2017.11.14 第6回目 デビルマンから見る「デビルマンを面白くする8つの改善策」(上映時間10分時点での感想)

 今回はやや見ていて不愉快になるかもしれません。
苦手な方は読み飛ばしてください。



皆さん こんばんわ。

最近 人生について深く考えさせられることの多いバーボンハイムだ。
とりあえず、気晴らしに創作やレビューをさせてもらう。


ナイーブオイル先生からのリクエストにお答えして
映画版「デビルマン」についてのレビューをしたいと思う。

………この映画 見る前から気が重い。この映画を見るためにAMAZONプライムに加入したが、なかなか食指が進まない。はぁ……マジでこれをレビューするのか。
動画を再生する準備だけしてそのまま出勤してしまった程だ。

みなさんもご存じの通り、前評判は最悪だ。
「史上最悪のクソ映画」「伝説の駄作」「100点中2点の映画」
「ダメ映画の教科書」……散々な言われようだ。

……全部 私自身にブーメランとして返ってきている気がする。

巷で言われるクソ映画とやらをレビューする時、一番気が重くなるのが レビューする本人自身が迷作を作ってるケースだ。

それもあって、正直言ってかなり気が重い。
だが、クソ映画とやらをレビューする以上、辛辣な言葉が出てくるだろうし言うたびに自分の放った言葉が聖なるバリアミラーフォースしてくるわけだ。

だが、ここでは覚悟を決めて シカトだ。
「アマチュアがプロの作った映画に~」「創作活動のトーシローのくせに」という意見もあるだろうが、
何も作らずに評論をする人々よりはまだ何かを作って発表している自負はあるつもりだ。
創作活動を研究している立場として 今回の作品は言葉が辛辣になってしまう可能性もある。
バーボンハイムの評論にイラッと来る可能性もあるため、苦手な方はここで退場をおすすめする。

あくまでも一個人の評論として見ていただける方のご好意に感謝する。


どんなにダメ映画でも何処か良いところは有るはずだ。
そう、あのエイリアン3だって完全版は超名作だったし
劇場公開版もよくよく見ると結構楽しめたりする。世界観も大好きだ。この映画は、きっと良いところが埋もれて気づかれていないだけだ。

そうに違いない。良いところを見つける低スタンスかつ、学びの姿勢でいくぞ!!

では はじめよう。

デビルマンの知識はアモン黙示録をちょいとかじった程度なので、
一応、あらすじは知っている。幼い頃から幼馴染の2人の少年 不動明と飛鳥了の生い立ちと
両親を亡くした不動明を引き取ってくれた牧村家の娘美樹と不動明の馴れ初めに始まり、
世界がデーモンによって侵略されていく姿を描く。やがて人間に擬態したデーモンが現れ、
人間社会に疑心暗鬼の空気が漂う中、不動明を引き取ってくれた牧村家がデーモンとして
疑われ始める……

ヒロインが生首にされるという衝撃的な展開は後世の作家たちに影響を与えたとされる。
さてと……映画を再生してみよう。



………………現時点でまだ10分しか経過していないが、ひとまず休憩させてくれ。


①え? なんで飛鳥が車運転してるの?
え??待て待て待て……どう見ても学生だろ?
車の運転はたしか18歳の筈……つじつまをあわせてみる。
2人は高校生3年生なのかもしれない。あるいは、この世界ではOkなのか?

……おっけー 次だ。

②不動明と飛鳥の演技。どうにかならないのか。

牧村美樹を出迎える不動明のリアクション……ちょっとすまん。
どうにか褒めようとしたが、もう限界だ。

なんだコリャ。壊れた機械人形でも マシな動きするぞコレ。
下手に奇抜なリアクション取らせるぐらいなら 無難なリアクションにしといてくれよ!!
挙句の果てに飛鳥了に「なんで笑ってんだ?」って言われてもうてるしやな。
っていうか、飛鳥了のセリフもおかしい……
不動明の演技を百歩譲って擁護すると、「男の子やし、女の子出迎えるの嬉しいからやろ」で
済む話だ。なんで、そんなわざわざ分かることをセリフにするんだ?

あと、ビックリしたのが次のセリフだ。
いや、これ……不動明が牧村美樹に飛鳥が不気味で付き合うの止めて欲しいって言われてるシーンなんだけど、
フォローするかと思いきや……「あいつ、笑えないんだよ」

なんだ このセリフ!?

会話も成り立ってないし、意味もわからない。
どう見てもここ。
おまけに

牧村美樹「そんな人間と付き合うのやめたら?」



………(゚_゚)


………(゚д゚)



……え?!(;゚Д゚)!

