第十四皿目 もう涅槃に還ろうか?

 アクターになってから良くわかんない妄想が見えるようになった。

 妄想が見える、なんて日本語はないから出来るだけ分かるように伝えるけど、夜眠っている時や電車やバスでの移動時間なんて具合の、日常のちょっとしたスキマ時間にその妄想が実体を持った存在のように私に語りかけてくる。

 逆光で、もやのかかった女性のシルエット。その人は私に懇願するように体の前で手を組んで私に声を挙げている。

――こんな事、クラスの友達に言っても気味悪がられるだけだし、同じような名前のアクター能力を持っている兄はアクターの頂点を決める『アクターズ・ロワイヤル』に出場するためにもう二ヶ月を家を空けている。

 うーん、どうすれば良いものか。このままではラチが開かないし、何しろ知らない人に日常を監視されているみたいで嫌だ。相手が女性じゃなくて毛むくじゃらのおっさんだったら普通にストーカー案件。でも現状アクターを裁く法律は無いみたいだし?


 そうそう。私の名前は日比野六実。インドで拾ったコンパクトから現れた謎の光によりチベットの鼓動をその身に宿した現役女子高生。

 私に語りかけてくる女の人はどうやら私がアクターの状態でないと会話できないという見えない壁があるらしい。私はコンパクトを開いてチベットガールというアクターに変身し、その人物と対話を図った。

※※※

「で、ボク達がこの場所に集められた訳だ」

 私達が住んでいる向陽町の体育館。貸切ったそのだだっ広い空間に全国から40人を越えるアクター使いが集結していた。

「本戦にいけなかったアクターのみんなが全国から集まってきてくれた。こうやってサイトで呼びかけた訳だけど、どうするつもりさ?」

 頭の後ろで手を組んで声を伸ばす少年、オクタアンクのアクター能力を持つキタローが壇上に立つ私に声を伸ばす。

「確か向陽町は『ロワイヤル』放送のパブリックビューイング会場に選ばれていたな?」格闘技者として正義の心を取り戻した『ライ&カメレオン』の能力者、柳下誠二が私の後ろで声を出す。

「インドマンはこの町の出身だだったべよー」「贔屓だがや!」ステージ下でガヤり出す他アクターを見て私はステージ台上のマイクを握り締める。

「こら、期間内にカードを集められなかった田舎モンは黙ってて!…今日この場にみんなを呼んだのは理由があるの。変身!」
「うわ、あの女の子アクターに変身したぞ!」
「待て!構えるな!…何か彼女に考えがある筈だ」

 変身アイテムを構えた他アクターをいさめる柳下さんの声を受けながらチベットガールに変身する私。そういえばアクターは動画投稿者じゃないと変身できないのに何故、ふつうの高校生である私が変身できるんだろう?

 ある日ふと思いかえってみると私は以前、仲のいい女の子と双子ダンスをSNSにあげていた事があった。結構いいねが付いたりして張り切って投稿してたんだけど、確かクラスの男子のおかずにされているのに気付いて止めたんだったっけ。たはは。

「この女、笑ってるだぎゃ!」
「六実おねえちゃん、回想は後!早く事情を話してよ!」

 せわしないキタローの態度にまったくもう、と肩をすくめて私はみんなに呼びかける。

「ユーチューバーとしてイマイチ一皮剥けない中堅動画投稿者のみんな。ラ・パールから送られて来た変身アイテムでアクターになったみんなに伝えなくちゃならない事があるの。この映像はアクターの状態じゃないとみれない。んで、その場でそれぞれ変身して」

 私の声でおずおずと変身アイテムを構えるステージ下の数十人のアクター達。「変身!オクタアンク!…って、うわぁ、びっくりした!」先陣を切って変身し、映像の内容に大げさに尻餅をついたキタローを見てみんな集団意識で変身を始める。その映像、というのは私が日々悩まされてきたあの女の人による内容だった。


「始めまして。私はラ・パールのVRシステムの基礎開発業務に携わった昆 真央こんまおと申します」

 長い髪を後ろでひとつに結った肌の張りからして30歳前後と思われる芯の強そうな女性。それぞれがアクターに変身した姿で彼女を見上げるとその真央と名乗った女性は私たちに言った。

