上映時間58分時点での感想:てめーは俺を怒らせた

 ふぁあ~……皆さんご無沙汰。

今は亡きチンコハイムことバーボンハイムだ。

少し私信になるので読み飛ばし可能だ。
読み飛ばしたい人は離陸してくれ。

――――――――――――――――――――――――――――

今回更新したアサシーノスで有益な考察および指摘事項のコメントを頂けたことでなんとか精神のバランスを保っている。
正直、今回はチンコに走らなかった自分に満足している。
創作のあり方について語っておきながら、まあ実際はこんなモノ。
バズるほどのコメなど稼ぎようもない。
評論家は自らクリエイトすることに関しては素人であることが殆どだ。

あのオナニーノスを作ってるフリーク野郎が
こういう創作論を交えた映画評論をしているということはまるで乞食が金持ちになるための説法をしているぐらいの滑稽さがあるが、
まあ、ジョークの種にでもなれば幸いだ。

――――――――――――――――――――――――――――

ここからが本題だ。
さっき離陸した人~~~ここが着陸地点だー。
ここに着地してくれー!


前回36分目を見た段階からかなり時間がかかってしまって申し訳ない。

暫く仕事や、アナニーノスや、BLの合作や、デビルマンを見て限界だったので休憩にプロメテウス観たりして(リドリー・スコットらしからぬおバカ映画と言われているが、気がついたらラストだった。時間を忘れて楽しめるのがこれほど幸せだと思ったことはない。)
エイリアン:コヴェナントの前日譚(デヴィッドとショウ博士の馴れ初め)の2次創作を描きたくなったりと色々と忙しく、なかなかこの映画を見る気が起こらなかったが、ようやくセンズリーノスの更新分をあげ、BL合作の打ち合わせも済み、続きを見る決意を決めることが出来た。

今日は調子がかなり良くなんと22分も見ることが出来た。

22分……実に素晴らしいペースだ。
おそらくマイケル・ヴォン・シドーの脱衣シーンで彼のチンコを描かなかった自分への達成感がそうさせたのだろうか。
創作で得られる過去の自分に勝利する快感からか?
チンコハイムを抹殺した喜びからか?

いずれにせよ、この58分目まで見ることが出来た自分を褒めてやりたい。

だが、この56分目以降……この映画の見所である「デーモン狩りのシーン」でこの私の中でかなり許せない出来事が起こった。つーか、怒った。正直、こんなことを言うのはあれかもしれないが 
この映画のアクションの殺陣を考えた奴をブチコ□したいレベルだ。
ボットン便所の穴の前にそいつを立たせて、後ろから軍靴で踏みつけて突き落としてやりたくなるレベルだ。

本当にこれだけは……絶対に許してはならない。
先祖代々まで呪い続けなければ この私の怒りが収まらないほどの冒涜的行為が行われた。
まあ、ここらへんでかなり見るに堪えない罵声を書き殴る可能性があるので不愉快になる方は読まないことをおすすめする。



 やれやれ、ようやく1時間に差し掛かったか。
意外とここまで来れば完走も出来るのかもしれない。
正直、ここまで来てなんというかこの実写版デビルマンをみて良かったと思える自分が居た。
デビルマンをレビューし始めてからというもの、集まりだしたコメントの数々。
コメントの温もりというのは本当に素晴らしいものだ。

拷問器具だの 苦行だの と言われてはいるが、
集まるコメントのお陰でこんなに安らかな気持ちになれたのは久々かもしれない。
正直、この映画のお陰で最近 創作活動に温もりを感じているのかもしれない。

そう思い始めていた自分がいた……そう56分までは!!!!