終わりかよ!!!!!!!!!!!!!!!1!!!11!!!!!!1

Σ(゚д゚lll)


牧村美樹、最悪なクソアマじゃねーーか!!全く可愛げも糞もねーよ!!
オープニングで不動明と飛鳥了が幼馴染っていうシーンがあったから、
てっきり、ここでフォローすると思うだろ!!
なのに、ここで期待裏切るのかよ!!! こんなところに変化球いらねえよ!!

私なりにここのセリフを書くとしたらせめて……

牧村美樹「飛鳥、不気味だから付き合うのやめてほしい」

不動明「…あいつは不気味なんかじゃない。不器用なだけだ。」

せめて不動明も幼馴染を庇う姿勢ぐらいは見せてほしい。そして、
牧村に「あんな奴と付き合うな」ってこんな冷たいセリフを吐かせない流れに
持っていくべきだ。

親友が悪く言われてるのに同調するような仲なら、そんなの本当の友情なんかじゃねえよ!!
ただ親友を利用して、自分を良く見せたいだけのクソ野郎だ!!
こんなシーン入れるぐらいなら、オープニングで幼い頃の不動明と飛鳥了が
仲良くしてるシーンなんか捨てちまえ!!!!!!

……失礼した。 

冷静になって考えてみると「あんなやつと付き合うな」っていう
このセリフは後々、飛鳥がかなりヤバイ性格であることが判明するあるシーンへの伏線にも
使えそうだ。

どうしてもこのセリフを使いたいのなら

せめてこうすべきだ……

牧村美樹「正直、明くん……あんまり飛鳥くんと付き合って欲しくないな」

不動明「美樹……心配してくれんのは嬉しいけど……
俺もあいつのことが心配でよ……頼むよ。」

牧村美樹「……分かったわ でも、深入りはしないでね。お願い。」

にした方がいいと思う。こうすれば、
後々 牧村が不動明のことを心配しつつも、
飛鳥のことを警戒しているヒロインとして認識してもらえるはずだ。

他にも良いアイディアある方、挙手してください。


③牧村家。本当、ここだけは安らぎのシーン。宇崎さんと阿木さんの演技に
だいぶ救われる。多少不自然なダイアログと 不動明と牧村のロボットみたいな
不気味な表情を差し引けばまだまだ落ち着いていられるシークエンスだ。
ただ、申し訳ないけど不動明の伊崎さんのナレーションだけはマジで要らない。


④不動明が苛められているシーン。

不良が飛鳥了の身代わりに不動明が半殺しにされているってことを
セリフで説明してくれたからまあ何とか状況は読み込めた……

ってか

不動明が飛鳥了と一緒に居て不良と飛鳥が揉め、不良を半殺しにしそうになるが、
明が仲裁に入る……っていう下りがあれば不良がわざとらしく説明する手間も省けたんじゃね?


OK……ここの筋書きを見てみよう。
飛鳥をボコりたいが、あまりにも飛鳥が強すぎるので弱い方の不動明を狙った
という筋書きなのだろう。ただ、この筋書きだと不良が飛鳥を襲った動機
「殺すと伝えとけ」の意味が成り立たない。飛鳥が強すぎて「殺せない」から
八つ当たりに不動明を襲ったのはまだいい。が、不動明を襲えば
飛鳥に「殺される」のは自分たちの筈なのに……ちんぷんかんぷんである。

もし、一見矛盾した筋書きを成立させるならかなりわざとらしい方法にはなるが
以下の手を使うべきだ。
まず、不良の内の1人か2人を飛鳥の強さを知らない身の程知らずにして
その内の一人(以下 事情通)に以下の通りに発言させる。

「おい、マジでそのへんにしとけって……俺マジで知らねぇぞ」と。
すると、身の程知らずは
「んだよ?何ビビっちゃってんの?おまえ」と答えるだろう。

そこですかさず事情通が
「おめぇら、こいつと別チューだったから知らねーよーだけど
実はよ……」と言い、ここで回想シーンに写る。


この流れでいけば、不良の前に、マジでいきなり現れる飛鳥の元同級生登場。
何の脈絡もなさすぎるだろ。誰やねんお前と思うような展開にはならなかった筈だ。


⑤中学時代に不動明を半殺しにした奴が飛鳥に受けた報復

「植木鋏を持ってそいつの教室に乗り込み……そいつの指を切断した!!」
(ドヤ顔)




待て待て待てぇぇぇえええええ!!!!


そういうことじゃねえぇええええええええええええええ!!



指を切ったら流石にもう退学どころか、少年院行きだろ!!
なんで近隣の学校に進学できてんの!? 

……とまあ 現実に置き換えてのツッコミはともかく。
どうしてもリアリティを持たせたいのなら
せめてここは指をへし折ったとか、歯をへし折ったとかにした方が良いだろ。
そうしないと、「まあまあ悪いことしでかしたけど、近隣の学校に進学出来た」っていう
説明に説得力がつかない。

まあ、百歩譲ってこの世界のルール的に置き換えて「半殺しには指切りがOK」とか
「保護者同士が示談して和解が成立した」から「近隣の学校に進学出来た」んだとしたら
せめて、さっきの事情通が指切られた本人ってシナリオにしろよ!!

