苦戦 その②



 ドンッというアスファルトを叩く鈍い音響く。フレイヤは爆発か、もしくは何か衝撃のようなものが飛んでくるかと思い、いつでも回避できるよう準備を整える。だが、フレイヤを襲った物はそんな幼稚なものではなかった。
 少女が足を下ろして、すぐ
 フレイヤは自分の視界が歪むのを感じた。


 「え?」


 グニャリ、と世界が歪んで見える。
 足元もグラグラと揺れている。目の前にいた少女が、まるで一反木綿のようにグネグネとした姿に見える。吐き気が胃の奥からこみ上げてくる。まるで車に酔った時のように、気分が悪くなってくる。
 思いもよらない変化に体が崩れ落ちる。
 さっきまで持っていたグレネードランチャーを取り落とすと、口元を手で押さえ吐きそうになるのを堪える。


 「うぅぅ……」
 「隙だらけー」


 悠々自適に歩き、距離を詰めた少女は銛の切っ先をフレイヤの顔面に向ける。
 ギリギリのところでそれに気が付いたフレイヤは、残った力で地面を蹴ると、後ろに下がり距離を取る。
 「あらー、元気ねー」
 「はぁ……はぁ……これは……陸酔い!?」
 「よくご存じでー、博識ねー」
 「フフフ、褒められると悪い気がしないのは……いつも同じね……」


 汗だくでそう言うフレイヤ
 強がりだった。
 フレイヤ、というかそもそも魔法少女は基本的に乗り物に酔ったりはしない。その理由は単純で、三半規管も強化されているからである。そのため、この状態は十年ぶりといっても過言ではなかった。
 ここまで具合が悪いのも久しぶりだ。
 しかし、こんなことところで崩れ落ちている場合ではない。
 何とか不安定な地面にしっかりと足をつけて立ち上がる、がすぐに崩れ落ちる。


 「ふぅ……ふぅ……」


 不安定な地面で戦うとはまた違う感覚
 そもそも陸酔いとは船員がよくなるもので、陸上よりも船の上で暮らす時間が長くなった結果、揺れた世界に適応してしまい、逆に陸が揺れているように感じてしまう現象のことである。
 正確に言うとフレイヤの落ち一致る状態は陸酔いではなくただ単に平行感覚が狂っているだけなのだが、それ以外にどう表現すればいいのか分からなかった。


 「クッ!!」
 「死ぬー?」


 少女はもう一度、銛を掲げて攻撃してこようとしてくる。
 フレイヤは急いで右腕を上げると、アサルトライフルを二丁顕現した。一斉に射撃をしたいところだったが、しっかりと狙いをつけようとしたことが裏目に出た。揺れる少女に照準をうまく合わせられない。
 そのため、引き金を引くのが遅れてしまった。