まあ、順々にレビューしていこう。
レビューの前に58分目までのあらすじを紹介しよう。

前回ジンメンによって親友を失った不動明……
 ジンメンの今際の言葉でデーモンたちを率いる「サタン」の存在を明は知る。
明の身の周りにも やがてデーモンたちの陰が忍び寄る。
明の恋人である牧村の傍では川本がデーモンであることが発覚し、警察が出動するまでに……
やがて明は飛鳥に連れられ、デーモン化した暴徒たちと戦うこととなる。
デーモンと関わるなと忠告する飛鳥に「人間を一人も助けられなければデーモンになった意味がない」と
訴え、人間を救う戦いに身を投じる不動明。
だが、そんな明の健闘も虚しく、デーモンによって徐々に崩壊し始めていく世界……
そんな中、日本政府はデーモン特別法、デーモン対策法17条、デーモン特捜法……
(名称統一しろ!!ボケ!!!)を制定。政府の傀儡と化した警察や軍は
疑わしき人間をデーモンとみなし、かつての赤狩りの如く容赦なく捕らえ、射殺していく……
中には気に入らない人間をデーモンと偽って政府機関に報告し、虚偽の通報までし始める者も
現れ始めた。徐々に疑心暗鬼がこの世を支配し始めていた。
そんな中、牧村は教会で不動明に将来 添い遂げたいことを告げる。
世界は崩壊へのカウントダウンへと進みゆく中、明と牧村は着実に幸せへのカウントダウンへと
歩み始めていた。そんな中、飛鳥が明を連れ出した場所はデーモンを匿う人間たちのアジトだった。
アジトは既にデーモン特捜隊によって包囲され、デーモンもそれを匿う人間たちも虫けらのように
次々と殺されてゆく。 そこで明は飛鳥が「サタン」であることを知るのだった。


おっけー……まずは順々に突っ込んで行くぞ。

①助けられなかった親友ウシ君の警告

「飛鳥にだけは気をつけろ」と忠告してくれたウシ君の死を悼む明。
ここの演出はいいだろう。せやけど、ちょっとだけ
ホンマにめっっちゃ細かいことやと思うんやけど一つ言わせて

明役の伊崎、なんでか分からんけど片目(右目)だけ目蓋沈んでんねん。
飛鳥を見つめる時の明の顔を見ると、
どーーーーー見ても不自然に
右目の目蓋がかなり落ちとんねん。

体調悪かったの? 目も死んでるし何なのこれ。
あのな、俺 体育会系のノリ大嫌いやから
「しんどくても頑張れ」とか「根性が足りひん」とか
んな無理難題は言わん。

しんどい時はホンマにしんどいんやし、それを頑張れとか根性とかで
片付ける阿呆は個人的に氏ねばいいと思う。
だから、ホンマに眠いんやったら仮眠したりとか
体調悪いんやったら休み取って回復に努めたりとかして
身体のサインを無視せんと休んだらええ。

せやけどな、これ主役やろ。主役として仕事してんのやったら
少しぐらい役柄と場面に応じたカオ作ってきてくれよ ホンマに。
監督も監督で体調悪いんならそれを利用して親友を亡くしたショックで不動明 寝込んでしまってるとかにすればいいのに。


②川本さん(ミーコ)に絡むいじめっトリオ(女3人)

牧村がパソコン教室で授業を受けていると、
あのいじめっトリオの女たちにバレーボールを叩き込まれていた
川本さんが登場する。

ここのな、いじめっトリオの馬鹿女どもの絡み方がマジで訳分からんねん。

「なに私服なんか着てんだよww」って川本さんをからかうんやけど、おまえら服装 バッッラバラやないか……
なんやねん 人のこと言えんのかおまえら。
言うてるおまえは襟は青やけど服 赤やし どないなっとんねん。
ほれから…「あーーーwww」とか言いながら画面の右から出てくるおまえ。言うてる傍からベージュの服やないか。おまけに袖まくりしとるしやな。なんで片方だけやねん。ダッサイわホンマに。
ほかの奴やっとんのか アホ。おまけに袖まくりもただ上に縮めただけで、汚ったな汚ったないし……
せめて裏地を返すとかせぇよ!! それか暑いんやったら
袖を腰に巻きつけるかなんかしとけよ!!

ほいで、挙句の果てが 青のジャージの奴出てきよるしやな……
どないなってんねん。統一感の欠片もあらへんがな。
これこそおまえらのいう「私服」とちゃうんか。
おまけにシャツがヒョウ柄て……おばはんかお前のセンスは。

なにが「身体調べてあげようか?」や。
大きなお世話じゃアホ
おまえらの目とファッションセンス調べたなるわ。


あのな、こういういじめってのは相手にグウの根も言わさん
計算され尽くしたものがあって初めて 相手に逃げ場を無くさせて
精神的に追い込む戦術に追い込み、かつ部外者に口を挟ませないようにするって言うのが成り立つのに。
おまえらからアホ曝け出して どないすんねん。

