アリーナ戦 その①



 フレイヤの言葉の通りだった。
 アリーナにつくや否や、彼女は無双し始めた。
 近づくにつれて翼の少女や絶望少女の数は増えていった。宙を舞う彼女たちを狙って光弾や特攻を仕掛けてくる。しかし、その数も大したことはなかった。どうやら迎撃より防衛に力を削ぐつもりでいるようだった。
 そのことを看破したフレイヤはサッと手を上げると無言のまま詩音と朱鷺に命令した。
 それだけで察した彼女たちは、先行すると露払いをして回った。
 ユウキ達はまだ動かない。彼らは一応本命なのだ。


「見えたぞ!! あれがアリーナだ!!」


 そう言って詩音が指さす。
 すると確かに円形のアリーナだった。天井が開いていて、そこにびっしりと翼の少女が待機しているのが見えた。そのうちの数体は普通の魔法少女らしく、ジッとこちらのことを観察している。
 あちらの司令官らしい。
 思いの外数が少なく、拍子抜けする。
 じっと見てみると、紫色の光が連なって見えた。どうやら光弾を一斉に放ってくるつもりのようだった。
 どうやらこちらを迎え撃つ気満々らしい。フレイヤは顔に笑みを浮かべるとこう言った。


 「私が止めるからちょっと待ってね」
 「任せた」
 「じゃ、行くよ」


 その声と共に大量のナイフが空中からポッと出てくると、鳥のように宙を切って、光の塊の方に向かって行く。それに合わせて敵も一斉に発射する。二つが正面からぶつかるまで大した時間はかからなかった。
 ドドドドドドドドドッ!! と連続して爆発音が響き、真っ黒い爆煙が雲のように満ちていく。
 完全に視界が遮られる。
 これは好機だった。


 「みんな!! 煙にまぎれて行って!!」
 「分かったぜ!!」
 「承知した」
 「行きまス」
 「マリア、ついてこい!!」
 「え、え、わ、分かった!!」