寂しい人と変わり者②

 ぬるま湯の悲劇はまだ続く。
 アキコの家を目前にして携帯電話が震えた。着信の内容はバイト先の責任者からの解雇通達だった。
 職場を荒らしたにも拘らず正しい報告をしなかったのだから仕方がない。そもそも報告のしようはないのだが。それに、たとえ職場荒らしがなかったとしても、遅かれ早かれいずれは解雇される筈だったからアキコを特別恨むこともない。
 ないのだが、心の内には苦悩が溜まっていき、ちょっとした問題を引き起こしてしまう。

「顔が暗いよ。気持ちは分かるけどさ」
 資金を得ることが出来ず、挙句に現職まで失う。それだけならいいが、十個以上も歳の離れた少女にそれらを伝え、再び家に泊まらせてもらうことになったのだからプライドはボロボロだ。その翌朝は顔も暗くなる。
「悪いな。だが、ただ落ち込んでいるだけじゃない。既に次の手は考えてある」
「次の手って。そんなに焦らなくてもいいじゃん。ここに泊まる分には構わないからさ」
「そういう訳にも行かない。とにかく、資金を集めなきゃいけない」
「豊。なんか、おかしいよね」アキコがみそかに同意を求めると、みそかはゆっくりと頷く。
「そうか?それより、みそか、おまえに協力してもらいたいんだよ」
「協力?」みそかは首を傾げる。

「ハズレか」
「ハズレダ」南アジア系の男性に姿を変えたみそかがカタコトで言う。
 そして、くねくねと踊り始め、「豊、ナマステ」と呟いた。
「どこで覚えたんだよ」俺は項垂れる。
 河川敷は便利だ。よほど派手な事をしないかぎり、気に留められることもないのでこれ位の作業には持ってこいである。
 元の姿に戻ったみそかは、地面へ無造作に投げられた衣類の山から別の上着を羽織る。
 彼女の全身が膨らんでいく。何度見ても、不思議な光景だ。そして、あっという間に中年男性に変わり、俺は思わず舌打ちをしてしまう。
「また外れか。もう少し選別した方が良いか?」
「ねえ、何がアタリなの?」
「女だ。若い女」
「そう」
 純粋なみそかに対して物騒な言葉を正直にぶつける。こんな時、みそかは深く考えず、追及することもないから楽でいい。
 このままでは埒が明かないため、己の貧しい感性で女性らしい衣類を選び、みそかに渡す。
 これで、いったい何十枚目だろうか。紺色のダッフルコートをみそかに差し出す。彼女も肩が凝ってきたのか、両腕を回してからそれを受け取った。それを見て、流石に小さな良心が痛む。
 だが、彼女がコートを羽織ると、その気持ちはすぐに吹き飛んでしまった。
 みそかは、長髪の20代女性に変化したのだ。
「きた!アタリだ!」
 俺が飛び跳ねると、「やった」と、みそかもつられて飛び跳ねる。
 そして変身したみそかの顔写真を携帯電話で撮影する。やや面長でくっきりした瞳の中々綺麗な女性の姿である。
 まだ一人目だが、達成感で溢れた。
「あ、いた」
 河川敷の斜面の上から声が届いた。丁度良いタイミングで現れたのはアキコだった。
 彼女は荒れた斜面を戸惑うことなく降りてくる。その勇ましい姿はアウトドア系の服装を纏ったアキコに良く似合っていると思った。
 そして、アキコは怪訝な表情で俺が集めた衣類の塊をみつめ、「なに、この服の山は?それに、みそかだよね?誰に変身してるの?」と、俺に尋ねる。
 彼女の問いに対して、有頂天に達した俺は容易く口を切ってしまう。
「その服は、俺が近所のゴミ捨て場からかき集めたんだ。みそかが変身してるのは、この近隣に住む、身分不詳の女性だ。これがアタリなんだよ」
「そう、アタリ」
「二人とも、なに言ってるの?」アキコの顔が引き攣る。
「これが資金集め。つまり商売なんだよ。まず若い女性に変身できる衣類を集めるだろ。そして何人か集まったら、男性向けに女性との出会いを斡旋する仲介業を始めるんだ。専用のホームページなんかを開設してな」
「それって」
「いわば、出会い系サイトだな。勿論、顧客の管理や連絡は俺がする。みそかが誰にでも変身できると言っても、身体は一つだから予定も調整しないといけない、その分人件費は少なくて良いが」
「本気で言ってる?」アキコの顔が強張る。
「勿論、本気さ。まだ準備の初期段階だけどな。そうだ、アキコも登録者になってみないか?」
 すると、アキコが大きく溜息をつく。
「いろいろ、指摘する事はあるんだけど、とりあえず」
「とりあえず、なんだ?」
「ふざけんな!」
 アキコが叫び、間もなくして彼女の拳が飛んでくる。そして吸い込まれるように俺の左頬にヒットする。