「私は10年に渡り、ラ・パールのアジア支部での勤務に就きながらVRシステムの実用化に向け尽くしきました。しかし、ある時知ってしまったのです。会長や上層部がこのシステムを使った争い事を起こそうとしていると」
「ん?どういうことだ?」
「アクターシステムについて話しているんだろ」

 真央さんの会話のテンポに慣れないアクターのひとりを柳下さんがたしなめると彼は真央さんに向き直ってこう質問した。

「つまり、俺たちが手にしたアクター能力が人々の争いのきっかけになり、いずれ戦争の道具にも成り得ると?」
「はい。飛躍した話に思えますがラ・パールはこの日本大会を通してアクターバトルの情報を集め、世界中を巻き込んだ闘争を引き起こすと見込まれます。VRによる非日常からの日常の支配。その時は刻々と近づいています」
「確かにアクターの能力を使えば犯罪行為や一般人を暴行するにはたやすい」
「でもさでもさ、ボク達がアクターとして能力を使えるのは威力の低い遠距離攻撃を除いてバトルの時に出てくるアクター空間の中だけなんでしょ?だったら悪いアクターが出てきたらボクらがヒーロー然としてそいつらをやっつければいいだけなんじゃないの?」

「馬鹿ね。キタローは」現実が見えていない小学六年生を見て私の他に誰かが溜息を溢す。

「少年、君も使っているであろうスマホはどうやって普及した?」
「そ、そりゃあケータイひとつで何でも出来るハイスペックな機能とネットを広い範囲で使えるようになるWi-Fiでしょー?」

 そこまで言ってキタローは気付いたように口許へ手をやった。「そう。アクターが人々にその存在を数多く認知されればラ・パールは社会的に開発権利を得、アクター空間を戦闘の時ならずとも幅広くそのエリア領域を広げられる。今回の日本での『アクターズ・ロワイヤル』はその布石なんだ。そして悪意というものは伝染していく。かつて俺がそれにこの身を囚われていたように」

 柳下さんが戒めのように自らの腕に視線を落とす。真央さんが話を紡いでいく。

「私は部下や上司にこのシステムの開発を止めるよう進言しました。VRは争いの道具では無く、もっと人に寄り添うべきシステムであると。しかし私の提案は退けられ開発は続き、病に伏した私を会社は口封じの為、隔離し私はこの事実を社会に伝える事が出来ずに生涯を終えました」
「見殺しにされたという事か」
「むご過ぎるっぺ!」
「えっ?てことは真央さんは幽霊ってわけ?ぎょえー!」

 驚いて尻餅を付いたキタローを見て真央さんは表情を変えずに話し始める。

「ええ。私は故人ですが生前に脳のシナプスをデータ化し、このようなホログラムとして自我を持つ事に成功してます。もっともデータを削除されたり、新しく情報を書き加えられたりしたら私が私で無くなるかもしれませんが」
「ネットニュースで度々目にする事はあったが…。ラ・パールのVR技術はここまで来ていたのか」

 いたずらに微笑む真央さんと対面し感慨深く顎を撫でる柳下さん。「話を戻しましょう。あなた方は約一年間に渡りアクターとしての闘いを終えました。次にラ・パールがどう動くか、もうお分かりですね」
「私たちが持つ、変身アイテムの回収」

 私の発した声に壇下のアクター達からどよめきが起こる。以前柳下さんが私をエサにインドマンのベルトを手に入れようとして勝負を挑んで来た時から薄々気付いていた。ラ・パールの真の目的は『アクターズ・ロワイヤル』の成功じゃない。アクターとして闘ったユーチューバーひとりひとりの戦闘データ。そしてそれを基に応用したVR兵器の製造。これらを使って軍事的に世界を支配していくのが悪の組織ラ・パールの目論見だ。