おまえらの周りにいる奴 みんな思っとったわ。

「アホで間抜けないじめっトリオ娘。」

……ほんまに此処はアホしかおらんのか



③川本さん(ミーコ)がデーモンであることが判明。
まあ、ミーコ役の渋谷飛鳥がなんで酸を腕から発射して地球儀溶かした時になんで一瞬 あの某クラピカみたいな目ェ閉じてイってる顔になったんかは分からへんけどここらへんはともかくまあええわ。いじめっトリオの馬鹿女どもも服装のセンスは救い難いぐらいデッドボール級のアホやけど、演技が下手なわけじゃないからミーコにビビりまくってパニクる演技はホンマに良い。
ここらへんはバトルロワイヤルっぽくて緊張感があって凄く良かった。渋谷飛鳥の演技も凄く切なくて素晴らしい。
牧村役の酒井の演技をフォローしてていい。

それと女同士のいじめが凄く胸が痛くなって嫌いって言ってた件に関してやけど、あれはあくまでも俺の好みの問題やから 評論としては成り立ってへん。不快になった人、ごめんな。女同士のドロドロとした人間関係とかも芸術として否定したらアカン。


④川本さんが逃亡した後、警察が駆けつけて生徒が避難するシーン

ここな、ストーリーの流れとしては別に自然やけど もうちょっと綺麗に繋げられんか?ヒロインと少し会話して立ち去って そこから生徒が避難するシーンって
ちょっと勿体無いで。③のところで川本さんがキャリーみたいにブチキレて酸を撒き散らしまくって暴れまくるとか幾らでも絵は作れるやろ。さっきの地球儀溶かすのとかすっごいええのに。
もっと派手にやれよ。ここ。
校舎という校舎が溶かされまくり、生徒が避難して警察も駆けつける。せっかくの強酸性の溶解液を放つデーモンなんやから 
もうちょっとなぁ……どんな性能か見せつけてもええやろ。



⑤ロサンジェルスからの映像。
ボブサップがニュースキャスターやってる海外のニュースが放送してるシーン。視聴者からの映像らしく、デーモン化した人間をFPS視点で映している。口からマジニみたいにキモイ触手かを出してくるデーモンやから「お?このデーモン暴れてくれるんとちゃうん?」って期待してたんや。やっぱりデビルマンの見所って 人間に擬態したデーモンが姿を顕にして
素手とか、触手とか使ってなぁ……人間をジェノサイドするのが良いのに なんやその後、ショットガン取り出してバン!って。

は?

え?

これって撮影者がショットガンで殺されただけなん?

え?

え?

おまえがついさっき口から出した
その触手は何の意味があったんや!!
デーモンになっても結局ショットガンしか使わへんのに
デーモンである必要性は一体なんやねんホンマ。

⑥川本さんとススムの出会い

このガキほんまに誰やねん……だから豪速球投げんなって何回言うたら分かるねん。
……まあ、ええわ。どうやら川本さんとススムは知り合いらしく、
ススムは母親から虐待を受けているらしい。

「家に帰りたくない……パパにもママのこと言ったけど
信じてくれないし、ママはパパの前では大人しいから」

と川本さんに悲痛な訴えをするススム。
どうやら父親にも相談したが、母親は猫をかぶっていて信じてもらえず孤独らしい。
そんなところに母親が迎えに来る。

「おねえちゃんともう暫く遊んでる。」

なるべく時間を稼ぎたいススム。
分かるぞ、この心理。

次の会話で目を疑ったわ。


⑦ススム、いきなりママと帰ると言い出す。

母親が「パパ、先に帰っててもう家に居るから帰ってきなさい」と言った途端に
なんでか知らんけどいきなり安堵した顔で「じゃあ、帰る」と言い出すススム。

え?


は??



ちょっと待って……
もう一回巻き戻してみる……

う~ん、なるほど!!
「パパの前ではママが大人しい」のくだりの伏線をここで回収してるのか。

いやいや その心理マジで分からんわ!!!
ススム・・・お前さっきまで「パパに相談したけど信じてくれへん」言うとったやんけ!
パパが居るから帰るってそんなん成り立つか
アホ!!!!
おまえの話聴いた時間無駄やったないか!!!

それやったら、川本さんと一緒に逃げるとかしてやな ロジック成立させろよー テンポも良ぉーなるしやな!!

⑦ブランコでスローになる理由
ホンマにわけ分からへん なんなんコレ
時間稼ぎ?

