第1話① ヤバい依頼って?

 朝日が夜露で湿りきった町を明るく照らす。住宅街からは朝食を作っている湯気が所々立ち上っている。
そして住宅街とは不釣り合いなほど高くそびえ立つ中心街のビル群の窓ガラスが光を反射し七色に光輝いていた。
 
 中心街に近ければ近いほど富裕層が生活する高層ビルが並び、遠いほど利便性が悪いので貧困層が集まり違法建築の
集合住宅が並ぶ。夜は郊外から中心街まで独特な光のグラデーションを作り出していた。
 

 そして、貧困街の片隅にある”どんな案件も”扱う変わった便利屋が存在する。
普段はお使い代行、家の掃除、迷子になったペットの捜索等、普通の依頼をこなしているが、ある時はテロリストのアジトを特定、またある時は12年間行方不明だった殺人犯への報復。
ただ、世間一般にはこの裏の顔はあまり知られていない。特殊な事案なら尚の事知られていない方が良い。
事務所には 黒猫、白猫と呼ばれる2人の変わった女がおり、ここを知る人間は「猫の便利屋」と呼んでいた。     


 2013年10月7日 


 「ありがとうございます。こちら猫の便利屋……だから、うちは手打ちそば屋じゃないです! 」

 間違い電話が頻繁に続き、白猫は耐え切れず電話口で叫んでいた。ひび割れた鉄筋コンクリート造のビルに叫び声が響き、割れが進みパラパラと破片が落ちて来たように思えた。
声の主は興奮が冷めぬまま受話器をガシャンと強く叩きつけて振り向く。彼女の目線の先には適当なファッション誌を顔に乗せてソファーで昼寝をしている黒猫がいた。

 「くろさん!くろさんってば!」
  
 寝ている黒猫に声を掛けても一向に起きる気配はなく、ただ寝息だけが憎たらしいほどリズミカルに聞こえてきた。その事にカチンときたのか白猫の中で何かがはじける。

 「いい加減に仕事しろ、黒猫ーーーー! 」

 白猫は持っていたコーヒーカップを黒猫へ目がけて投げた。
カップは寝ている横顔に命中し、んがぁあっ! と叫びながら左頬を抑えて黒猫はとび上がる。頬は真っ赤に腫れ上がって黒猫は涙目になりながらさすっていた。

 
 「い……いってぇな……何だってイライラしてるんだい。あの日ですか、多い日ですか、殺すぞコラ!」

 「うるさーい、全然ちげぇよ!」

 「じゃぁ、何だ。一昨日の合コン失敗引きずってんのか。大体お前の爆弾発言で連中引いてたぞ! 」

 「……ほら、久しぶりにお持ち帰りとかされてさ……間違いとか有ってもいいかなーって」

 「その調子じゃ、痛いキャラのまま閉経迎えるぞ……まぁ、今度はアンタの好きな細マッチョのダチに声掛けるけどさ」

 「ホント? って、話を逸らすな――――!」


 少女は、黒猫が寝ているソファーをぐるりとひっくり返した。
 その勢いで顔から落ち、後頭部をかきながらゆっくりと起き上がる。
 

 「あー……なんですか?ノラ。というか何で昼間から顔ボコボコなんだあたしゃ……」

 「ノラじゃないです。私は仕事上、白猫っていうコードネームがあります! ちゃんと呼んでください。」

 「わかりましたよ、野良ネコちゃん」 


 黒猫は、白猫の要求に頭の上でひらひらと手を振りながら答えた。少しづつ場の雰囲気が悪くなっていく。殴り合いこそ無いが、猫の便利屋では暇を持て余すと喧嘩が勃発する。男より血の気が盛んな女と彼女らを知る人物からも言われているが本人たちは否定していた。

 
 「まぁ、どーしてこうヒステリックなのかねぇ……おぉやだやだ」

 「どーしても何も無いですよ。解ってますか?この状況!」

 白猫はおもむろに今月の予定表を指さす。休みとゴミ出し以外の日には何もチェックが入っておらず、ほぼ空白の予定表が空しく壁に掛けられていた。

 「どうせ、仕事がないから収入厳しいとか言いたいんだろ?」

 「そこまで解ってるならなんで行動しないんですか!」

 白猫は不満を黒猫にマシンガンのようにぶつけながら、ブロンド髪の頭をわしゃわしゃと掻き毟る。せっかくの繊細で流れるような髪が一瞬にしてちぢれた中華麺のようになってしまった。

