でぇともあ~んも初恋の人じゃなきゃダメなの!

んあ!う、ぐぅ……」
 白い欲望を吐き出しどくどく脈打つ肉棒は一向に治まる気配を見せない。ばかばかばか!なんで治まらないんだよ!?もう午前中だけでも3回抜いたんだぞ。ちらっと時計を確認すると1時間あるはずの昼休みがあと15分で終わってしまう。まだご飯食べてないのに!
 1回のオナニーでさえ長い時間をかけなければならないほど金玉工場、子種製造部はオーバーワークなのにそれを無視して「俺はまだいける!!!」と自己主張する。マイ・バット。いや、バッド・ボーイ。そもそも、学校でオナニーするなんてとんでもない変態なのに、授業を抜け出してまで抜きに行くなんておかしい。でもそうは言ってられないほど昨日の梓さんとのえっちと少女モードの時の1人えっちはぼくには刺激的過ぎたし、今日の授業なんてちょっと気を抜けば昨日の僕の喘ぎ声や快感がフラッシュバックしてすぐにでも出したくなってしまう。それをこらえて、お腹が痛くなったふりをして前かがみで移動して(勃起ちんちんを目立たなくさせるためでもあった)トイレで出すのもそろそろつらい。はぁ、今日はもう早退しようかな。

 結局あのあとも抜きやっと静まった僕の如意棒。空腹と疲労感と時間との闘いによる精神疲労でもう午後は持たないんじゃないか。私服姿のクラスメイト達はもうすぐ昼休みが終わるというのにいまだにがやがや騒がしい。ちなみになぜ私服かというと僕の通うこの学校には制服というものが存在しないからだ。
「おいおい朧、やっぱり顔色悪いぜ。帰った方がいいんじゃねえか?」
「うん、そうするよ。ありがとう」
 心の底からのありがとうをクラスメイトであり、一番の親友である小早川に伝える。男らしくて頼りがいがあって気の使えるサッカー部の親友は頼もしい。せめてこいつがスケベでなければもっと女の子にモテると思うんだけどな。
「ぁ……まって朧君。k、これ」
 ぼそぼそと、牛乳瓶の蓋と同じくらい分厚い眼鏡から死んだ魚のような目を覗かせる、歯切れ悪くしゃべるこいつは及川。どうやらどっかの先輩からぼく宛ての手紙らしく、無表情に渡される。せめて名前くらいは聞いてほしかったな。便箋を破り中身を確認して……硬直する。
「どうした朧、ラブレターかぁ……っておま!?」
 何かを口走ろうとした瞬間に及川は小早川を羽交い絞めにする。
「デリカシーないの、y、良くない。d、だから、嫌われる」
 及川は、ひょろっとしていて不気味な見た目からは想像付かないが喧嘩は滅法強いらしい。なんとも、小学生の時にいじめっ子を返り討ちにしようと一生懸命道場に通ったんだとか。せめてもう少し見た目か性格のどちらかを直せば絡まれる確率も減ったんじゃないのかなぁと思うが、小早川の乱(ぼくのクラスでは小早川関係が問題を起こるそうとする、もしくは問題を起こすたびにそう呼んでいる)を未然に防いでくれた。そもそもこんな内容、絶対に見せたくない。

甲賀 朧君へ
昨日は楽しかったです。でも、ゆっくりお話し出来なかったのと連絡先を交換し忘れていたのを思い出したので、一緒に入れておきます。良かったら今日も一緒に、2人っきりで家までご一緒できたらなとも思います。では放課後、屋上で待ってます。

双月 梓
 何を言われるか参った物じゃないぞ。それに……。ちらっと窓際に目を向けるとすっとまっすぐに降りたショートカットが、ボーイッシュというかエネルギッシュというか、活発的な印象を受け、比べると失礼だが及川とは正反対に大きく澄んだ瞳がすべてを吸い込むような不思議な魅力を持っていて。まぁプロポーションは一般の高校生よりやや、いやかなり劣っているけどそんなの関係ない。なにより笑顔がとっても素敵な彼女が黙々と小説のページをめくっている。彼女の制服姿ってどうなんだろうなと想像するたびにぼくはついつい鼻をのばしてしまう。
