死後 その①




 「達也、フレイヤが死んだ」
 「そうか、ご苦労だったな」



 研究所に戻ってすぐ、朱鷺が達也にそう報告した。
 すると達也は一心不乱にPCの画面を眺めながらそっけなくそう答える、どうやらフレイヤが死んだということに何も感じていないようだった。仕事の方が重要らしく、ずっとカタカタと忙しそうにしている。
 報告を終えてから朱鷺はすぐに所長室から出ていった。
 詩音は部屋に入ってからずっと、部屋の隅にある椅子に座って沈み込んだ顔をしている。良くも悪くも彼女はすぐに態度に出る正直者なのだ。


 ユウキは口数が一気に減って、表情が少し曇っている。初めて見る顔だった、悲しんでいることが何となくだが分かった。
 デルタは表情一つ変えない。彼女の顔は投影されている映像なので少しも揺らぐことが無い。だが雰囲気がいつもと違う。分かりにくいようでわかりやすいのが彼女だった。


 一方のマリアは
 怒りに満ちた目で達也のことを見ていた。
 その視線を華麗にスルーにしながら達也はこう言い放つ。


 「次の襲撃は未定だ。しばらく休め、俺は仕事がある。さっさと出て行ってくれないか」
 「――ッ!!」


 その一言でマリアはキレた。
 堪忍袋の緒がぷっつりと切れてしまった。
 顔を引きつらせながら、そのすました顔に向かって口を開く。


 「達也さん」
 「なんだよ」
 「あなた……何も感じてないの!!」
 「は?」
 「人が一人死んだんですよ!! それに私たちと一緒にいた人が!!」
 「だから何だ?」

 「人でなし!!」

 「お前もな」

 「―――ッ!!」


 マリアはキレた。
 それを察したユウキはサッと手を出すとマリアの動きを止める。それでも達也はジッと仕事を続けていた。その我関せずの態度に、苛立ちがどんどん高まっていくが手を出せない。もどかしい気持ちでいっぱいになる。
 なぜ止めたのかと批判の意味を込めてユウキの方を見る。