全滅




 アリーナ周辺はまさに摩天楼といった様子だった。
 もちろん翼の少女や絶望少女が集中している場所が非常に近くにあるため、すっかり荒廃してしまい誰一人として住んでいない。前まではなかなか活気あふれる町だったが、その片鱗すら見て取れない。
 ゴーストタウンというにはあまりに豪華だがそれだけだ。
 今ではその代わりと言っては何だが約八千人からなる国連軍の一個師団がアリーナまで真っ直ぐつながる大通りを進軍していた。
 レーザー銃を手にした歩兵に、戦車、戦闘ヘリまで動員されている。
 はっきりしたことを言うと戦車など役に立たないのだが、アリーナの壁を破るのに利用される予定なのだ。


 彼らは戦場に向かうとは思えないほど軽い雰囲気を身にまとっていた。その理由とは単純で、フレイヤ達研究所の魔法少女がすでに戦闘を行っているからである。彼女たちが向かった戦場で負けは殆どない。
 というのも、彼女達だけで戦闘が終わってしまうことが多いからだ。
 わざわざ国連軍の兵士が戦わなくてもいいのだ。
 それでも出撃する理由はただ一つ、面子だ。
 彼らからすると、小さな研究所に所属しているたった六人だけで戦闘が終わっては、世界のためで戦っている自分たちの意味がない。世界のために戦っているアピールをするためにわざわざ戦場に向かっているのだ。
 それに、国連は魔法少女を信頼していないということもある
 しかし今実質世界を救っているのは世界に点在している魔法少女達である。


 彼らは隊列を組み、道を進む。
 一応警戒しているがどこか身が入っていない。
 そんな中、戦闘をきっている一人の兵士が数十m先にいる彼女を見つけた。



 彼女は道の中央で佇んでいた。
 明るい日光を吸収するどす黒い体で、ただひたすらジッと軍隊を眺める。普通の少女のサイズをしており、絶望少女とはまた違った特徴を有していた。目が真っ赤に光り輝いて、口はまるで三日月のようにぱっくりと開いていた。
 わずかばかりに吹く風に体の粒子が乗って、ローブのような体がまるで陽炎のように揺らいでいた。
 戦闘の兵士は訝しげな眼でそれを見る。


 違和感は一つや二つではなかった。
 まず、あれは確実に味方ではない。ということは自分たちの動きがばれていたということになる、それはあり得てはいけないことだった。次に彼女の周りに他の翼の少女や絶望少女の姿が見えないことだった。
 つまり、彼女はたった一人で自分達一個師団を相手しようとしていることになる。
 たとえ強力な魔法少女や絶望少女であってもさすがに八千人を相手にできるはずがない。
 それに先に敵を見つけたのはこちら側だ。