 「そりゃ、あたしらが扱うような案件……困りごとが無いほうが世間一般的にはいいですけど……でも……」

 「でも?何だよ。」

 「ここは一回どかんと、誘拐事件でも起きてくれないかなーって……」

 白猫の爆弾発言で場の空気が一気に冷めていく、黒猫は心なしかサーッと何かが引いていく擬音が聞こえたように思えた。そしてお互い熱が冷め、冷静になった黒猫が白猫を諭しはじめる。

 「……お前、自分の言ってる事わかってるよな?」
 
 「どうせ平和を愛せませんよだ……」

「って、こんなんだから蕎麦屋の出前の電話が間違ってかかってくるんですよ。ちゃんと選ばずに仕事して依頼が増えればこんな事態にならないんです!」

 白猫はどうしてもこの暇な状態を打破したいようだが、ダラダラ感を謳歌したい黒猫にとっては正直どうでも良い事だった。

「あ、今出前のバイク出ましたー。とでも言っとけばいいじゃん……ぶふ……蕎麦屋大迷惑(笑)」

 黒猫の呑気な発言を聞いて、白猫は再び頭を抱えてしまう。
しばらくすると、入り口の方から誰かが階段を上る足音が聞こえてきた。そして、頭を抱えていた白猫のテンションが急上昇していく。

「あっ、ほら、来ましたよ。私たちの食いぶちが来ましたよ! 」

「昼寝の途中だってのに……くだらない依頼なら断るからね。ノラ、お茶の用意」

「了解です! くろさん」

 白猫は手際よく急須の用意と、戸棚から、包みに『とらねこや』と書かれた羊羹を出す。
しかし、事務所のドアを開けたのはいつも見慣れた顔の男だった。


「おう、お前ら。何か茶でも飲ませろよ」

「なんだ、藤原さんかー」

「なんだ、ヤカン刑事か……」

「なんだってなんだよ……誰かと約束でもしてんのか? 」


 扉の縁からはみ出すほどの大柄で灰色のスーツをだらしなく着ており、ごつごつとした濃い顔つきの男が入ってきた。刑事と呼ばれる男の名は『藤原 豪太郎』

白猫とはたまにお茶を飲んで暇を潰している仲である。黒猫とは旧知の仲で、頭が沸騰するとピーピー煩いので「ヤカン」とあだ名を付けられていた。

「チャージ料と指名料取るぞ。こっちは善意でやってんじゃねーんだよ。第一、若いねーちゃん捕まえといて
タダでお茶飲めるなんて都合良すぎ……」

「なら、お前らが今所持している物騒な物と色んな人物との繋がり全てを警察本部に連絡してやろう。(自主規制)から買い上げた(自主規制)式の(自主規制)とか、あれとかこれとかそれとか……
小学生風の黒づくめの女が車に大量の武器を隠し持っているとなればすぐガサが来るぜ? これでこの事務所も灰になるか……あぁ残念残念」

「うーわ……えげつねー……かわいい女の子捕まえてそこまで言うか」

「だーれが女の子だ。お前みたいなの女として見る男なんざロリコンかサイコパスか地球外生命体ぐらいなもんだ」

「地球外生命体でも結構、地球の男に飽きたところよ。嬉しくて高熱が出ますわ」

「解熱用の座薬代わりにそのうち鉛玉ぶち込んでやるよ」

「上等、てめーのきったねぇ息子よりは100倍マシだね」

 黒猫と藤原のこのやりとりはいつもの事である。大体このやりとりが飽きるまで続けられた後に白猫がお茶を差し出して場をなだめる流れだ。

「いつもながらお二人で下品ですよ。というか今どきの子供でもそんな暴言吐きません。藤原さんは、ほうじ茶でよかったですか?あとこれ、とらねこやの栗羊羹、早速切っちゃいました」

「おい待てノラ猫、誰が今どきの子供だよ。どさくさに紛れて暴言吐いてんじゃないよ」

「あ、あぁ。ありがとな。白ちゃん」


 黒猫とにらみ合いをしていた藤原刑事だが、白猫に声を掛けられると一気に表情を緩ませ、鼻の下も心なしか伸びている。
 黒猫はやれやれといった顔でテーブルに頬をつき、ため息をついた。

