8th Drink


 2X17/9/29 AM 20:00 天気:晴れ時々曇り

 先生、いらっしゃい! 来てくれてうれしいよ。
 ごめんね、ここのところずっとバタバタしてて、まともに話できなかったもんね。突然混んじゃったりとかさ、新規のお客さんが一気に来たりとかで、一人一人とちゃんと話ができる余裕がなかったんだ。あんまり忙しかったから、いつ誰が来てくれたかの記憶もちょっとあいまいでさ。明日ティアくんの誕生日だから、その準備もあったし。普通この時期ってあんまり混まないはずなんだけど、予期せぬ事態ってのは起こるもんだね。
 今日はね、もう少ししたらリゼちゃんとティアくんが二人で来るんだ。
 覚えてるかな? ギャルみたいな女の子と、メガネかけたITの会社勤めてる男の子。
 この二人ね、なんだかんだよく一緒に飲んでるんだ。ティアくんは若干迷惑がってる感じするけど、仲が悪いわけじゃない。狭い空間だから、常連さん同士で仲良くなってメールしたりとか飲んだりとか、一緒に遊びに行ったりとかすることもあるみたい。
 恋愛もあるんじゃないか? それはどうだろうねえ。少なくともこれまで僕は何の情報も聞いてない。正直そういうのかなり敏感だし、それこそ誰かしらから絶対話が来るからあればわかるはずだけどね。誰と誰が付き合ったとか別れたとか。楽しみにはしてるけど、今のところは把握してる限りでは何もないよ。
 先生もね、別にどこかのアイドルグループみたいに恋愛禁止なんて厳しいこと言わないから、好きな子がいたら本人の許可の下、連絡先交換とかしても大丈夫だよ。もちろん、恋愛における最低限のマナーは守ってね。先生も大人だから、詳しく言って聞かせなくても大丈夫だよね。

「こんちゃーす。あ! ニートがいる! 久しぶりー! 元気ー?」
 リゼちゃん、人名。
 だめじゃないそんな呼び方したら。久しぶりに来てもらったのに失礼でしょ。
 先生はね、ニート社って出版社に勤めてるだけで仕事してないわけじゃないんだよ。
「だって他ならぬあんたが命名したんじゃん。じゃなんて呼べばいいの? 先生?」
「少なくともニートよりはマシですけど、ちゃんとご本人に確認してください」
 はいはい。二人とも、好きなところ座ってね。いらっしゃい。

 リゼちゃん、今日は休み? ジーンズ履いてるの久々に見た。
 ティアくんはいつも通りだね。
「そう。ミスティー明日誕生日だからさ、前夜祭しようと思って! 明日も休みだし」
「仕事帰りにうっかり捕まってしまいました。もうゲロの後始末はごめんですからね」
「いやーごめんごめんほんとあの時はどうかしてたわー」
 その決め台詞もう何回目かわかんないなあ。
「細かいことはいいじゃん気にしちゃだめだよそういうのは。てか明日楽しみだなー! 去年に引き続きものすごい会を期待してるからね」
 リゼちゃん、人の誕生日だからね。君はもう少し先。
「はいはい。あ、先生、あたしね、誕生日10月15日。愛しいイチゴの日ね。あと誕生石はピンクトルマリンだから、プレゼントいつでも募集してるからね」
「名前より先に誕生日を紹介する人初めて見ましたよ」
「あれ? あたし自己紹介してなかった? ごめーん。でももう知ってるっしょ?」
 相変わらず雑なんだから。先生、ごめんね。こういう子なんだ。
「で、今年も料理してくれるんでしょ、あとドリンクと、プレゼントと、お花」
 それがね。先に残念なお知らせしとくと、今年は予算がないから去年と比べてかなり質素。だから前回みたいに一人ボトル一本みたいなのはナシね。
「え、うそでしょ。どういうこと」
 えーとですね。元手全額すっちゃった。
「マジ?! ちょっとあたし先生に誕生会超豪華だよって宣伝しちゃったんですけど」
「というか去年が異常でしたね。投資金額5000円で6000枚超えてませんでしたっけ」
 そう。
 だからみんなそれなりのものを揃えられたんだけど、今年はちょっと厳しいなあ。
 儲けた分も全部きれいに使い切っちゃったしね。泡銭は泡に返すってことで。
「あそー……。
 ミスティー落ち込まないでね、コンビニでお惣菜とケーキ買ってってあげる」
「いやいいですよ無理しなくて。別に盛大に祝うもんでもないですし」
 ごめんね。でも、質素は質素なりにできる範囲でやるからさ。明日よろしくね。
「わかりました。仕事終わったら行きます。定時で上がれる予定なんで。姐さんの他は誰来るんですか?」
 フィズくんは予定空けてるって。バカラくんは……どうだろうなあ。後で聞いとこう。
 ベットちゃんは夜中までやるならこっそり抜け出して行けるけど、早めに終わりそうなら行けないって言ってた。来るとしたら多分、0時くらいになるだろうね。
「次日曜だからいいでしょ。夜まで待っててあげよ。ね」
「いいですよ」
 先生はもし暇してたらでいいけど、来てくれると嬉しいな。
 常連で貸切だから、知ってる人しか来ないよ。人見知りの先生でも足を運びやすいと思うんだ。ビンゴ大会みたいな特別イベントがあるわけじゃないけど、よかったら。
 一緒にするなって顔しないでよ。ごめんごめん、勝手に人見知りにして。
「サクラは? あいつ来るなら申し訳ないけどあたし早めに切り上げるわ」
 ああー。今んとこはね、何も聞いてない。
 彼女これまでも来てないから、来ない確率のが高いと思うけど。
「あ、あの時ケンカしてあれきりなんですね。
 面と向かって根暗ブスとか言うから面倒なことになるんですよ」
「いやあいつが先に髪の色明るい女は軽薄みたいな感じで喧嘩売ってきたのが悪いから」
 まあまあ。
「そんなに会いたくないならシフト制にすればいいじゃないですか」
「シフト組むために連絡とるのも嫌なのよわかる?」
 わかったわかった。僕から聞いといてあげる。今日か明日の午前までには連絡するよ。それでいいでしょ。
「はーい。
 話してたら飲み物頼むの忘れてた。メニューもらっていい?」
 そうだね。ごめん、ちょっと待って。はい、メニュー。
 先に話が盛り上がっちゃったね。決まったら教えて。先生にも見せてあげてね。