⑧ススム帰宅シーン
家に帰ってパパのカオ見たら目がいきなりスロットになる。パパがデーモンだったことが判明。
次にママの舌がヘビ状になって出てくる。
まあ、ママがデーモンってのは前フリあったし
ええわい。パパがデーモンってのも微かに前フリあったなかなかの伏線回収や。ようやく打てる球 投げてきてるやんと思った。
でもな、ススム

おまえホンマにアホやろ

ぜっったい こーなるって分かっとってまんまと
デーモンの巣に飛び込んで・・・ プロメテウスのミルバーン並の危険予知能力の無さや・・・
〈未知の惑星でコブラ型のエイリアンに指を差し出して 腕をバキバキに折られて身体食い荒らされるアホ〉

ホンマに見渡す限り アホ アホ アホ
アホのオンパレードや
アホばっか気になってストーリー頭に入らへんわ
まともなノーミソしてる連中おらんのか ここには

でー、結局川本さんが助けにきてくれるしやな
ホンッッマに マジで時間の無駄や
アホのオンパレードに 時間の無駄ァ

ホンマええ加減にせなアカンわー

⑨デーモンによって無秩序になってゆくアメリカの様子をボブサップがニュースでお届け

だんだんボブサップのニュースにも慣れてきたわ
ただ、日本の学者が発掘したハズのデーモンの遺伝子が日本より何でアメリカの方でバスッてんのか説明もまッッたく無いし甚だ疑問やけど 「嗚呼そんなけ感染スピード(?)強いんか」って自分で自分を説得させたわ。

⑩デーモン化したチンピラやゴロツキが暴れまわるシーン

序盤で明と飛鳥がデーモン化した後で立ち寄ったメイド喫茶が出てくる。改めて大人数が集まると改めてこの場所のしょぼさが目に付く。なんやねんこのセット感丸出しのビジュアルは。ボブサップにKONISHIKIに小林幸子とかに使う金ェあって何でセットは安物やねん!!! ほんで、ホンマ腹立ってくるのが不動明の伊崎の演技や。ここら辺からホンマに劣化し始める。

「俺ハうしクンヲ助ケテレナカター」


「人間ヲ一人モ助ケテレナインダタラ
デビルマンにナッタ意味ねーダロ!!」



演技にだけはもう目ェ瞑ろう思たけどホンッマに我慢できひん!!
通訳が必要なほどホンッッマ聞き取りづらい。
ただでさえ 悪臭を放つクソな演技が腐り始めてウジ虫やハエがたかりだしてくる。
あのな、こんな台詞言いたないけど
やる気ないんやったらもう帰れ。
この役 射止めたかった演技力のある無名俳優さんとかに失礼やわ。アモン黙示録で不動明の声してた武田真治にホンッッマに代わって欲しいわ。

⑪BGMで観客のキモチを逆撫で

次に腹立ってくるのがここで掛かってるラップ系のBGMや。ぜんっっぜん聞き取れへんし 耳障りなだけや。挙げ句の果てに聞き取れたんがコレや。

「頭もイタイ 燃えるようにイタイ」

・・・……ホンッッマに
おまえら 観客おちょくってるやろ ホンマ。
もうボロカス ツッコミ入れすぎて

わしの頭もイタイ 心が燃えるようにイタイわ。

⑫デーモンのファイテングスタイル

・・・おまえら変身したんはええけど、ふっつーに日本刀で戦ってるやないか。 デーモンになったら武器なんか使わんでも強いハズやろ ふざけんなホンマ 全然怖ないやん。もう・・・デーモンやなくて
バイオ6のジュアヴォやんコレ。⑤のロサンゼルスでも思ったけど 銃とか日本刀とかの敵相手にするんなら ふっつーのジュアヴォか最悪テロリストでもええやないか・・・デーモンが変身する必要性と恐怖を出してくれよホンマ。そのために顔変形するわ触手出すかしてんのやろ?
ジュアヴォかていきなり変異したらちゃんと素手で戦っとったぞ おまえら。せやのにまっっったく使わへんってどういうことやねん。出すモンだして使わへんって エロ動画とかで一番萎えるやつやないか。顔面変形の時のグラフィックもショッボショボイし 予算なくなりかけなん見え見えやないか。殺陣もだんだんレベル低くなってきてるし!!なんや!!
ホンマに学芸会以下のアクション……いや、もうアクションというより見取り稽古……いや、もうただの打ち合わせの段階のレベルやろコレ ようこんなん商品で しかもスクリーンで出せる思たな。
ってか、アクションの殺陣やけど
ボブサップここで使えよ!!
アクションできるやないか!!
格闘家やろボブサップ。結構インテリやしアクション指導させたらええやないか!!! 何のために格闘家を雇ってん!?

