出撃 その③



 ちらりと後ろを見てそれを確認した朱鷺は強い声で話しかける。


 「マリア!!」
 「えっ!?」
 「お前は一人でトラックの護衛を頼む。行け!!」


 その声と同時に三台のトラックが同時に動きを見せると、高速で後ろに下がっていく。呆気に取られていたマリアは反応が遅れてしまうが、急いで追いかけていく。
 それを見た絶望少女はもう一度「グギャァァァァァァ!!」と叫ぶと、翼を大きく振るう。
 すると、バクンッという音がして尻尾が二つに割れ、中から何かが飛び出してくる。
 翼の少女が数体飛び出す。
 どうやら、そこに収納していたらしい。
 二人は目を丸くして驚く。あまりに予想外のことだった。


 「ヤバッ!!」
 「詩音、あれはマリア任せろ」
 「それは……」
 「あんな奴らにやられるようなら使い物にならん!! 足手まといは死ぬべし」
 「――ッ!!」


 逡巡する詩音
 本当はマリアのサポートに回りたかった。
 しかし、その考えを吹き飛ばすかのように、絶望少女が攻撃を仕掛けてくる。長い腕を鞭のように振るうと二人まとめて絡めとろうとしてくる。その攻撃をかわすために地面を蹴って飛び上がると、一旦距離を取る。
 もう今から行っては隙を見せるだけである。
 これではどうにもならない。
 戦うしかない。


 「クソッ!! さっさと終わらせるぞ!!!」
 「相分かった!!」

 それぞれの得物を携えて、二人は絶望少女に向かって行った。



 「嘘でしょ…………」


 マリアは小さくそう呟くと自分に向かって来る翼の少女たちを見る。まさか、あの絶望少女からこんなに出てくるとは思っていなかった。だが呆然としながらも、体は勝手に動いていた。
 右手を開くと、そこに剣を作り出す。
 しっかりとそれを握りこみ、先を向ける。


 「…………戦わなきゃ……」


 嫌だった。
 だが、やらなくてはいけない。
 なぜなら翼の少女たちが完全に自分のことを敵と認識しているからだ。逃げたところで追いかけてくる、おそらく彼女たちは地獄の果てまで自分を追い詰めるだろう。それなら戦う方が十倍もマシだった
 それに、敵の数はたったの三体、集中すれば勝てないことも無いように思えた。この間の初めての勝利がマリアにそう思わせていた。
 マリアは一瞬の間に覚悟を決めた。