「うお、なんだ!」
「今の音は一体!?」

 突如、体育館の天上を揺らすほどの大音声。「向こうからやって来たわね。みんな、戦いの準備を!」マイクに声を放って壇上からステージを飛び降りる。

「ま、待ってよ六実おねぇちゃん!何のことだかボクにはさっぱり……!」

 困惑した様子で後ろを着いてくるキタローをよそに体育館のドアを開ける。するとグラウンドの奥からロングコートの男がサングラス越しにこっちを射抜くような視線で見つめていた。

「さぁ、審判の時だ。キミ達の持つ変身道具を全て、こちらに渡してもらおう」

遠くからでもお腹に響く耳に通る低い声。その脅威は一歩ずつ音を踏みしめてこっちへ近寄ってくる。黒幕が私達の町にやって来た。

――アクターズロワイヤル開始数分前、会場の正面ゲート入り口にアナウンスにより集められた俺たちアクター七人。先に来た俺がベルトのバックルに指を落としてこれまでの回想していると靴音がひとつ、こつこつとこっちへと近づいてくる。

「よー、始めましてだなー俺の名は知ってくれてるかー?」

 見覚えのある身なりの良い男が馴れ馴れしく俺の肩に手をまわしてくる。俺はそいつを振り返る事無くその腕を振り解く。

「そんな邪険にすんなよなー。俺は他の三人とは違う。カードもほとんどひとりで集めきったし、アベビー誘拐だって乗り気じゃなかったんだ」
「その辺にしておけ。零」

 俺に絡む白布 零しらふれいに対し短く声を切った『ナンバーナイン』のアクター能力者、古流根 晋三こるねしんぞう。こうして連中とアクターの姿ではなく生身の顔を合わせた状態で話すのは初めてかもしれない。

 後からやって来た他のメンバーを指し示すようにしてコルネは俺に言った。

「雪山での闘いの時は貴様に不覚を取ったがこの昆 帝王こんておが最後に俺たち四人のカードを集めきってくれた。想定時期より早くカードをコンプ出来たお陰で本戦への戦略を練る時間が出来た」

 テオという背の高いサングラスの男は俺を見下ろすと意にしない様に前に出て会場の光をそのグラス一身に受けていた。「オマエの仲間にも言っておけ。このステージ、優勝するのはこの超最強学園だってなぁー」

 聞き覚えのある暴力性を孕んだ甲高い声が俺の横に並び、肩を掴みあげて宮島 路樹みやじまろきが俺を射抜くような眼差しで睨みつけた。

「おめーがインドマンかぁ。散々俺たちの計画を邪魔してくれやがって。でもまぁ、それもこれで終わりだぁー。大衆の面前でオマエにドン勝ちして俺たちがチカラで世界を牛耳ってやる」

 ロキの妄言を鼻で笑うと俺は握られていたその手を解いて向き直って言ってやった。

「アクターのチカラを使って大衆を支配しようと目論んでいるんだろ?このインドマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」
「おいおいおいおい!この場に及んで正義のヒーローのつもりかぁ?こいつ、どんだけ世の中見えてねーんだよ!」

 ロキは髪をかき乱しながら俺をあざけ笑う。血走った目で俺を見下しながら奴は言葉を続ける。

「オマエがこれから戦う場所はなぁ、ラ・パールの連中が取り仕切る娯楽場。殺しも、法も全てあいつらの気分次第。第三者の手が介入しない一方的な閉鎖空間だぁ。そんな世界で正義なんてモンは有りはしねぇ!
行くぞオメーら!これから俺たちの圧倒的な強さをこいつらと世の中のアホ面した連中に魅せ付けてやる!」

 先陣を切ってゲートをくぐるロキに続いて前に進み出たコルネに俺は手を指し向ける。

「ひとつ、言っておくとだな、俺たちはチームでは闘わない。正々堂々と勝負しよう」

 コルネは俺をふん、と鼻で笑うとそのまま素通りをしてフレイもその後に続いた。「アイツを悪く思わないでやってくれ」不意の呼びかけに振り返るとテオがサングラス越しに真っ直ぐ俺を見つめていた。