⑬川本さんとススムくんのおねショタ
ここで唐突に入れるんかいな ホンマにテンポ悪過ぎや。どうせやったら、⑧で詰め込んどけよ!!
ムードも途中で切って エロ動画で一番萎えるやつやあいか! せっかく⑧でムード作ってたのに途中で切って また出して・・・おねショタ台無しやないか。ラブシーン撮るの下手か。


⑭ボブサップのニュースでデーモンによる死者が一万人を超え、デーモン特別法制定されると発表される

・・・ぜっったい一万人とかウソや
あんなショッボショボい 劣化版ジュアヴォに
一万人を殺せるわけないわー ぜったい100%話盛ってるやろ ボブ

⑮牧村パパ、世の中の崩壊ぶりを嘆く

牧村パパの職場の同僚がデーモン特捜隊に捕獲されて連行されるシーン。なんでも同僚は変わり者ではあったが真面目でありデーモンとはとても思えない人物だった模様。彼を通報した人物は明確な証拠もなく、彼が気に入らないという理由で 彼を特捜隊に売ったようだ。疑心暗鬼な社会を嘆く宇崎の演技だけが見所。
それより、特捜隊が同僚を連行する時の 捕獲理由・・・デーモン対策法17条に デーモン特捜法に 名称を一つに統一してくれよ!!さっきデーモン特別法ってボブサップ言うとったぞ!!どれが正しいんか分からへんわ!

⑯いきなり特捜隊に捕まる川本さんとススム
なんやいきなり建物を遠くから近くへアップしたと思ったら
…なんなんやコレ

また豪速球か。
これも⑧に詰め込めるやないか!!
ただ捕まるだけのシーンなんやから 普通に路地裏とかで追いかけっこするシーンでええやないか。なんでこんなところでヘリ使ってまで撮影すんねん。金と時間の無駄や。

⑰川本さんの家を訪れる明と牧村の前に現れるラスボスwwww

まあ、前フリないのはいつものことやし
ええ加減 アホみたいに豪速球連呼すんのしつこいから我慢するわい。

小ww林www幸www子wwwwwww

どこで使こてんねんホンマァ!!
川本さんと関係あるんかと思ったら ただの近所のオバハンやし しかもなんや
「あなたたち デーモンじゃないの? やめて!
触らないで!触らないでよ!!」

こっちのセリフじゃアホ
この映画に出てくるおまえらと言うおまえら
みんなデーモンじゃ アホ

はぁあ~
原稿まだあるやんけ どんだけ出てくんねん
ツッコミどころ 言い出したら一生終わらへんわホンマ

⑱教会で牧村 不動明に突然の告白
あのなー、もうだいっっぶ甘々に見て
豪速球とか、ここの教会が2人とどんな関係があるんかとか野暮なことは聞かへんわ。まぁ、ここらへんは場面的には良しとしよ。

・・・・・・ただな なんと言うか・・・このニューホライゾンの会話文みたいな味気ないダイアログどうにかならんかったか?
「結婚して子どもたーくさん生みたい」って
おまえ家畜か。なんや子どもたくさんって。
キッタない言い方になるけど 極論言うたら
別に相手が不動明でなくてもそこら辺の男とぎょーさん作ってヤリまくったら、ええハナシやないかー なんやねんこの女。 ちゃうやん ちゃうやん もうちょっとさ、牧村美樹と不動明でないとアカンような特別な台詞盛り込んだ会話文にしてくれよ!!
思い出話入れるとか、せっかく教会に来てるんやし「この教会で私たち初めて会ったよね・・・」とか2人の馴れ初めを入れたりとかー。そういうオリジナリティに観客はラブストーリーを感じるんやろ? 良いネタ思い浮かベへんのやったら素直に原作のネタ使たらええやないか こういうところに。ホンッマ ええ素材あンのに使てる素材ロクなのあらへんわ!!

