば、服も病服しか持っていない。さすがに、こんなのをずっと着る気にはなれない。もっと普通のものが欲しかった。


 一瞬、贅沢かなと思うがそれぐらいの権利はあると思った。
 数分後、所長室にたどり着いたマリアは挨拶もなしに部屋に入った。
 すると、三人分の歓迎の声が聞こえてきた。


 「遅かったな」
 「へー、こいつがマリアか」
 「…………」
 「……え? …………誰?」


 初めて見る顔に困惑する。
 その様子を見てにやりと笑った一人の少女が右手を差し出しながら自己紹介を始めた。彼女はボーイッシュな服を着ており、男っぽく見えたが、胸のサイズと髪が宝女子であることが分かった。


 「私は東雲詩音っていうんだ。魔法少女だ、よろしくな」
 「え、は、はい……よろしくお願いします」


 マリアもその手を取るとギュッと握手を交わす。
 一方で作務衣のような服を着た隻眼の少女は、冷たい視線を向けながらそっけない声で言い放った。


 「一寸木朱鷺だ」
 「ますき、さん?」
 「朱鷺でいい」
 「朱鷺さん」
 「…………」


 無視された。
 朱鷺は達也の方に顔を向けると、不服そうな声でこう言った。


 「こいつが優希の代わりか」
 「代わりという言いかたは感心しないな、こっちが本命だ」
 「役に立たなそうなんだが」


 目の前に本人がいるのに臆面もなく言い放つ。マリアは少しムッとするが、確かに戦闘経験もほとんどないのでそう言われてもしょうがない。それでも複雑な気分ではある。