出撃 その②



 朱鷺は二人の話が聞こえているはずだった、魔法少女の聴力ならそれぐらい簡単である。それでも何も言おうとしなかった。彼女にとって昔話など一銭の価値もない物だった。なぜなら、大切なものは心にしまっておくべきだと考えていたからだ。
 結局、彼女が言葉を発したのは目的のものを見つけた瞬間だった。


 「あれだ」


 そう言って腕を伸ばすと指を差す。
 すると視線の先に五台のトラックが山道を走っている姿が目に飛び込んできた。あれがレーザー銃を運んでいるというトラックなのだろうか、答えを知っている朱鷺は高度を下げるとそこに向かって行く。


 「うし、行くぜ」
 「あ、わかりました」


 二人もその後を追って地面すれすれまで降りて飛び続けた。
 マリアは詩音について行って最後尾のトラックの後ろについた。
 朱鷺は一番前で走っているトラックの隣まで行くと、窓ガラスをコンコンと叩いてそこにいる小隊長に合図した。あらかじめ話は通じているのでそれだけで十分だったらしい。話をせずに詩音たちの方に戻ってくる。
 そして、同じく無言のまま腕を振ると前に行くように促してくる。


 「よし、マリア、お前は私のバックにつけ」
 「え、でも……」
 「朱鷺は一人で平気だよな」
 「構わない」
 「だってさ」
 「え、そういう訳じゃ………やっぱ、いいです」


 本当はもっとばらけてどこから敵が来てもすぐに対応できるようにするべきじゃないかと思ったのだが、なんだか面倒くさくなったので文句を言わないことにした。
 推測にすぎないが、二人には一か所で固まっていたとしても十分対応できる自信があるのだろう。
 詩音とマリアはそのまま最後尾につくこととなり、朱鷺は前から数えて三台目のトラックの上で飛ぶことになった。彼女は宙を舞いながら腕をサッと振るうと袖から大量の紙を吐き出した。
 それらは宙を舞うと、道の両端に生えている木々の中へと消えていった。
 式神だ。
 初めて見るそれにマリアは驚いてしまう。それに気が付いた詩音は朱鷺の能力の説明をした。


 「あれが朱鷺の式神だ」
 「式神」
 「そうだ。色々便利な奴だ。お前にも一枚くっついているぞ」
 「え!?」


 詩音は肩甲骨の辺りを指さしていた。
 角度的にマリアに見ることのできない位置だったが、そこには確かに式神が一枚張り付いていた。ピッタリと、まるでシールのように。見ることができずに少し歯がゆい気持ちになるが別におかしなこともないので放置することにした。


 それよりも、周囲の警戒をしなくてはいけない。
 マリアは今更ながら緊張してきた。
 ガチガチになったその姿を見て、詩音は笑いを堪えることができなかった。