ウンチストーリー

女生徒「キャー!隼人君がうんこを漏らしたー!」

隼人「待って!待ってよ!これは...」

生徒「プークスクス」

隼人「違う、違うんだ!漏らしてない!」

ウンチマン「人の名前を間違えるとは心外だな」

生徒「う、うわぁ!うんこが人の形になった!」

ウンチマン「うんこではない、ウンチマンだ」

ウンチマン「女生徒、嘘つきはよくないなぁ...」

女生徒「な、なによ!」

ウンチマン「俺は知っているぞ、このうんこの持ち主は君であるということをな」

女生徒「...ハァ?何を言っているの?」

ウンチマン「君は教室でうんこを漏らしてしまった」

ウンチマン「だからその事実を隼人君に擦り付けたんだろ?」

女生徒「ふ!そんな話あるわけないじゃない!証拠の一人でも出してみなさいよ!」

ウンチマン「...」

ウンチマンはパンツを握りしめ、その腕を挙げた

女生徒「なっ!」

ウンチマン「教室のゴミ箱に落ちていたものだ」

ウンチマン「女物のパンツにうんこが付着している」

ウンチマン「隼人君、女装趣味はあるかい?」

隼人「え、いや...特に...」

ウンチマン「決まりだな」

女生徒「そ、そんな...」

ウンチマン「...叩いてうんこの出ない人間はいないという言葉がある」

ウンチマン「それにうんこを"隼人君"に擦り付けたのは、自分のうんこを隠したかったからだけではないだろう?」

女生徒「!?」

ウンチマン「便秘は体によくないぞ、早く出してしまえ」

女生徒「...」

女生徒「じ、実は...私、隼人君の事が...」

女生徒「す、好きです!付き合ってください!」

隼人「えっ!?」

ウンチマン「好きな子にはイジワルをしたくなる」

ウンチマン「俺はそういう素直な人間が好きだ」

ウンチマン「さぁ、今度は隼人君の番だ、私が背中を押してやろう」

隼人「...」

隼人「こちらこそ」

生徒「」パチパチ

ウンチマン「うんこを通して芽生える恋愛、素晴らしい」

女生徒「あ、あの、うんこさん...」

女生徒「あり...がとう...」

ウンチマン「...ウンチマンだ」