アリーナ戦 その②


 ユウキはそれに気が付いて近くに寄ると話しかけた。


 「遅かったな」
 「ごめン」
 「急ぐぞ、敵の数は結構多い」
 「分かってル」
 「じゃ、俺はマリアの面倒見ながらだから」
 「任せテ、先に下りてるかラ」
 「おう、行ってこい」
 「うン」


 その言葉を最後に、ブースターを全力で吹かすとまっすぐ地面に向かって行く。邪魔するものは、切り捨て、撃ち抜き
 五分もしないうちに彼女は見事包囲網を突破して降り立った。
 そのそばに、詩音と朱鷺も降りてくる。
 彼女たちは三人で背中を合わせると、お互いの死角を補い合いながら向かってくる敵を殺していく。二人はデルタに聞きたいことがあり、わざわざここまで来たのだ。詩音が代表して口を開くと話しかけた。


 「おい!! 敵の数は!!」
 「少し待っテ、今数えているとこロ」


 魔力レーダーを活かして大体の敵の数を割り出す。
 細かい数こそ分からないが、これで大まかな数は分かる。計測にまで一分もかからなかった。


 「四〇〇から五〇〇かナ」
 「……少なくないか!?」
 「詩音の言う通りだ」
 「そう言われてモ……」


 一個師団が動員されるということは、千五〇〇から二千いてもおかしくはない。多少は出撃していていないとしても、千以下というのはどう考えてもあり得ない。衛星での計測に間違いがあったのか
 もしくはこっちの襲撃がばれていたか
 だが、ここを制覇するのに数が少ないのはありがたいことだった。
 話を聞いて少し考え込んでいた朱鷺だが、近くに司令官の魔法少女達がいるのを見てそこに向かって行くことにした。彼女たちは、顔見知りだった。最後に二人に向けて一言いい残しておく。


 「国連軍はどうだ?」
 「え?」
 「あっちの動きがばれていたのでは?」
 「可能性は、あル」


 冷静にそう返すデルタ
 だが、それは最悪のパターンだった。


 「まぁいい。私は行く」
 「司令官?」
 「二人いる」
 「なら、私モ」
 「おう、背中は任せとけ」


 その言葉を背に、朱鷺とデルタは司令官に向かって飛んで行った。詩音は二人の背中を守るために一人、戦闘態勢をとる。両掌から氷の氷柱を生やすと、その先を翼の少女たちに向ける。
 ついでに光弾をいくつか生み出し、先に飛ばし、攻撃する。
 ドンッ!! ドンッ!! という爆発音が響く。
 その後で詩音は飛び上がると敵に向かって切りかかる。


 「ぶっ殺すぜ!! 覚悟しな!!」