「身勝手に思えるかも知れないがテオは俺たちの為に闘っている」
「何故、彼に手を貸す?宮島路樹はキミ達を都合の良い駒のひとつとしてしか考えていない」

「確かにそう見えるかもしれない」テオは落ち着いた声でかみ締めるように一言、一言、自分に言い聞かせるようにその想いを紡いでみせた。その声には旧友に対しての信頼と慈悲があった。

「この大会の優勝報酬、アイツが叶えたいと思っている願いは俺たちのひとつだ。そして俺たちもアイツの願いの為に闘う事を決めたんだ」

 思いもよらなかった敵チームの結託に俺は唇を噛む。「先に行くよ。出来ればそちらさんとは別の形で知り合いたかった」そういい残すと通路の先にあるライトがテオの黒ジャケットを光で包み込んでいく。背後から不愉快そうな舌打ちが聞こえ、大きな影が俺の体を包み込んでいく。

「なんだよ、この場に及んで相手に情が移ったのか?まったくとんだ甘ちゃんだぜ」

 からかうようにして長い髪を後ろで結い直しながら千我が正面を見据えて俺と目を合わせずに言う。

「日比野さんよ。俺はあれから変わったんだ。カードを13枚集めるためにクソみたいな体験もした。でもその全てが無駄じゃなかったとこの会場で証明してみせるぜ」
「ほう、妹を誘拐するような卑怯者と同じ人物とは思えないな。殊勝な事を言うようになったじゃないか」
「へ、たまたまインドマンなんていう、強ぇーカード握っただけで勝った気でいるんじゃねぇよ。俺はこの大会で賞金を得て自分のやりたい事をやる。しばらくはバイクで世界を放浪しながら考えるってのも悪くねぇのかも知れねぇ」
「なんだよ二人とも。仲良さそうじゃねーか。やっぱり俺たちも共闘戦線組むか?」

 後ろから白木屋が声を掛けてきて「いや」と俺と千我は首を振ると通路を進んでゲート正面に歩み出た。サッカーの国際試合のような熱狂と興奮が屋内式のドーム中を取り囲み、観客席から歓声が湧き上がっている。

「『蒼穹の昴』、ネブラ・イスカに続いて現れたのはー、完全無欠のカレー野郎!インドマンー!」

 耳に付く男の実況が会場の熱を更にヒートアップさせている。まるでプロレスの選手入場のテンションだ。隣に並ぶ本職者の千我を見て俺は気おされて首に手をまわす。

「…古代ペルシアの魂をその身に宿した超個性アクターはこれまで幾度と無くありえないバトルを繰り広げてきた!その最大の特徴は戦闘時のフォームチェンジ!変幻自在のバトルスタイルを今回も見せてくれるのかー!?」

 ハイテンションな競技者紹介が終わるとマイクが主催者である馬場社長の手に渡った。黒スーツのその男は大型ビジョン越しにしたたかな笑みを見せると観客席と俺たちアクターに向けて発言した。

「やあ、アクター諸君。待たせてしまったね。改めてアクターロワイヤルへようこそ。ここで本大会のルールを紹介しよう」
「な?ルールって!最後の一人になるまで闘うのがロワイヤルの決まりじゃねーのかよ!」

「基本的にはその通りだ。安心したまえ」マイクを外して白木屋の抗議に答えるようと、馬場社長は前髪の毛束を指でつまんだ後、再びマイクを口許に向けた。

「アクター同士による只の殴り合いだけでは華が無い。この会場のどこかに、ある『鍵』を仕込んでおいた。勝者はその『鍵』を手にし、最後のひとりになるまで闘い抜き、勝ち残る。それがアクターズロワイヤルのルールだ」
ドームの地形やアトラクション、己の能力や戦術を駆使し熱戦を繰り広げてくれる事を期待しているよ」

 会長が一度マイクを置くと正面のゲートが完全に開く。水を打ったように観客席が静まると俺たちは各々に変身アイテムに指を落とした。待ちに待ったアクターズロワイヤルが遂に始まる。

「準備はいいな?それでは始めるぞ!」

 再びマイクを握った会長の号令が響き、光に包まれたアクター七人が戦場と成った裏東京ドームの中央に向け駆け出していく。約一年にわたるアクターバトルの集大成。その火蓋がここに切って落とされた。