⑲「デーモンのアジト発見しますたー」からの
デーモンの株暴落

デーモン特捜隊によるデーモン狩りが始まる。
ここのデーモン ザコすぎやろ

もっとお前らホンマ 流星街の奴らやないけど、
根性見せろよ。 別に迫害されるのアカンとか言うてるんやなくて もうちょっと良い勝負できんか?
KONISHIKI出してる場合ちゃうぞ おまえら。
あんな劣化版ジュアヴォみたいなんやなくて
もっとエイリアンのゼノモーフクラスのつっよつよい奴ら出してやな!!! 何人か特捜隊のあの白い連中はやられ役にして、デーモンの株上げて上げまくったところに こうケルベロス・サーガのブロテクトギアみたいな数少ない精鋭部隊が登場するシーン入れて チェーンガンとかスマートガンとかで圧倒的ジェノサイドして 精鋭部隊に嫌悪感与えたいんなら火炎放射器持たせるとかしてやな
人間側の株を落としてから上げて 其処から引くぐらいに爆上げするとか・・・なんぼでも方法あるやろ。 ほんでこの特殊部隊 重装備すぎて装填とかすんごい時間かかる上に デーモンもくそ強くて 危うくデーモンに押し返されそうになってやな。 弾切れ寸前になって何とか殲滅できたとかにしてやな、最後に隊員が「あと1体来られていたら 全滅だった」とかって一言添えたりとかして 死闘を描けよ!!!ここで!!!

これやったらアレやんけ。わざわざ人間側にやられるためにデーモン側の株下げとるがな!!
この映画デーモンがメインやろが!!なんでメインを下げて サブを上げんねん
こういうデーモンの迫害をテーマにするんなら、
デーモンも上げて サブも上げなアカンやろ!

エイリアン2見てみー
エイリアンも強いけど 人間側もそこそこ強いし
一旦勝利するけど エイリアンはその上のまた上行ってて人間側全滅寸前まで追い込まれてるところに更にクイーン出てきてやな
そこで人間側のリプリーがパワーローダーに乗って漸く両者互角にやり合う死闘を演じるんや

もう株の上げ合いや!仮にもモンスター映画作るんやったら こういうスリルを大事にしろよ!

⑳生き残ったデーモンから飛鳥の正体がバレる

飛鳥の正体バレるのはまあ、ええわ。
ここら辺はちゃんとストレートで打てる球やったしな。流れもええわ、迫害をテーマにして ここからデーモンを人間から救うダークヒーロー サタンの登場ってのはテンポはかなり良い。

問題なんはこのサタンにすがりついてくる
劣化版ジュアヴォや。
お前どこ怪我してんねん 腕も取れてへんし羽もモゲてへんし メインのデーモンが弱音吐くな アホ
せめて達磨並になってから これ以上無理って誰の目にも分かるぐらいに死に様 見せてからサタンこと飛鳥に救い求めろよ!!! ここで大事なんは観客のキモチを飛鳥ことサタンに同調させて、
観客に葛藤させることやろ! ここまでズタボロにされんと死ねないデーモンの強靱さと人間の残酷さをミックスさせる暴力の虚しさを描写して 初めてサタンの怒りに共感できるんやろ!!!
まっったくここの展開でデーモンに同情できんがな! こんな弱虫のジュアヴォモドキが弱音吐いてるだけのシーンのどこに葛藤できるねん アホ!!
エイリアン3のシューテイングゲームのゼノモーフとドッグエイリアン見習え おまえら。あいつら両腕もがれても歩いてきてインナーマウスで噛みついたり頭突きしてきたりすんのやぞ。

あー もう ホンマこっからや。
ようやく此処までたどり着いたわ
今日 いっちゃん我慢でけへんかったんがココや!

特別コーナー 華麗なる飛鳥ことサタン様のガンアクション!!

MP5とMP5Kを両手に持ち、颯爽と登場するサタン様!!

すごーい

デーモン特捜隊をジェノサイド!ジェノサイド!!

銃で!!!!


