フレイヤ その①



 マリアが一人物思いに耽っているとフレイヤがその隣に座って話しかけてきた。


 「どうかしら?」
 「え、何がです?」
 「戦う理由、どうかしら」
 「あ……」


 忘れていた。
 自分のため、自分のためと何度も言い聞かせているうちに完全に頭から抜け落ちていたのだ。これはどういうことなのだろうか、戦いに熱中するあまり、細かいことを忘れてしまったのかもしくはどうでもよくなったのか
 果たしてどっちなのかまではよく分からないが、どういう訳か気分は非常にすっきりしていた。


 言われて初めて思いだした。
 マリアはとたんに暗い顔になる。
 フレイヤはそれを見て、より一層明るい笑顔になるとこうフォローを入れた、


 「いいのよ、深く考えなくって」
 「でも……」
 「あなたは強いわ、でも、それゆえに誰よりも弱いのかもしれないわ」
 「え……?」
 「頑張って戦いなさい、私応援しているから」
 「あ……ありがとうございます」


 ポンッと肩に手を置かれる。
 まるで母親に期待されているようで、マリアは嬉しい気持ちになった。


 まさにその時だった。
 朱鷺はいきなり顔を上げると大きな声で叫んだ。その声は、半分寝ていた詩音の耳にも飛び込んでいった。


 「やばい!! フレイヤさん!!」
 「何? 朱鷺」
 「敵が来た!?」
 「なんですって!?」
 「外に放っておいた式神の網が一部突破された!! もう来るぞ!!」
 「分かったわ。みんな、警戒して!!」


 フレイヤの号令を受けて全員が戦闘態勢をとる。
 朱鷺は七節棍を構え、デルタはもう一度両腕からエネルギー刀を放つ、ユウキはいつでもテレキネシスを放てるように両手に力を込め、詩音は氷の剣を握りこむ。マリアは不安げな顔をしたまま剣を握り、フレイヤは扱いやすいサブマシンガンを二丁握りこんだ。
 朱鷺はアリーナの外壁のある一方だけをじっと見つめている。
 おそらくそこから来るのだろうと全員が察する。
 それぞれがそれぞれの得物を構え、戦闘態勢を完全に整えた。
 その次の瞬間



 アリスがアリーナに飛び込んできた。