「さぁ、キミ達アクターの持つ変身道具すべてを、こっちへ渡してもらおうか」

――アクターズロワイヤル開始直前。ロングコートの男が体育館から飛び出た私たちに手をこまねく様にして指を折り曲げている。その芝居がかった気障な態度に舌打ちを浮べると「あ、あの人は!」なんてキタローが男を指差して知っているような素振り。他のアクター達も顔を見るなりざわざわ、ざわつき始めている。

 どうやら相手はTVなんかで顔の知れている人物らしい。「自己紹介は…する必要がないだろうし、キミ達の方がボクの事を良く知っているかもしれない」なんて自分の世界に浸りきったまどろっこしい言葉を並べているその金髪の男に私は声を挙げてやる。

「あなたがラ・パールから遣わされた刺客ね!うだうだ御託並べる前にまずは名を名乗りなさい!」
「ちょ、六実おねぇちゃん…」

 キタローを中心とした何か言いたげな表情のアクター達を背に男の顔を見上げると、彼は「フッ」と薄いグローブのはめられた指を顔の前に持ってって私をあざ笑うようにして言った。

「これは失礼。察しの通り、ボクは友人であるラ・パール会長アル・サティーヤの依頼を受けキミ達アクターが所持する変身道具を回収しにここへ参った。名は…リガノと名乗った方がキミ達には親しみが深いだろう?」

 自分の発言をかみ締めるようにほくそ笑むリガノという男に身構えるアクター衆。その敵意に気付いたように「おや?」とリガノは口許から手を離して鋭い視線を彼らに向ける。

「どうした?早くこちらへ渡してくれないか。ロワイヤル本戦へ出場できなかった敗者であるキミ達にはもう必要のないものだろう?」

 一歩こっちへ踏み込んだ靴を見て柳下さんがその主に返答。

「お前らの目的はこのベルト達に残された戦闘ログだ。これを基に新たな兵器を造り出そうとしている」
「ほう。何を根拠に?」
「六実さん!」

 制服のスカートから声がして取り出したコンパクトに耳を傾ける。真央さんの『あの男に変身アイテムを渡してはいけません!』と言うような声が中から幽かに聞こえる。

…そうだ。こんなあやしげな商売をして芸能界を橋渡りしてそうなヴィジュアル系おじさんのいう事なんて聞いちゃだめ。私は自身の変身アイテムであるコンパクトを体の前に出すようにしてその男に言った。

「ラ・パールがやってるVRシステムの開発中心人物。その人にあなた達がやろうとしている悪事を洗いざらい聞かせてもらった。真央さんが作ったシステムを戦争の道具になんかさせない!ラ・パールの野望は私たちがここで食い止める!」
「おー!いいでーインドマンの妹ー!」
「よく言った!六実おねぇちゃんかっこいいー!」

 私を囃し立てるアクター達を見てリガノはやれやれ、という風に首を振って少し後ろに立っていた二人の従者を呼び寄せた。

「どうやら武力行使を厭わない状況のようだ。チカラを貸してくれないか」
「うぃーす」
「…さっきから数えてたんすけど、相手は女子供合わせて28人っす!腕が鳴るぜ!」

 どこかやる気なさげな卑猥な形状の髪型をした男と頭の足りてなさそうな熱血漢を隣に並べるとリガノは長いコートを翻して腰に巻かれたドクロの付いた禍々しいベルトに指を掛けた。

「変身」

 黒い瘴気が湧き上がりそれが一所に収束するとその中から二本の太い角を生やした悪魔を髣髴とさせるアクターが姿を現した。

「最強のアクター、アフラ・ジロアスタ。キミ達28名からその『兵器』、貰い受ける」
「あ、数えなおしたら27人だったっす!」
「決め台詞なんだから黙っとけってー」

 かみ合わない3人のやりとりを見つつ、私たちも各自、アクターに変身。「なぜ、私が本戦に行けなかったアクターをここ一箇所に集めたんだと思う?」マスク越しのドヤ顔を見せてやると変身したリガノ、アフラ・ジロアスタは鼻を鳴らしてこう答えた。

