フレイヤ その②



 フレイヤは原初の魔法少女と相対する。
 どういう訳かアリスは攻撃を仕掛けてこない。フレイヤはとりあえず先制攻撃を仕掛けるよりは様子を見た方が得策だと思ったので、いつでも攻撃を仕掛けられるようにしつつも、一度両腕の銃を下ろす。
 それを見て笑顔のまま首を傾げる。
 原初の魔法少女は、もうすでに人間の物とは違う眼球を持っている。そのため、フレイヤの姿は人間の形として映っておらず、魔力の塊にしか見えなかった。大量の魔力の壁が目の前に張り巡らされている。
 それは一魔法少女の姿としては異様なものだったが、アリスからすると大したことなかった。
 そんなアリスの胸中はいざ知らず、フレイヤはにっこりと笑うと呟いた。


 「本当に久しぶりね」
 『ハハハハハハハハハハハハ!!! だから何!? ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!』
 「あなたがここにいるということは、国連軍は全滅したのね」
 『ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!! ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!! 何を言っているのか分からない!!! ハハハハハハハハハハハハ!! 私はただ殺すだけ!! ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!』


 そう叫びながら身をよじらせて歓喜の踊りを見せる。
 非常に不気味な姿に不快感を覚えたが、それだけだ。それ以上何かできるわけでもない、ただじっと彼女の姿を見守るだけだった。アリスは人に見られていることに関して何も感じていないのか、おかしな動きを続けている。
 だが、それも長く続かない。
 突如、アリスは動きを止めるとダランと両腕を下げて空を見る。


 『私は何!? 私は誰!? 私は何でここにいるの!? 私はどうして死ねないの!! 死にたいのに!! 死にたいのに!!! 死ね!! 死ね!! 死ね!!!! ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!! 馬鹿みたいっ!!! ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!』
 「本当、無様」
 『これは復讐だ。私をこんなのにした、世界に対する』
 「なら、私のこれも復讐よ」


 毅然とした態度でそう言い放つ。
 するとアリスは何かが気に触ったようで、今度はヒステリックに声を上げた。
 しかしそれは、言葉になってなかった。



 『―――――――――――――――――――――――――ッ!!!!!!』
 「もう、終わりね」