「おめぇら……こうなりたいか?」

って事情通は指を見せて、身の程知らずがドン引きする。
そっちの方がホラー的な演出も出来るでしょ!!!


⑥自分の弱さを痛感した不動明が何故かボコボコにされた直後に
ダンベルトレーニング

「強くなりたい」イコール「鍛えたい」っていうのは状況によって使い分けないとダメだと心底思った。
ここで出すべきは不動明の涙だろう。
ボコられた顔を水道で洗いながら、「強くなりたい」と悔し涙を流す。
陳腐なシナリオだが、作中で水の飛沫や水の波紋、水の音を出すだけでも
かなり映像としては映える筈だ。物語の演出上、イジメで傷ついた主人公の心を
一旦癒すことで観客にインターヴァルを与える効果も有るはずだ。


⑦ダンベルトレーニングしてるところを牧村に見られて恥ずかしさのあまり逃亡。

あーあ…言わんこっちゃない。
なんで牧村が部活でうろついてそうなところであからさまにトレーニングしてるんだよ。
あまりにもカッコ悪すぎる……しかも、その時の牧村の顔なんで笑ってるんだよ。
せめて、驚いてくれよ。なんで、自分の家に世話になってる男の子が怪我して
心配もせずに笑ってられるんだ。牧村マジでサイコパスすぎでしょ。
しかも、ここの牧村の顔が写真をそのまま使ったかのようにすごく不気味すぎる。
しかも、何も無かったかのように部活再開してるし。
せめて、顔を洗っている途中で不動明が顔を濡らしたまま悔しさのあまり泣いてしまい、
そこを牧村に見られて逃亡する流れの方が自然だよ……


⑧エッグい女子のいじめ

またイジメのシーン……どんだけイジメを推したいんだよ。
申し訳ないがクドイ気がする。
おそらく、この映画の「人間がデーモンよりも恐ろしい」ってメッセージを
描きたかったのだろうが……なんとか一つにまとめられなかったのか?

あと、ここからはかなり個人的な感情を挟んでしまって申し訳ないが、
エッグい女子同士のいじめのシーンを見ると胸が痛くて吐きそうになる。
何故だか分からないが、私はすっっごく苦手だ。
一度、私自身アサシーノスのリメイクでモニカが娼婦から足を洗う決意をするシーンで
他の女性たちがモニカを「商売女が一丁前に幸せになれるとでも思ってるのか」と罵倒するシーンを
描こうと思ったが、描いてて凄まじい胸焼けと吐き気がしてきて やめてしまったほど大の苦手だ。

まあ、ここはあくまでも私が苦手なだけなので演出としては否定はしない。

ただここで牧村が苛められている女の子に言うセリフがこうだ。

「何をされても黙ってるからよ!!」

言ってることは正しいが、もう少しマシな言い方はないのか?
牧村を悪に屈しない芯の強い女性として描きたかったのかもしれないが、
これじゃあただの自分の価値観を押し付ける我が儘女にしか見えない。

僕が女性に夢を見すぎてるor価値観を押し付けてるだけなのかもしれない。
反論は受け付けます。

まあ、ここの牧村のセリフは後々の場面で生きてくるから一概に悪いとも言えない。

ただ、こんなシーンを入れるぐらいなら
まだ不動明を虐めた身の程知らずの不良たちのところに
牧村が抗議しに行って殴られ、危うく乱暴されそうになる。
不動明が彼女を庇い、何とか不良に一矢報いるが、彼女を守るだけで精一杯で
結局倒せずボコボコにされるシーンを入れた方がまだ建設的だったように思う。

これなら、牧村を悪に屈しない芯の強い女性として描くことも出来るし
不動明も牧村にカッコ悪いところを見られてしまったリベンジ、
弱い自分を克服しようと立ち向かう不動明の勇気も表現出来た筈だ。

不良が飛鳥に復讐されるのをわかってて不動明をボコッたとしても、
最初は牧村に乱暴しての流れで不動明を殴るのだからなんら不自然な点はない。



ここまでまとめると、デビルマンは中途半端すぎる。
ぶっ飛んだ世界観で行きたいのか、リアリティを持たせたいのかよく分からない。




始まってまだ10分も経たぬうちに改善点が見えてきてしまって
アマチュアの分際でプロの書いたシナリオに偉そうにアレをしろコレをしろと講釈を垂れてしまったが、
書いてて すっごい罪悪感に襲われるほど粗が多すぎる。

かなり疲労度もピークに達してきた。

とりあえず、デビルマンはここで一旦中止だ。
もし このスタイルで良いから続けてもいいのなら続きを書くことにする。

ナイーブオイル先生、本当にすまない。

sage