死後 その②



 「何するかな……」
 「え? 決めてないの?」
 「マリアは何がいい?」
 「何も分からないから、別に何でもいいよ」
 「じゃ、これで」


 そう言ってユウキは近くにあった本屋を指さす。
 マリアはそれに惹かれる。あまり自分には合わない本しか読んだことが無いが、読書は性に合っているような気がしていた。ただひたすら文字の世界に没頭する。それはなかなか楽しい経験だった。
 ユウキを先頭に、二人並んではいる。
 すると新しい紙の匂いと、数えきれないほどの量の本が詰まった棚が並んでいた。
 それを見て目をキラキラとさせる。様子がガラリと変わったことに気が付き、ユウキは苦笑する。


 「え!! え!! これ全部本!?」
 「そうだぞ」
 「見てきてもいい!!」
 「好きにしろ、ただしあまりはしゃぐなよ」
 「分かった!!」


 マリアはそう言って真っ直ぐ向かって行く。
 特に本の種類など分からないが、適当に見て回ることにしたのだ。ユウキは入り口付近にある雑誌を適当に手に取ると、手の中で弄ぶ。特に読書が好きという訳ではないので、あまりやることが無いのだ。
 正直本屋はあまり好きではないが、マリアが楽しそうなのでそれで良しとする。
 フレイヤが死んですぐ、こんな場所へ連れ出したのは元気づけるためだ。
 何とかうまくいきそうだった。
 一方のマリアはクライシスとコソコソと話しながら、本を選んでいた。


 「何が読みたいんだい? マリア」
 「とりあえず読みやすいのかな……クライシスはなんかおすすめない?」
 「ボクはよく分からないけど、ミステリーとかどう?」
 「それって読みやすい?」
 「お世辞にも読みやすくはないかな」
 「話聞いてた?」
 「聞いてない」
 「ふざけないでよ」
 「ごめんごめん」


 二人の仲はなかなか良好だった。