苦戦 その①



 フレイヤは戦場で戦っていた。
 両手にガトリングガンを手にして、それを宙に向けて乱射していた。銃身がグルグルと回り、圧倒的な熱と銃声を響き渡らせていく。強烈な反動も襲ってくるが、そんなものは魔法少女の筋力で何とでもなった。
 ほかにもいくつもの銃火器が円を描くように配置されていて、自動的に銃弾を大量にはなっていた。
 大量の銃弾が空を舞うと、次から次へと翼の少女を撃ち落としていく。


 かれこれ十五分はこうしているが、減った気が全くしない。
 後ろでは数十名の国連軍がレーザー銃を手にフレイヤの援護をしていた。彼らは周囲の重火器に身を守られながら、赤い閃光を飛ばしていく。
 彼らの本隊は現在撤退中で、フレイヤその時間稼ぎに駆り出されていたのだ。
 しかし、いかんせん数が多い
 全戦力を集中しているだけあって、もう何百人と撃ち落としたが、まだまだ空を覆うぐらいの翼の少女が向かって来ていた。それは比喩などではなく、実際空を覆いつくしているのだ。
 フレイヤは銃声に負けないぐらい声を張り上げるといった。


 「あなた達!! 今すぐ撤退しなさい!! この場は私一人で平気だから!!」
 「その命令には従えない!!」
 「そうだ!! 年端も行かない少女を一人残して逃げられるか!!」
 「――ッ!! 訳の分からないプライドを!!」


 それに、自分はもう二五だ。
 年端も行かない少女ではない。
 そう言いたかったが、空の向こう側からさらに敵が来るのを見て、射撃に集中することにした。今のところ一匹たりとも逃がしていないが、はっきり言って戦況は不利だった。いかんせん数が多すぎる。
 それに、後ろにいる奴らを守りながらでは、本気で戦えない。


 「邪魔なのに……ッ!!」


 だが、希望が全くないわけではない。
 フレイヤはサッと顔を上げると小さく呟く。


 「デルタ……早く来て!!」


 いい加減魔力も限界を迎えそうだが、補給する隙が無い。
 ひたすら引き金を吹き続け、銃弾を吐き出し続ける。翼の少女はそれを受け、ズタズタになり、消えていく。大量の粒子が淀んだ空気の中にたまって呼吸が苦しくなるような気がする。実際そんなことはないのだが、そんな感覚が頭にこびりつく。
 耳が完全に麻痺してしまっている。
 フレイヤは苛立ちに身を任せてもう一度叫んだ。


 「さっさと撤退して!!!」


 そしてまた、不毛なやり取りが繰り返される。