目覚め



 少女が生まれて初めて感じたのは、瞼越しに感じる強い光だった。
 まるで春の暖かい日差しの中で昼寝をしているような心地よい眠りについていた彼女はそれに酷い不快感を抱いた。何が自分の眠りを妨げているのだろうか、そう思ったので瞼を振るわせるとゆっくりと開いていく。
 するとびっくりするほど明るい光が目に飛び込んでくる。


 「――――ッ!?」


 それに驚いた少女は反射的に両腕を上げると目を覆う。その瞬間に右腕に刺さっていた点滴の針が抜けてしまうが、そんなことに気が付く余裕などない
 目が光に慣れていないのだ。それもそうだ。


 「――ッ!! ―――ッ!!!」


 体をグネグネと蠢かせ悶絶する。
 それで痛みが治まることこそないが、時間が解決してくれた。痛みが引いていったので、薄目を開けてみる。彼女は少しずつ光に慣れさせることにする。
 一分ほど時間が経っただろうか
 彼女は完全に目を開くことができるようになった。


 「う………あぁ――ッ」


 小さな声で呻きながら、痛めた時に流した涙をこすりながら体を起こしていく。どういう訳か体に力が入らなかったが、まるで生まれたての小鹿のようにふらつきながら、何度か崩れ落ちながらも必死に起き上がった。
 そしてじっと前を見る。
 ベッドとベッドの間にかけてあるカーテンを見つめる。
 少女はゆっくりと首を傾げると小さな声で呟いた。


 「おえああい?」


 これは何? と言いたかったのだが、舌が回らなかった。
 なぜだろう
 そう思いさらに大きく首を傾げる彼女だが、それでは何も解決しない。


 じっと前を見続ける彼女だが、やがて違和感に気が付く。
 ここはどこ?
 そして
 私は一体誰?


 「あ…………あぁ……声が……出る」


 ゆっくりと両腕を上げると手のひらを広げてジッと見てみる。
 すると真っ白の肌が視界に飛び込んでくる、彼女にはそれが自分の手であることは分かった。次に足元を見て、ペタペタと両手で触ってみる。これは立ったり歩いたりする時に使う部分である。
 そのこともよく分かっていた。
 自分が寝ているのはベッドで、目の前に広がっているのはカーテン
 そういったことは理解できるのだが、なぜか自分に関することがさっぱり分からなかった。


 「……誰か、いるかな?」


 そっと腕を伸ばすとカーテンの縁に触れ、ほんの少しだけ開けて見る。