「それよりも切裂き魔の事件、もう少しスマートにできなかったのか。お前らが狙撃した銃創の説明を付けるだけでも大変なんだぞ」

「犠牲者増えても捕まえられなかった警察が悪いだろ。あたしらに頼んだ時点で間違えてんだよ」

「まぁ、その辺りは何とも言えんが……問題はそこじゃない! なんだあの豚の内臓は! 」

「あいつの趣味だから、大人しくなると思ってプレゼントしてやったんだよ」

「だからと言って首に巻いたりあちこちにばら撒く必要があるか! 一瞬何が起きたと思ったぞ。おかげで何も知らないうちの若いのがビビりまくって応援を呼ぼうとする始末だ」
 
 黒猫の遊び心は藤原刑事にとって仕事の邪魔以外何物でもない。以前から素行の悪さと大胆さで何度も対応に困ったことがある。そのたびに説明を本部に要求されていた。
ただ、それを帳消しにするほど黒猫の事件解決までのスピードは警察の比にならないほど早い。

「あと、例の薬の事だがやっぱりジャックも使ってたんだな。奴の毛髪から成分が検出されてたぞ」

「知ってるよ、目の前で飲んでたしな。『フェアリー』……誰だよ可愛い名前付けたの」

「大体、女性受けしようと思って可愛い名前付けるんだよ違法薬物ってのは。俺が今まで出会ったブツには
チョコとかマッシュルームとかな……大抵そういう名前が付いていたよ」


―――― 危険ドラッグ『フェアリー』

服用した人間の望む力を一時的に手に入れられる夢のような薬。
パンチ力、跳躍力、ダッシュ速度、思考……あらゆる人体の能力を1つだけ著しく向上させる。
過去にドーピングの1つとしてスポーツ選手が服用していたが、さらにこの効果を長続きさせる事で有事に使用しようとした政治家も現れた。
その精製方法が何らかの形で流出し、マフィア等が独自で精製した『コピ―品』が流通し始めてしまう。

そのコピー品を使用した犯罪が後を絶たず、貧困の差が激しく司法の目が末端まで届かない猫柳市では大きな問題となっていた。


「粗悪品を重ねて服用すると副作用で頭ン中のタガが全部外れて暴走……妖精とはほど遠い効能だっての」

 藤原刑事は腕を組みながら、ため息をつく。

「その暴走ってのが厄介だ。数か月前の話だが、ラリってホームレスの顔面を4分の3引きちぎる奴がいたみたいだしな」

「今回は4粒目だったよ。完全に自分を失って、欲望のまま動く化け物だった」

「その危険性はお前が一番知ってるだろう。お前には悪いがその解決力を見込んで手伝ってもらう事にしている。もちろん本部には内緒だがな……ところでお前さんのとこの進展はあったのか?」

 黒猫は藤原の質問に対して何も答えず、ただ白猫が入れたほうじ茶をすするだけだった。

「まぁ……お前の問題はかなり深いからな。その成長できない体が……」

「ヤカン、お茶がぬるくなるよ」

 話題を変えたい黒猫に勧められ藤原は白猫の淹れたほうじ茶に口をつける。
 
「おぉ、このほうじ茶……香りがものすごく良い。白ちゃんもしかしてお茶の銘柄か何か変えた?」
   
「藤原さんのために工場ではなく、店頭で焙≪ほう≫じてるお茶屋さんを見つけましてね、そこの店主が……」

 そしていつもの白猫のお茶についての話題から始まる。大体、この話題になると3時間は続くのだが、今日は少々事情が違うようだった。

「クロ……ちょっといいか」

「うるせー、黙ってうちの糞ビッチとお茶談義してろよ。残り少ない髪の毛を焙じてやろうか」

「ふざけてないで、俺の話を聞け。それに俺は禿げていない」

 一気に場の雰囲気が変わる。
藤原の表情がさきほどの和やかなものから真剣なものへ変わり、事の重大さを物語っていた。黒猫はソファーに深く腰掛け直し、藤原へ問いかける。


「なんだい、またヤバい話でも持ってきたのかい?」
sage