……もうなんでデーモンのリーダー的存在のサタンが
素手じゃなくてサブマシンガン2丁拳銃スタイルで戦うのか……
正直もうそこは置いとくわ。

っつーか、俺が一番腹立ったのはそこやない。

………ここのガンアクションの殺陣担当したやつ
出てこいホンマ シバくぞホンマ
ガンアクション舐めてるやろ
映画も撮ったことないし コメントもバズってないアマチュア漫画家の立場弁えて黙っとこうと思ったけど こんなガンアクション見せられて我慢できるかこんなん。ホンマにマジで腹立つから絵描いて

どういう状況で

どんな動きを

カメラワークしてるか

見せながら非難するわ。



まず状況はこれや。

一応 へっぽこなへぼへぼの一兵卒の非戦闘要員で終わったけど、
その目線から見てもこれだけ特捜隊の連中の動きがトーシロー過ぎて
マジでムカついてくる。



まず第一に⑤と⑥の隙間を縫って飛鳥ことサタンが唐突な前転をかます。
もうこの時点でツッコミどころ満載や。
お前らな、なんで全員が全員周囲の警戒もせんと目標だけしか見てへんねん。

飛鳥がもしナイフ持ってたら⑤と⑥は頚動脈切られて即死やったぞ。


あと①、おまえ何で飛鳥が前転した途端に前に進むねん。
明らかに⑥⑦⑧⑨の射線上に居るやんけ。

しかもかんなり飛鳥が進むまでおまえ、ずーーーーっと前しか見てへんと
ボサーーっと突っ立ちやがって。案山子か おまえは。

おまけになんやメインウエポンの小銃を
逆さにぶら下げてダルンダルンやし!!!

動くとき足とか腰に当たりまくって行動できへんがな!!

あと銃口、これ少なめに見積もっても⑦⑧⑨に向いとるぞ。
暴発した時 どないすんねんコレ。

ほんで、⑥⑦⑧⑨ 飛鳥が来たから少し下がるがな。

そしたら配置こんなカンジや。

なんやねん この部隊配置は!!

まともに飛鳥撃てるの⑤しかおらんへんがな!

①のアホがなんでか知らんけど飛鳥の前に進んだせいで、

⑥⑦⑧⑨は発砲出来ひんし!!


①は当然のごとく、
②も③も最初っから④の邪魔しかしてへんし!!!

こんなん相手がデーモンどころか人間相手でも全滅してまうわ!

部隊配置しか思い浮かばんアホで間抜けな特捜隊で
どうやって勝つつもりやってんアホ!

おまけにこの配置の危険なところがコレや。


サタンがもし懐に飛び込んで来たら

①の流れ弾が⑥か⑦に当たり…
②の流れ弾が⑦か⑧か⑨に当たり…
③の流れ弾が……

まともに撃てるの④か⑤しかおらんやないか!!!!!!!!!!!


敵と遭遇した場合に混戦する可能性があるんなら

基本は射線上に味方が被らないように下がれよ!!!!!!

お前ら全員横一列に並んで誤射の確率少しでも下げて
攻撃できるようにしろよ!!!!!


なんで こんな安全管理と危険予知がでけへんねん!!!!


デーモン特捜隊はズブズブのトーシローか!!
こんな戦闘どころか 銃口管理の基本中の基本すら
出来ひん①みたいなアホがいるだけで
興ざめや!!


こんなもん
ベネットにナイフすら使ってもらえんと殺されるわ!!!
アリアスのカカシ軍の方がまだ立派に戦うわ!!
アホ!!!!!

映画とかフィクションで特殊部隊を出すんやったらな……
ある程度はリアリティに基いて動作なりを考えてくれや。

ちゃんとアクションコーディネーターとか、傭兵経験者とか雇って
戦闘訓練させるとか……

せめて元自とかのスタッフ雇うとかせぇよ!!!

いくらやられ役でもなぁ 特殊部隊が出るって時点で
ほぼ確実にプロの動きしてないと 興ざめすんねんアホ
ちゃんと的確な指導の下、緻密なシミュレーションをして動きを
決めろよ!!