 双月 若葉。ぼくの初恋の女性であり初めてを捧げてしまった梓さんの妹だ。なぜぼくが彼女に惚れているのかは長くなるので後日お話ししよう。
「ったくよぉ、そんなにきつく締めるんじゃねーよ。流石に俺もわきまえてるっつうの。ん?封筒から何か落ちたぞなになに……PS、嘘です♡あたし朧君のことはな~んでも知ってるよ♡さっきの約束、守らなかったらも~っといじめちゃうからね。あなたのおねぇちゃんより……朧!!!お前!!!」
 この瞬間、ぼくの悲鳴、何かが砕かれる鈍い音、小早川の悲鳴が順に教室に響いた。



「g、ごめん。ふせ、防げなかった」
 分厚いレンズの奥底の瞳は反省の色をしていた。それが気の毒になって、いやいや良いんだよと逆にこっちが気を使ってしまう。ちなみに小早川はというとさっきの鈍い音(普段は、小早川が及川に制裁される度に悪態をつく女子たちが引くほど、強いていうなら生命維持機能に何らかの障害を負ってもおかしくないと感じるほどだ)は何だったのだろうかと逆に心配になるほど元気にサッカー部の部室へ駆けていった。及川曰く“ぼくに都合の悪い記憶を消した”らしいがその時の顔に“本気”を感じてそれ以上は本能が命令していたというのもあって聞こうとも思わなかった。
「でも……本当に大丈夫なの?」
「大丈夫、あいつはこの程度じゃ死なない」
 珍しくはっきりしゃべる及川にぼくは思わず目を丸くする。
「o、朧くんも、g……って」
 及川……なんか少年漫画のライバルみたいな感じで小早川のことを語ってるけどぼくたちまだ会って2カ月だよな。なにがあったんだよ。
 及川のことをちょっとかっこいいなと思った瞬間、及川とすれ違った女子達の「なにあいつキモ。あの陰キャまじ不潔」という言葉でぼくの表情は険しくなる。
 及川……幸せになれよ。また明日会うクラスメートに心の中で別れを告げて階段を駆け上る。屋上で待っているあの人に会うために。
 夕暮れ時、放課後、2人っきりの屋上。息と息がぶつかる距離まで接近し優しく微笑む梓さん。普通の男子なら脳みそから身体の骨まで全部抜かれてしまうだろう。いや、ぼくも実際抜かれかけているが寸でのところで立ち止まれているのは頭の中に若葉ちゃんが微笑んでいるからだ。昨日は流されたが今日は絶対に心の防波堤、守り切るからな。
 とは言っても今は本当にピンチだ。何故なら梓さんがぼくに密着しているだけでなく昼に食べ損ねたお弁当をぼくに食べさせているからだ。クソ!本当は若葉ちゃんにやってもらいたかったのに!
「朧君っていけない子。な~んでおべんと食べなかったのかなぁ?」
 猫撫で声と女の子特有の良い匂いがぼくの理性に重いストレートを放つ。耐えろ。と言いつつ彼女の言いなりになってる時点でダメそうだが……
「それと……」
 と言うなりぼくの匂いを嗅ぎ始めた後嬉しそうに舌なめずり。嫌な予感がする。
「もしかして、昨日のこと思い出して1人でえっちしちゃったんでしょ?」
 図星をつかれた!ただわなわな震えてるだけのぼく。だめだ!何とかしないと。
「が、学校でそんなことす、するわけ!」
「やだ?もしかして図星なの!お姉ちゃん嬉しい!」
 否定しようとしたときには正面に柔らかい感触背中にはぼくを高揚させるかのように滑らかな柔腕が身体を締め付けぼくの理性に追い打ちをかける。
「ねぇ、朧君?」
 片方の腕が攻撃をやめる。梓さんは箸を持ちぼくのごはんをひと口分つまむとそれを口の中に入れ咀嚼する。ふふ、と笑った瞬間ぼくを押し倒し口づけを始める。
