12/05

2017/12/05

病んでると思いましたか?
事実を知るのが怖いですか?
悪意は触れてはいけない人だと思いましたか?

どれも正解であり不正解。
千思万考、文字だけで全てを捉えるなど以ての外。

真実はもっと深く、或いはとてつもなく浅いものです。
人は本当のことを言う時こそ嘘をつきたがる生き物、逆もしかり。

私のような人間は
そもそも二面性があり、たまに二重人格なのではと思うぐらい性格が変わる。だからこそ扱いにくい、たちが悪い。
カウンセリングは受けたもの「健常」と出たのであれば人格は一つなんだろう。
凶暴性と優しさが交互にやってくる。
私は二つの人格を次第にコントロールできるようになってきた。

信じたくないけど、やりたいと思って始めた演劇のせいではないかと思い始めた。
のめり込みすぎて知らないうちに凶暴性の自分が作り出されたのだと思う。
以前はこんなに攻撃的ではなかった。

もしこれが障害だとしたら創作に活かせるのではないかと始めてみたものの、何かが違う。違和感を感じる。正直に自分の作品を読み返してみると何を伝えたいのかさっぱりわからない。存在を認めてもらいたいのか、作品を認めてもらいたいのか
ストレス解消にやっているのか
考え出したら収拾がつかない。

感情暴走のコントロールがうまくできなくなっている。しかし昔のように家の壁をぶち破るような事はなくなった。今は衝動的にカっとなる前に一人になり、旦那に話しておく。
「今すごく何かを壊したい」と思った時にはベランダに出てひと呼吸、これで落ち着くまでに至った。