KONISHIKIとか小林幸子雇う金があるんやったら、
こういう人件費とかに金使えよ アホ
ほんで次に腹立ったのはこのシーンや。

まず見てくれ。
もうどこから突っ込んだらええねん。ホンマ。

敵と部隊の距離は近すぎるし(基本 敵との距離は離す)

あいっ変わらず同士討ちになる部隊配置やし

おもっきり懐に飛び込まれたらどないすんねん。

なんでお前らデーモンに向けて集中砲火浴びせてた時は横一列に並んでたのに ここで急に動きトーシロー丸出しの動きすんねん。

おまえらアホやろ。


しかもなんやサタン。
猫やないんやから高い所に登って何のメリットがあるねん。
おまけに先程まで包囲されてました感丸出しやしな
なんで包囲されるまでそこで待機しとくねん 
特捜隊もおまえもアホか

おまけにガンアクションは最悪や。

もうな商品以前にアマチュアが投稿する作品でも

こんなひっっどいガンアクションは見たことがない。

もう歴史に残るレベルの

もうこの世の動物という動物からクソというクソを集めて出来上がって鍋で混ぜて真夏の炎天下の中に放置したような出来上がりだ。

俺の主観だけにならんように絵で説明するわ。

ホンマに見てくれ。

これなんやねん。



どういうことやねん。


なんで水飲み場から飛び降りてマシンガン振り回すだけで

数人近くを瞬殺って!!!


アクションのアすら始まってない段階の動きで
リベリオン並に敵を一掃できるってどういうことやねん!!

まあまあ、バーボンハイム。熱くなりなさんなって。
これ映画なんやさかいに、これはGUNKATAみたいなもんやがな。奇想天外な動きをして敵をバッタバッタとなぎ倒すおバカガンアクションの一種やがな。エンターテイメントやがな。
おまえの好きなまど☆マギかてやっとったがな。


いやいやいやいや、そういうことやなくて!!
あのな、確かにリベリオンと…あと同じ監督のウルトラヴァイオレットの特殊部隊は救いがたいアホな動きしかしてへん。射線上に味方を配置するわ、全方位から主人公の頭目掛けて銃を突きつけるアホっぷりかますし、ツッコミどころも満載や。

でもあれは、元々作中でGUNKATAという架空の戦場格闘技についての解説が行われていて しかもそれなりに武術としての
ビジュアルも妙に説得力があるようにしてあるし、
観客を説得させてしまう強引さがあるし、主人公のクリスチャン・ベールキレッキレの銃裁きと、ミラ・ジョボヴィッチの流れる川のような動きに基づいたガンアクションと撃たれ役の身体を張ったやられ芸が下地にあって、それを斬新なカメラワークで撮ることで初めて成り立つヤツや!! あれはガンアクションだけじゃなくて武術の動きも取り入れたプロ中のプロがやる高難易度なテクニックや!!

まど☆マギはあの無茶な動きを魔法少女の身体能力という説得力をつけてるし、GUNKATAを取り入れてもまったく違和感が無いし、
それどころかさらにアップグレードさせて世に出してるんや。


要はこういう無茶な動きから来るおバカガンアクションは
あくまでも銃弾を針の穴に通すような周密で緻密で
ガンアクションオタク独自の愛のあるロジック(リアルな目線で見たらたとえおバカな動きをしていても)が下地にあって
ようやく商品として 作品として成り立つんや。

ガンアクションどころか映画の素人レベルの
奴がこんなん真似たところで
ショボイアクション&アホで間抜けな特殊部隊の構図しか
出来上がらへんねん!!!!



これなんや

なんの説明も無いし、なんの説得力もないのに

いきなり通常では有り得へん動きで敵が倒れてるし

一体この世界ではどういう原理が働いてこうなってるのか

説明してくれよ!!!ホンマに!!!!







……すまん だいぶキモイかもしれんからこの辺にしとく。
ただな、どうしてもガックリきたことがある。
もうな、リアルな路線じゃないっていうのはもう大甘になんとか我慢するにしよ。もうこういうショボイ動きで敵を無双できるのもサタンの能力やと自分に言い聞かせて納得させるとしよう。

まあ、せめて撃たれ役の人らのやられ芸で見よう。

そうやって仏の心でもう一回改めて見直したらコレや。


顔面のドアップしか無いし、撃たれて血糊が飛んで苦しんでる敵の顔も全然写ってないし……ただ倒れてるだけやないか。

しかも、この顔面のドアップ。顔面のドアップや。

一回見直して止めてみたらビッックリしたわ。

絵で表現しよう思ったけど この衝撃を伝えるには

一回ほんまもんの映像見てもらわんと分からんからリンク貼るわ。
(問題あったら削除します)


https://twitter.com/Bermondhouse/status/934858412537430016

AMAZONプライムで見るなら、57分19秒のところ。
一回止めて見て。おんなじの見れるわ。

ちょっと一回止めてみー!

sage