「んん!んぐ!?」
 彼女の唾液と咀嚼によって溶かされた白濁液がぼくの中に入り込んでくる。人が飲み込んだものぼくが食べるなんて!軽いショックを受けたが果実のように甘く、どろっとした液体は多幸感と背徳感、最後に性的興奮を促した。そして溶けていくぼくの理性。
「大丈夫。絶対誰も来ないから」
 興奮でパンパンにきつくなったズボンに手をかける梓さん。「だめ!だれかきたらやばいって!」と口に出すがこの背徳感に興奮し、楽しんでいる自分がいるというのも事実だった。完全に若葉ちゃんへの思いは消え新たにやってきたのは快感に溺れたいという性的欲求。下されたズボンからほとばしる雄臭。梓さんはぼくの長竿をしごきながら金玉袋を舐める。
「ヒヤン!」
 思わず女の子のような声を上げてしまった瞬間、梓さんはさも楽しそうに「そんな声出したら誰かにばれちゃうよ」と忠告する。忠告した後はさっきと同じ方法でぼくの欲求を刺激する。歓喜の声をなんとか殺しつつも微かに漏れる吐息。いや、むしろ快感を我慢するほどに欲望は膨らみだす。「素直に歓喜の声を上げて果てたい」「でも声を出したら誰か来てしまうかもしれない」欲求と理性との板挟み、我慢の限界が近づいたその時、ぼくは妙案を思いついた。
「ちゅ、ちゅーしてください」
 そう、キスだ。唇と唇だけが触れ合うキスではなく舌を絡ませる大人のキス。執拗に金玉袋を攻め続けていた梓さんは心配そうな顔でぼくを見る。
「でも、もうお姉ちゃん朧君の大事なところとちゅーしちゃったんだよ。嫌じゃない?」
「だ、大丈夫。ぼく梓さんのこと……お姉ちゃんのこと大好きだから」
 我ながら浅はかだが、これでいいはずだ。ほとんど肉欲で支配された脳みそが生み出した妙案。気持ちよくなりたい!でも声が出せない。なら塞いでしまえばいいんだ。
「ぼく、お姉ちゃんのことがだいすきだから!チューしながらじゃないとやだよ!」
 精一杯の懇願。そして完全に梓さんに堕ちたと思わせる演技。自分の名誉(と快楽)のために人の好意を逆手に取るというのも恥ずかしいが、こちらは今後の学園生活が懸かっているんだ。屋上でセックスしてたのがばれたうえで残り2年の高校生活を後ろ指刺されるのは嫌だぞ。
 だが、ぼくの思惑とは半面梓さんはというと様子がおかしい。ちょっと苛立っているというか不機嫌だ。
「朧君は本当にそう思ってるの?おねぇちゃん嘘は嫌いだよ」
 見透かされたか?だがここでビビるわけには行かない。ぼくは一世一代の名演技をここで披露する。
「き、気持ちよくさせてよ。ぼくもうお姉ちゃんのことしか考えられなくて!さっきは強がってたけど、昨日のこと思い出したらもう頭の中が変になっちゃって!もう、もう我慢できないんだ!」
 ぼくは必死に懇願をする。ただただ気持ちよくなりたいだけだけどこのまま梓さんの攻撃を受け続けてしまったら情けない声を屋上で吠えることになってしまう。ちらっと切なそうな顔を梓さんに向ける。彼女は最初何かを考えていたようだがすぐに無邪気な笑顔をぼくに向けてきた。「勝った」と思った。だが、それは間違いだった。
「うん、いいよ。でも流石にお口の中きれいにしたいから……ちょっと目を瞑ってて」
言われるままに目を閉じるぼく。だがこれは快楽地獄へのスタートだった。邪気のないような笑顔をぼくに向けた梓さんは腹の中ではとんでもないことを考えていたのだ。
気が付くとぼくは目隠しをされて腕は後ろで縛られていた。そして何故かお尻を突きつけるような、下品な言い方をすれば立バックの受け側のような姿勢にされていた。な、何かの魔法か!?
