寂しい人とむかしの人

 バンは川沿いの道を走り続けている。
「それ、まだ着ていたんですね」
 源静香は俺の羽織るコートを指して言った。
「大事にさせてもらっているよ。これ、結構な高級品らしいな」高価な物だと知ったのは最近の事だが。
 みそかが変身に使用する際に言っていたもう一人の人物とは、静香だったのだろう。
「だけど、そのフリースとの組み合わせは微妙かな」
「これも大切な物なんだよ」
 すると静香は、フリースをじっと睨み付け、「浮気性は相変わらずですね」と呟いた。
 なんだそれは。



二年前

「今回の見積書になります」俺は茶封筒を差し出す。古典的な手段だが、情報漏洩を防ぐためには一番確実な方法らしい。
「はい」使用人の男は無機質に言って、封筒を受け取る。
 俺が踵を返し出入り口に足を向けると、そこには静香が立っていた。
「いつもありがとうございます」
 彼女は権威者さながらの傲慢さなどは少しも感じさせず、謙虚に頭を下げる。
「それでは、私が送っていきます」
 彼女の言葉に使用人は一瞬たじろぐが、いつもの事だと引き留めることはしなかった。
 二人そろって木々の生い茂る庭へ出て、俺はシャツの襟とネクタイを直す。
「そうやってすぐに身なりを整える癖は、女性慣れしていないみたいで格好悪いですよ」
「うるさいな」
「ところで、そのカバンにつけたストラップは誰にもらったんですか」
「客にもらったんだよ」俺が選んで購入した物ではない事はお見通しらしい。
「モテるみたいで、羨ましい」
「そういうのじゃない」
 贈り主が女性であることも悟っているようだ。
 源邸の周囲に広がる森の中での密会。
 都心では見かけない野鳥が休んでいる。
「週末の虎ノ門、覚えてますよね」
「ああ。ちゃんと計画してる。静香が上手く抜け出せる事を期待しているよ」
 今週末は虎ノ門で開かれるイベントを抜け出し、俺と密会する予定がある。
 俺と静香の間柄は、やはり公に出来ない関係で、毎回こんな手段を選んでいる。
 公になった場合のリスクは大きく、俺はともかく、会社への損害は計り知れない。正直、社会人として失格だろうが、関係を解消することは出来なかった。
 冴えない日常に突如現れた非日常への分岐点。その道に足を向けずにはいられなかった。
 そして、その非日常から目を醒ます事は未だできずにいる。
「難しいね。世間には七人の敵がいる」
「七人?誰の事だ?」俺が聞くと、静香は軽蔑するような眼差しを向ける。



現在

 源邸宅まで数キロと差し迫り、多摩川沿いに車を停車した。
 他にも数台のバンが停まっている。
 降りると、百人は近い群衆。
 俺は隣の源静香に視線を移すと、彼女はそっと頷く。
「既に説明した通り。私の集めた仲間達です」
 俺が集めた数人の仲間に対して、静香が集めた圧倒的な数の同志達。数が全てではないだろうが、流石に差が開きすぎていると惨めな気分に包まれる。
 実際、彼等は源静香の影響力に集まってきている訳なのだから。
「こんな目立つ事をしていて大丈夫なのか?」
「ここからは急行なので問題ありません。行き着く先は、見えませんが」
 そして俺は彼女に背中を押される。
 何か言えという訳だろう。
「今回、リーダーを務める竹ノ内だ。それぞれ秘める思いは違うだろうが、志は共有している筈だ。どうか、力を貸してほしい」
 リーダーか。自分で言っておいて、おかしく思う。
「悪くなかったんじゃないですか」静香は言う。
「うるさい」
「そんなに深く考えない方が良いですよ」
「なんだって」
「彼等はあくまで同志ですから。どんな被害を受けようと自己責任なんですよ。そもそも、この騒動を始めたのは、」
 静香が話している途中で、諸星が割って入るように、「そろそろ。私のお仲間にも声をかけますね」と言った。
 彼の言う仲間とは、以前宗教団体に捕まった際に、桐谷の能力を披露し、心を掴み引き抜いた人々らしい。