「キミ達、ネズミの考えるような事は分からないな。ボク達にとっては各所を巡らずに手間が省けるが」
「ふん、そうやって人を小馬鹿にしてるからこんな目に遭うのよ!」

 先手必勝。素早く指で印を結んで足元の砂を蹴り上げ、私は夢幻の女神にこう願いを籠めて解き放つ。

「宙に待った砂は煙幕になる!」

 相手が視界を失ったその瞬間、柳下さんの合図で総勢27人のアクターが3人の奪還者を取り囲む。「僕たちだってボンヤリここまで過ごしてきた訳じゃない。戦闘は数だよ!リガノさん!」勝ち誇るオクタアンクの声を受けて「ほう、やるじゃないか」なんてジロアスタは余裕をぶっこいてる。

「何がおかしい!貴様たちは完全に包囲された。今なら無傷で飼い主の下へ返してやる」

 声を挙げる柳下さんをせせら笑う二人の従者が変身を遂げるとその中心でジロアスタが兜の下から私達を眺め回すような視線を送り、答えた。

「キミ達は何か勘違いをしているようだ。そう、確かにこの場に現れた遣いのアクターは我々三名」
「な、ならこの数を一度に相手に出来るわけないじゃないか!」
「ボクのこのアクター、アフラ・ジロアスタの能力を説明しよう」

 敵からの突然の発言にどよめくアクター達。

「さっきはそこの娘に不意打ちを受けたが闘いに圧倒的実力差があってしまっては不公平だ。それにボクは100%勝つ」
「ふん。これだけの劣勢を前にか?お前たち、意に介すな。六実の合図でかかれ!」

想像上の死人イマジナリーゾンビ

 ジロアスタが体の前でパン、と手を合わせると身を屈めてその掌を地に押し付けた。紋章のような円が描かれ、その中からエクトプラズムのような煙が無数に空へと旅立っていった。

「ジロアスタは一度見た相手の技を習得して使うことが出来る。ただし、一度に複数の能力を発現する事は出来ない。よって」
「骨のあるヤツらは俺たちが引き受けるってワケだ!」
「はは。てか、その能力で全員のしちまいそうなメンツなんですけどー」
「おい、お前たちなんの話をしている…?ッ…!」

 次の瞬間、ライ&カメレオンの変身した柳下さんの背後から忍び寄っていた獣人のようなアクターが彼の右肩を貫くような鋭い牙で噛み付いてきた。

「な、こいつら、いつの間に…うわっ!」

 突如現れた謎の敵アクター集団の奇襲により包囲網が崩れるとジロアスタは立ち上がってその輪の中で目立つように両腕を広げてみせた。

「この町に住む住民を強制的にアクターに変身させた。この『想像上の死人』は周囲の人間を無差別に自分の兵隊に変えていく能力。そしてそれは他者へと感染して行き、能力を解除されるまで兵隊は増え続ける。そして彼らはボクに敵意を向ける人物を攻撃するようにインプットされている。アル・サティーヤが海外で見つけてきた貴重な能力だ」
「住民を獣人に…さすがっす!」
「ほらイブキ君、つまんない事言ってないで雑魚狩り、雑魚狩りー」

 一転攻勢、地の利を得た敵陣円が一気に私たちに襲い掛かってくる。「ぐわっ、やられた……ってあれ…?」ゾンビのような敵に敗北したアクターの一人が変身解除された途端、またアクターの姿に戻っていた。

 そういえば…普段であればアクターバトルの時に現れるあのドーム型の閉鎖空間の境が見当たらない。私の考えに気付いたのか、ジロアスタが勝ち誇ったように声を挙げている。

「ここに来る前に電脳空間を拡張しておいた。これは普段のアクターバトルとは違う、キミ達の人生の終焉を飾るフィナーレに相応しい特別な舞台。バトルフィールドはこの向陽町すべてだ。カードがゼロになるまで闘いを続けようじゃないか!」

 アクターとして繰り広げられるあくなき戦闘。私たちのアクターとしての最後の勝負。この町一帯を巻き込んだ負けられない血戦がここに幕を開けた。

sage