「あ、梓さん。話が……」
「あれ~、さっきはお姉ちゃんだったのに今度は梓さんなんだぁ」
 猫撫で声だかなんとなくそこに怒りのようなものわ感じた。そんなバカな!ぼくの演技は完璧のはずだったのに。
「お姉ちゃんはね、嘘つかれるのがだいっきらいなんだよ。あたし人の頭の中見れちゃうんだからなんでもわかっちゃうんだよ」
 だったら願い事くらい聞いてくれ!と心の中で叫ぼうとした瞬間、鬼頭の辺りを優しく撫でられてしまったがために「ひう!」という快楽の音色に上書きされてしまう。
「ふふ、そんな恥ずかしがらなくても。気持ち良かったら素直になっちゃえばいいんだよ。ほら、素直になぁ~れ、素直になぁ~れ」
 少しでも快楽を誤魔化すために身体をよじり歯を喰い縛るが、両腕が使えないもどかしさと、視覚を失われたことから他の機能が鋭くなっているのだろう。より刺激に敏感になったぼくの身体は快楽を完全に受け入れ状態にしてしまった。性的欲求がジワリジワリと広がり足ががくがく震え呼吸が荒れて乱れる。少しでも気を緩めたら一気に快感の波が理性という防波堤を破壊してしまう。その証拠にぼくの快楽蛇口からは少しづつだが、ハッキリと認識できるほど欲望エキスがダダ漏れしている。
「うわぁ、すごいえっちなことになってるよ。朧君女の子みたい」
 女の子みたい。その言葉のせいで昨日ぼくが女の子にトランスした姿が暗闇の中に、朧げに映し出される。顔を赤くして快楽を我慢する純粋無垢な少女。想像した瞬間更に股間が膨張したのがわかってしまいぼくは戸惑ってしまう。自分の姿に興奮するなんて馬鹿じゃないか。
 鬼頭をただ撫でられ、そしてもう片方はいつの間にかお尻の穴を自分のカウパーでねばねばになってしまったのであろう梓さんの指に撫でられていた。
「あ、梓……さん?」
「ふふ、期待してるの?かわいい」
 否定の言葉の前に自分の後ろの穴にゆっくりと異物が入ってくる感触。パニックと我慢と快楽のはざまで思わずむせてしまう。
「だめ!やめて、それは……ちがう」
「何が違うのかなぁ。ほら、どんどん元気になっていく」
 羞恥心とパニックでいつの間にか目隠しをぬらしてしまっている。自分の中を蠢く快楽を司る生き物に身体をよじり身もだえ、思考が停止し、気づけば口は開きっぱなしで涎が垂れている。肉棒に充填されているであろう快楽花火はいまかいまかと待ちわびながら銃口は歓喜の油で濡れている。気づけば後ろの穴をいじめる生き物はいつの間にかぼくの中を苛め抜きながら直進し、今はお腹を凌辱している。もしかしたらもうすでにあられもない声を上げているのかもしれない。目の前が白黒に点滅し意識が朦朧としたかと思えば電撃のような快感が身体全体に走り身体がビクンと痙攣を起こしそこで意識が暗闇のなかでハッキリと戻る。
「かわいい声、女の子みたい」
「そんなばかな、ってひあ!」
 聞きなれない甲高い声に自分がびっくりしてしまうと同時に快感が思考を奪っていく。イキたい、叫びたい!この快感に身を任せたい。
「んあ!イグ!イガせて!壊れる……こわれぢゃう!」
「だったらお姉ちゃんにごめんなさいしようね。言えるかな?」
「ああっ!お、おねえぢゃ……んぐぁ!ひっう、ごめ、ごめんな、ざいぃぃ!な!イグ!イガゼて!やめ!おじり!出る!でぢゃう!変なの、うぐ!く、くる……ぐるぅ!」
 ぼくが謝ると同時にお腹の中で暴れだした大蛇は今までに感じたことのない異物感をぼくの頭に、本能に叩きつけていく。「壊れる」と頭がよぎった瞬間ぼくは情けない叫び声と同時に快楽を空中にぶちまけ、なすがままにその場に倒れ仰向けに痙攣していた。腹の中の大蛇はいつの間にか大人しくなっていた。だが間髪を入れずに限界であろう股間を梓さんは思いっきり扱き出した。
「だめ!もう無理!イッたばかり!んん!やめて……」
「それでもやめる気配のない手淫。地獄のような苦しみが心臓を急激に鼓動させ、身体は本能に任せるように、危険を回避するようにのたうち回る。
「やめ……うわ!なんかくる!へ、変なの!まって!だめ、やめて、やめ……うあああああ!!!!!!!!~~~~~~~」
 射精とは違う、しかし快楽を伴った放尿。あぁ、これってもしかして男の……結論を出す前にぼくの意識は快楽の海に沈みこんだ。
sage