出撃 その④


 最初、マリアは何が起きたのか理解できなかった。
 それだけ超常的な現象が起きたのだ。


 何が起きたのか簡潔に説明すると、止まったのだ。世界の全てが、マリアを除くすべてが動かなくなったのだ。翼の少女もそうだった。刀を構えとびかかってきた姿勢のままで固まる。まるでビデオの一時停止のように
 周囲で聞こえていた音もピタリと止まる。

 トラックが走っているはずなのに

 それに別の事にも気が付いた。

 クライシスも動きを止めている。

 すべてが静止した。

 困惑し、何が起きたのか理解できずにいたがあることだけははっきりと分かった。今こそ攻撃のチャンスだ。目の前で敵がピクリとも動かずにいるのだ。魔力吸収を使うのはちょうどいい機会だった。
 マリアは左腕を伸ばすと同時クライシスの言っていたことを理解した。
 これなら、危なげなく接近することができる。


 「死ね!!」


 その一言と共に左腕が少女の腹に触れる。
 暖かい感触が伝わってくる。
 それとほとんど同時に静止していた世界が再び動きを見せた。
 少女はいつの間にか懐に飛び込んできていたマリアの姿を見て驚いた顔をする。だが、それを最後に魔力を完全に吸収され、粒子化して死亡する。抗いがたい死、相変わらず強力な能力だった。
 サァッと一陣の風が吹き抜ける。
 それに乗って、細かい粒子が自分の体に襲い掛かる。まるで遺灰のようだった。
 クライシスはハッと気が付くと、マリアに話しかける。


 「能力を発動できたのかい?」
 「あ、うん。ところで……この能力って……」
 「あぁ、説明忘れてたね。君の最後の能力は時間停止だ」
 「え――っ!?」


 目を丸くして驚く。
 しかし、すぐに納得がいった。さっき敵が動けなくなったのも、世界が静止したのも時間が止まったからだろう。どういう原理なのかよく分からないが、非常に強力な能力のようだった。
 確かにこの能力なら、簡単に接近することができるだろう。魔力吸収は確実に殺すことができる。
 マリアは自分の能力の凶悪さに気が付いた。


 「ひょっとして……私って強い?」
 「今更?」


 対魔法少女戦用魔法少女
 その言葉の意味がはっきりと分かったような気がした。