苦悩 その②



 五人は宙を舞い、目的地に向かって行く。
 すでに全員が戦闘態勢に入っている。ユウキを除く四人の魔法少女はそれぞれの麗装を身にまとい、重力干渉波を放っている。残り二人はそれぞれの能力を使い、超高速で進んでいる。
 一方のデルタは一歩先に出て、地上でビークルを走らせている。地面を進む方が時間がかかるので、到着時刻はだいたい同じになるだろう。
 この調子で行けば二時間もすれば到着するだろう
 それぞれが物思いに耽っており、無言のまま飛んでいる。
 そんな中、マリアに話しかけるのが一人


 「いいかしら」
 「え?」
 「はじめまして、よね」
 「あ、あなたは……」
 「フレイヤよ、よろしくね」


 そう言って右手を伸ばす。
 最初、何をしているのかよく分からず困惑するマリアだが、すぐ握手を求められているのだと気が付く。同じように腕を伸ばすと、ギュッと握り合う。フレイヤはマリアが痛くないように力加減をしていた。
 優しい人だな
 何となくそれが分かった。


 「少しお話、いいかしら?」
 「い、いいですけど……」
 「フフフ、緊張しなくていいのよ」
 「あ、はい」


 別に緊張しているわけではなく、ただ単にこういうタイプの人に会ったことが無いので少し反応に困っていただけなのだ。
 だが、あえて言うことでもないので黙っている。


 「あなたがマリアね」
 「そうですけど……」
 「……似てるわね」
 「え?」
 「私、アリスの顔を知っているのよ」
 「…………」


 少し空を見ながら、懐かしい思い出を語るようにフレイヤは話を始めた。


 「十年前ね、私が魔法少女になった時の事なんだけどね」
 「え……」
 「どうしたの?」
 「十年前って……何歳なんです?」
 「二五」
 「嘘ッ!?」


 どう見てもそんな年には見えなかった。十五~十七、ちょっと多く見積もっても二十代には見えない。
 どういうことなのか混乱していると、フレイヤが答えを言った。


 「魔法少女は見かけの年は取らないのよ」
 「え……?」
 「まぁ、それは置いといて」
 「え、ええぇ?」
 「私が十五歳の時ね、一度だけアリスの素顔を見たことがあるの」
 「それはどういう…………」
 「同じ中学校だったのよ。私は中三だったけど」
 「それは……」
 「ほんの一瞬だけどね、印象に残っているのよ」
 「…………」