アリーナ戦 その③




 デルタは指先からレーザーを放つと、それで撃ち抜こうとする。。彼女はそれを見事にかわすと、ボウガンの矢を連続して放つ。
 目の前にまで来たそれを、両手を高速で動かして弾き飛ばした。
 二人の間の距離がさらに開いていき、十mほど


 「やるじゃん!!」
 「…………殺ス!!」


 舐められている
 そう思ったデルタは、腰の装甲を展開しそこからレ―ザーを放つ。予想外のところからの予想外の攻撃に、薔薇は目を丸くするものの、反射的に手の平を広げると能力を使って対処をする。
 指先から糸のようなものが放たれると、それが繭を作るように自分の周囲をグルグルと回り始める。
 レーザーはそれに命中すると、バチュンッという儚い音をたてて消える。
 デルタは魔力で織りなされたそれを見て、訝しげな顔をして呟く。


 「何こレ」
 「糸なのです。これが私の能力なのですなのです」


 そう言って大量の糸をデルタの方に向かわせる。それで捕まえようとしているのだが、そううまくいくわけがない。
 デルタは両腕のエネルギー刀でそれらを切り裂き、そのまままっすぐ薔薇に向かって行く。


 「殺してあげますます」
 「やってみナ」


 薔薇がボウガンの矢を放ち、デルタはそれを眼前で掴んだ。
 二人は視線を合わせてジッとにらみ合う。
 デルタは目からレーザーを放ち、顔面を吹き飛ばそうとする。だが薔薇は首を傾げてそれを躱す。だがレーザーは頬を少しだけ掠めて酷い火傷を残していく。
 薔薇は目の端でそれを見ると、冷たい表情を浮かべる。


 「生意気なのです!!」
 「うるさイ!!」


 デルタは指からワイヤーを放ち、薔薇も同じように糸を放つ。
 お互いの両手から放たれた色とりどりの二十筋にそれらは、一本一本正面からぶつかり合うと、そのまま勢いが死んでしまい垂れる。薔薇は腕を振るい、デルタは回収をしながらそれぞれを鞭のように振るう。
 バチンッという激しい音が鳴りあって、ぶつかり、弾かれる。
 このままでは埒が明かないのでデルタは一度距離を取ることに決めると、肩にある緊急回避用のブースターを吹かすと後ろに飛ぶ。


 「逃げてはいけないのですです」


 そう言って薔薇は雲のように大量の糸を放つとそれでデルタを捕らえようとする。
 しかし、遅かった。
 デルタは急いで右胸の装甲を展開するとそこにある大きな砲門を露出する。プシュッという軽い音がして、起動する。ゆっくりと銃身に当たる部分が伸びていくと、淡い光を放ち始める。
 魔力の充填が終わるまで約十秒
 異変を察した薔薇が鋭い糸をまっすぐ伸ばす。
 デルタは下手に動くことができないので躱せない。代わりに左腕をかざすとそこで攻撃を受ける。
 ベキッという嫌な音がして体の表面に張っている薄い魔力のシールドが突破されると、あっさりと突き抜ける。内部の危機がいくつか潰され、コードがちぎれる。傷跡から透明な冷却液が血液のように流れだす。
 痛みも違和感もない。
 だが、嫌な感じはする。